mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

29.Lesson4

Category: ストーリー > mirumom's room   Tagged: シムズ3  執事  ルナーレイクス  
こんにちはmirumomです^^
前回どんな話だったか忘れないうちに続きをばいっときます(^^;)




a (1)
「それでは準備が整いましたので、2時間目は家庭科の授業をわたくしセバスが行わせて頂きます。」



a (2)
「家庭科と言いましても学ぶべき事は色々ございますが、本日は『料理』をいたします!」



a (3)
「料理に必要な物はずばり”愛情”でございます!食べて下さる方の為に気持ちを込めて作る。
 それが一番のコツでございます!」



a (6)
「皆様が、普段お世話になられているお家の方に料理を作って差し上げたならば、きっと
 お家の方々は大変お喜びになられると思いますよ。」

「「「おねえさん、おにいさん達に作ってあげたら・・・喜んでくれるのかなぁ。。。」」」


a (5)
「もちろんです!お世話するお子様が作られた料理を頂けるなんて、そのように嬉しい事は他にございませ・・



a (4)
・・・・・ん・・・でございます。」

「・・・・・・・・・・」


a (7)
「おい。今の説明でボクが料理をしなければならない正当な理由があるとお前は思うか?」

「・・・さぁ?ボクよく解んないよ。
 けどボクはスバルにボクの作った料理を食べさせて褒めてもらいたいな。」


a (8)
「ボクが味見をしてあげるから~、みんな美味しく作ってね~♪」

「なんだよシムえもんさん、今回は生徒じゃないのかよ。」


a (9)
「さあ、それでは始めましょう~!」



a (10)
「解らないところがありましたら、わたくしとアルトさんにお聞き下さい。」


a (11)
「わぁ~!なんか学校みたい!流石セバスちゃん、やるわね~!」

「ミーちゃんよ、ここは学校なんじゃがの」


a (12)
「さあみなさん、まずは材料を良く混ぜ焼き菓子の生地を作って下さい。」

「ふん。こんなの誰がやったって上手く出来るに決まってるじゃん。ただ混ぜるだけだもん。」


a (13)
「・・・・・できたのだが。なんだ、これで良いのか?料理とは簡単ではないか。」



a (14)
「食べてくれる人への愛情をこめるんですって、ミルちゃん!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


a (15)
「おー、みんな中々上手いじゃないか!これなら手助けはいらないみたいだな!」

「・・・いい匂いじゃのぉ~♪」


a (16)
「・・・ミル様、流石でございます・・・。いつの間にそのような事がおできになられるように・・・」



a (17)
「ちょっとー!誰にでも簡単に作れるんじゃなかったのかよー!焦げちゃったじゃん」

「知らないわよっ!何よこのオーブン!壊れてるんじゃないの?!」


a (18)
「料理とはかように簡単で楽しい物であったのか。ならばもっと作ってやろうではないか!」

「・・・・・・・・・・!」


a (19)
「焦がすヤツもいるし、あいつらの作った分だけじゃ足りねえな。
 ここはアルト様のスペシャルお手製デザートもこしらえてやるか。」


a (20)
(ふぉ~!いい匂いじゃの!どれ、わしが味見を・・・・・)


a (21)
「お待ち下さい、テラ先生!何をされておいでですか?」

「え・・・と、味見を・・・」


a (22)
「!!!お子様達がまだ懸命に作っておられるというのに、先生であられるあなた様が
 先にお召し上がりになられようと言うのですか?!」

「え~wwwそんなバカ丁寧な言葉を並べられてもわし解んな~いwww」


a (23)
「だって・・・だってわし、お腹が空いてしもうたんじゃもん。・・・いたいけな老人だし・・・」

「そんな可愛く仰られてもダメです!!!授業が終わるまでお待ち下さいっ!!!」

「セバスちゃん・・・怖いwww」






a (24)
「もうわし、お腹と背中がつっくきそうですwww早く食べさせてもらえんかの?!」



a (25)
「はい!それでは皆さんが作った焼き菓子と、アルトさんが作って下さったケーキをいただきましょう~!」

「わーい!いただきまーーーす!」


a (26)
「はむはむっ おお!美味いの!子供の癖にやりおるの~!」

「ほんとオイシイ~!これならカップさんのケーキに負けないよ~!」
「そんな事言ったらカップさんに怒られるよ?うふふ!」


a (27)
「んぐっ・・・!ごほごほっ!」

「何をがっついてるのよセバスちゃん。珍しいじゃない?」


a (28)
「失礼・・・いたしました。・・・ミル様がお作りになられた物を・・・頂けるなんて嬉しくて・・・」

「ふふふ。まあそんなところよね。」


a (29)




a (30)
「ああ~!とっても美味しゅうございます!ミル様のお料理は世界一でございます!!!」

「そうね~。じゃあもうセバスちゃんはいらないんじゃない~♪」



「は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はいっ?!」


a (31)
「・・・お前らよく食うな~!ミラジもデニーも何皿目だよ?!」

「だってアルトのケーキすんごい美味いんだもん!」
「・・・まあそうだがよ・・・。なんだお前ら可愛い奴らだな。」


a (32)
「さて~、そろそろお開きにしようかのぉ。わしもう眠いし~。
 今日はわし、何も活躍してなかったから片づけくらいやってやるでの。」



a (33)
「あっ!テラ先生、後片づけならわたくしが・・・」



a (34)
「いやいや・・・わしとて先生。少しは役に立たんと・・・・・」



a (35)
「「「料理は後片付けまでが料理だって前にアルトさんが言ってたー!」」」

「おいおい・・・。ここのキッチンは狭いから、そんなみんなで片付け始めたら・・・・・」



a (36)
「お前らいいからそこ置いて寝る準備でもしろよ、なっ?」

「なんだよ、アルトが片付けも大事って言ったんじゃんか!大人達こそもう寝ていいよ!」

「お前らに片付け任せたら逆に後が大変だって言ってんだよ!ったっくよぉ~・・・」


a (37)
「なんだ、これは何かの競争なのか?だったらボクも負ける訳にはいかんな。」



a (38)
「んもーーー!今日も結局グダグダ!わし知らんもんね!

 って事でこのスクールでの合宿は今日でお終い!!!
 明日からはお家から通って来てくださーい!こんな毎日じゃ、わしの体がもちませ~んwww」





という事で、学校編、これにて一旦終了とさせて頂きます(´∀`;)
ゲスト出演して下さった、ちょつぱ記様のテラじいさん、ありがとうございました^^
このシリーズでこの先テラじいさんに続けてご出演頂くかはまだ未定です。
とりあえずはテラじいさんはGS世帯の町におられるので、またそちらでお会いしましょう♪




テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

25. School

Category: ストーリー > mirumom's room   Tagged: シムズ3  ルナーレイクス  テラじいさん  
1_20121025224752.jpg
「・・・miru様、何をされておいでですか?」
「・・ん、ちょい待ち・・」


2_20121025224751.jpg
「はぐ・・むぐぐ・・」
「っ!?な、何を召し上がっておいでですか!?」


3_20121025224751.jpg
「うぇ~?ふぁんかこりひゃべたらふりるがはがるとかふぁんとふぁ・・・」

「ふり?・・何を言っておられるのか・・解りかねますが???」


4_20121025224750.jpg
「この不思議な樹木の実を食べるとスキルが上がるですと?・・・ほう・・・」
「ん。ワタシは論理学が上がったみたい。」


5_20121025224750.jpg
「な、何やら色が変わりましたが?!」

「・・・ふ~ん、ふむふむ・・。」


6_20121025224749.jpg
「では頂いてみましょう。」


7_20121025224822.jpg

「・・・え?・・・そうなんだぁ・・・」
「むぐむぐ」


8_20121025224821.jpg

「・・・で、どうなの?」

「・・・ギタースキルがあがったようです。・・・武術とかスポーツを期待したのですが・・・」
「ああ、ヘタレだもんね。」


9_20121025224821.jpg
「・・・そんな事よりセバスちゃん、学校が・・・無くなったらしいわよ?」


10_20121025224821.jpg
「『ルナー・レイクスの学校が突如消えた。子供達の教育はどうなるのか?!』・・ですって!」


11_20121025224821.jpg
「学校が消えた?・・・そんな馬鹿な事・・・」


12_20121025224821.jpg
「ある訳無いとか思っちゃう?・・・この世界の法則、解ってるわよね?」

「・・・・・・・・・・またですか・・・。」


13_20121025224857.jpg
「ミルちゃん、今やってる宿題も、もう意味がなくなっちゃうかも。」


14_20121025224857.jpg
「ちょっ・・・、ちょっとお待ちください!ミル様にはきちんと教育を受けて頂かねば!」


16_20121025224856.jpg
「仮に学校が消失しても、わたくしがミル様のお勉強を見てさしあげれば・・・」
「ミルちゃん論理学スキルMAXよ?あなたに何が教えられるの?」
「・・・それはそうですが・・・しかし・・」


15_20121025224857.jpg
「どうやら・・・学校の代わりというか、個人経営のスクールができたらしいわよ。小学生対象ですって。」
「・・・!もうですか?!で、そこにミル様を行かせろと?・・・何やら胡散臭いですね!」


17_20121025224856.jpg
「んな事言ったってしょうがないじゃな~い?ねーミルちゃん♪行くわよね~?」

「・・・・・・・・・」



18_20121025224856.jpg
「ミル様・・・そんな得体の知れない所へなど行かずとも良いのですよ?
 お勉強はわたくしが何とかいたしますから・・・」

「・・・・・・・・・・」

「さて、どうしましょうかね~?」




19_20121025224926.jpg
「は?!合宿ですか?!ただでさえ訳の解らない場所にお行かせするのは危惧しておりますのに、
 泊り込みで行かせよと仰るのですか?!」

「だって・・・しょうがないじゃない。そうなっちゃってるんだからさ~・・・最初だけよ多分。」


20_20121025224926.jpg
「・・・ミル様・・・。ミル様はどうされたいのですか・・・?わたくしは反対ですが。。。」



21_20121025224926.jpg
「よし!ではこうしましょう。わたくしと勝負して、わたくしが負けたらもうお止めはいたしません!」

「・・・・・・・・・・!」


22_20121025224926.jpg
「っ・・・て!少しおまちw・・・・・・


23_20121025224925.jpg
「・・・はひっ!わ、解りました!お行きになられたいのですね!解りました~~~!」



24_20121025224925.jpg
「・・・行きたいなら行きたいとそう仰って下されば良いのに・・・・・」


27_20121025224955.jpg
「しかしmiru様、どんな所か心配ですので、わたくしもまずはお供いたしますよ!
 ミル様を置いてくるかどうかは、この目でどんな施設なのか確かめてからです!」

「・・・ん。いいんじゃない?」


25_20121025224955.jpg
「ミル様、ではわたくしと共に参りましょう。安全な所かどうかわたくしが確認いたしますから。」

「いってらっしゃい、ミルちゃん。ワタシはお留守番してるわ。」


26_20121025224955.jpg
「・・・・・・・・・・」




28_20121025224955.jpg
「では参ります。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたくしは・・・過保護なのでしょうか・・・?



29_20121025224954.jpg
ミル様の身を案ずるのはわたくしの勤めなのですが、ミル様も少しずつ成長されておられる・・・
わたくしがお守りしてさしあげるべきなのは・・・何処まで、いつまでなのか。

・・・・・わたくしにはまだそれが見極められない。  できればこのままずっと・・・・・



30_20121025224954.jpg
「・・・・・・・・・・」


31_20121025225029.jpg



32_20121025225029.jpg



33_20121025225029.jpg
「・・・着きましたよ。ここがそのスクールとの事です。」


34_20121025225029.jpg
「ほ、本当に良いのですか?・・・わたくしと離れて数日ここで生活なさるんですよ?」


35_20121025225029.jpg
「わたくしのように、ミル様の事をお世話して下さる方はいらっしゃるかどうか・・・」


36_20121025225028.jpg
「・・・やはりご一緒に帰りましょうか?ミル様のお世話はわたくしが・・・」


37_20121025225059.jpg
「・・・・・・・・・・」

「・・・・・ミル様・・・。わ、解りまし・・た。」


38_20121025225058.jpg
けれど・・・心配でなりません・・・





39_20121025225058.jpg

「ようこそ、わがスクールへ!」


40_20121025225058.jpg

「ここは普通の学校と違って、お前さん方の個性を活かした授業をしていこうっていう学校じゃ・・・多分。」


41_20121025225058.jpg

「こう見えてもわしは子供の扱いは慣れとるんでね。心配は無用じゃ!・・・多分!」



42_20121025225058.jpg

「わしはとある遠~い遠~い町からやって来た・・・」



43_20121025225114.jpg
テラじいさんじゃ!本名は、テラ・オモイダス。ま、先生じゃがの、テラじいさんと呼んでも良いわ。
 お前さん達特別ね わし、偉っらい賢者様なんでそこんとこ夜露四苦!」


44_20121025225114.jpg
「そんじゃあレッツスタディーいっちゃおうかのぉ~~~♪」


to be continued




どもです!最後の最後に出てきたテラじいさんは、ちょつぱ記様の大人気アイドルキャラ(w)の
テラじいさんです♪
管理人のちょつぱきさんが公式サイトのエクスチェンジにアップされたので、うちの町にもお越し頂きました♪
お陰様で、ミルちゃんのお話の構想が沸いてきちゃった!ありがたやありがたや^^


因みにテラじいさんは本家様では

やることなすこと気分次第。

変態老人の自由奔放グラフィティー。
 

といった感じのとっても素敵なじいさまです
残念ながら、うちでは私の文才の無さゆえ本来のテラじいさんクオリティは出せないとは思いますが、
テラじいさんの可愛さだけは損なわないように大事にプレイさせて頂きたいと思います^^

ご存知の方も多いかとは思いますが、是非本家のテラじいさんを見に行かれて下さい。
抱腹絶倒間違い無し!(爆)

では今後もmirumom's room with テラじいさんをよろしくお願い致します♪

ちょつぱきさん、ありがとうございました!


NEXT→26

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

24.Re-starting

Category: ストーリー > mirumom's room   Tagged: シムズ3  ルナーレイクス  
※ご覧頂く前に一つ前の記事「再開にあたって」を読んで頂けると幸いです



お久しぶりでございます、わたくしセバスでございます。
ご存知のように、この度わたくし共は「ルナー・レイクス」という町へ移住させられました。
ええ・・・させられたのです、mirumom様に。

因みに皆様方とお会いするのは例のアドベンチャー以来でございますが、
あの時のわたくしは、このわたくしではございませんのでお間違いなく!
・・・わたくしあのように「ヘタレ」ではございませんっ!

6_20121019125305.jpg

「朝からセバスちゃんの手料理を中庭でいただけるなんでありがたいわね~♪」

「・・・miru様、(大人)貴方様もお料理位はなされた方が宜しいかと・・・」

「あら、私にできない事は無いのよ?だって私はプレイヤーなんですからっ!」

「・・・・・・・・・・」 「・・・・・・・・・・」


7_20121019125330.jpg

「あ、ミル様学校へ行かれるお時間ですね!行ってらっしゃいませ、お気をつけるのですよ?」

「・・・・・・・・・・」


8_20121019125329.jpg

「・・・・・ところでmiru様。お聞きしたい事がございます。」

「な、何かしら?」


9_20121019125329.jpg

「貴方様は・・・一体どういった方なのでございますか?何故この家に・・・おられるのです?」

「え・・・・・。私が何者かって・・・事?・・・」

「ええ・・・まあそうですね。」

「そ、それは・・・・・」






10_20121019125329.jpg

「ただの不思議の国のアリスです。」

「・・・・・さいですか。」


11_20121019125329.jpg

「いえ、解るわ。そもそも私は番外編であなた方を観察する為にこの世帯に来ただけ・・・。
 本編が再開した今、私がこの世帯に居座るのは・・・今後の展開の為にも良くないのよね・・・」

「・・・miru様・・・」


12_20121019125329.jpg

どうなんでしょう・・・。この方が居るという事を、ミル様はどう思っておられるのか・・・



13_20121019125357.jpg

「いいわ!解ったわよ!私は出て行く!・・・これは置き土産よ。受け取って!」

「はい?」


14_20121019125357.jpg

「・・・・・なんでしょう・・・。とってもコールドな気がするのですが・・・?」

「・・・・・・・私、ハロウィンの為に魔女になったのよ・・・。」


15_20121019125356.jpg

楽しかったのにな・・・。ここでセバス達を見てるの・・・。



16_20121019125356.jpg
  ダッ!

うわん!さよなら!二度と来るかこんな家!セバスのヘタレやろ~~~!」

「ミ、miru様?!」




17_20121019125356.jpg

「あ、お待ち下さいー!miru様ーーー!」



18_20121019125356.jpg

「・・・え?何?待つのね?解った。・・・って雪かしら・・・」

「いえ、これはあなたのかけた魔法の余韻エフェクトです。」


19_20121019125427.jpg

「この【mirumom' room】は一応ストーリー形式ではなくなったのですから、miru様がおられても
 特に問題は無いのではございませんか?」

「あ~、じゃあ私があの家であなた達を監視してていいって事ぉ~?」

「・・・・・監視・・・でございますか・・・?よく解りませんがそういう事かと。」


20_20121019125426.jpg

「じゃあそうする♪」

「しかし・・・この魔法とやらは・・・不思議なものですね・・」

『ちょろいわね。』




という訳で、miru様はこのままわたくし共の世帯に同居なさる事と相成りました。
miru様は【room】の登場人物としてではなく、プレイヤーの化身として存在するものであり
登場人物との間に特別な関係が築かれるといったような事は一切ございません。
お話のメインになる事もございません。(多分)
「人間チート」とでも言った方が良いのかもしれません。

・・・・・という事らしいです。



さて、miru様との茶番はこの位にして、

21_20121019125426.jpg

新しい町の様子などを少し。

ミル様は新しい町でもアルトさん達と共に健やかに暮らしております。


22_20121019125426.jpg

miru様は・・・大好きなモティマー様と遊べるのが楽しくて、しぶきをかけたりされておりますが・・・



23_20121019125426.jpg

「ちょ!モティマちゃん、やめてよー!」

気難しいモティマー様がお怒りになられないはずはございませんのに・・・・・



24_20121019125426.jpg

「ミルちゃん!ちょ待って!ごめんて!」

もちろんミル様とて同じ事・・・。
miru様はどうやらやんちゃな資質をお持ちのご様子ですね。


25_20121019125455.jpg

わたくしは家のあれこれをアップグレード中でございます。
少しでもミル様が快適に過ごして頂けるよう努めるのがわたくしの役目でございますから。




26_20121019125455.jpg

「カップケーキ・ランド」は、そのままこの町へ移転されたようでございます。


27_20121019125454.jpg

もちろんカップさんもご健在で。
山田様はエリクサーのレジ係りをされるようでございます。


28_20121019125454.jpg

鈴村様は二階のバーを担当されるとか。



29_20121019125454.jpg

もちろんこの方、シムえもんさんもこの町の住人でございます。
・・・・・何を召し上がっておられますか・・・?



30_20121019125454.jpg

「ふっひっーーーーー!!!」



31_20121019125526.jpg

「か!辛いです~~~~~!!!!!」



32_20121019125526.jpg

えもんさん!ミル様になんという事を・・・!!!
・・・・・どうなってもわたくしはしりません・・・よ。



33_20121019125525.jpg

「どうやら俺達住人になったらしいぞ。家もあるらしい。」

「へ~・・そうなの。けどここに縛られる時間が多くて嫌になるわねぇ。」

「・・・まあそう言うなよ。NPCじゃなくなっただけ良かったじゃないか。」



34_20121019125525.jpg

ジキルさんは・・・町外れで何やら怪しげな男性と密談しておられるようです。


35_20121019125525.jpg

ストーリーではなくなったというのに・・・何やら良からぬ事を企んでおいでなのでしょうか?
mirumom様がまた何かしでかすのではないかと・・・わたくし少々不安でございます・・・




36_20121019125525.jpg

ミル様は全くもって以前とお変わり無いようで安心でございます。
お勉強もおできになりますし、ご自分のやりたい事をお好きにやられておられるようで
わたくしは・・・少し淋しい気もいたしますが、これも成長という事なのでありましょうね。

しかしまだまだお子様。
ミル様が素晴らしいレディーになられるまで、わたくしが見守っていかせて頂きますとも!


37_20121019125558.jpg

まずは・・・快適な生活環境を整えて差し上げる事です。


38_20121019125558.jpg

しかし・・・お腹が空きました。

このグラスのドリンクは・・・引っ越してくる数ヶ月前からテーブルに置かれていた謎の液体。
mirumom様ですら中身が何であるか覚えておられないようですが・・・

飲んだら空腹は治まるのでしょうか?(フリーウィル)


39_20121019125558.jpg

どうやらmirumom様はお止めになる気はないようですので飲んでみましょう!


40_20121019125557.jpg

ん・・・?何でしょうか。何か変化があったようにも・・・思えますが・・・


41_20121019125557.jpg

どうやら一時的に器用さが上がったようでございます。
残念ですがつい先程全てのアップグレードが終わり、器用さスキルもMAXになったばかりでございます。

申し訳ありませんね、mirumom様。面白いポーションではございませんでした、アシカラズ。


42_20121019125557.jpg

ところで、この家にわたくしの強い味方・・・というかお仲間が増えました。
メイドのボーン・ヒルダさんでございます。

この「骨」というスタイルに、ミル様は珍しく好感を抱かれたようでございます。


43_20121019125632.jpg

このヒルダさんは(も)、住人の空腹を察知して食事を出して下さるタイプのようです。

もしかするとヒルダさんは全員そうなのかもしれませんが、mirumom様を含め皆様
プレイの仕方・カウンターの配置等によってお気付きになられていないだけなのかもしれないな・・・と
mirumom様が仰っておられました。


44_20121019125632.jpg

これでわたくしが気付いて差し上げられない時でも、ミル様のご要望を叶えて差し上げられますでしょうか。

しかしできればミル様にはわたくしの手料理をお召し上がり頂きたいのでございます。


45_20121019125632.jpg

・・・ん、このアイスの容器もヒルダさんですね・・・?
わたくしは空腹でもアイスなどは食べずに料理いたしますが。


46_20121019125631.jpg

ミル様は食された後の皿をカウンターに置かれました。


47_20121019125631.jpg

ヒルダさんがきちんと仕事をするかを確認しているようでございます。
・・・流石ミル様・・・とでも言うべきでしょうか・・・


48_20121019125631.jpg

先程のアイスが痛んでしまったようです。
ミル様が「臭い」といったご様子をお見せになると


49_20121019125646.jpg

ヒルダさんはすぐさま片付けて下さいました。
なんと優秀なメイドさんでございましょう!わたくしも負けてはいられませんね!



50_20121019125646.jpg

とはいえ、これで少しは家の雑用から解放されて、ミル様のご要望に応えて差し上げられる時間が
増えるのはないかとありがたく思っております。


ミル様の喜びがわたくしの喜び。
この気持ちは以前と変わらず、そしてこれからもずっと続いていく事でしょう。

例え・・・・・何が起きようとも。






え~、久々でしたので、とっても長くなってしまってすみませんです^^;

流れ的には以前と変わらず台詞とセバス語りで進んでいきますが、内容は無理に作った話ではありません。
一応ストーリーという枠は外させて頂きますが、思いついた流れをそれらしく見せていくような
小賢しい真似はするかもしれません(笑)

いずれにせよこのコンテンツは、好き勝手やっていく所存ですので
生温く読んで頂ければ幸いでございます^^

ご拝読ありがとうございました~♪

NEXT→25

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

ハロウィンTOPとルナーレイクス

Category: 雑記   Tagged: シムズ3  ルナーレイクス    
雑記です。

TOPのSS変えました^^
今回はスルーしちゃおうかと思ってたけどハロウィンSS撮ってきました♪

1_20121017231222.jpg
おうっwひっさびさ登場のセバスちゃん!
何気に大集合アドベンチャー以来ですな・・・^^;



2_20121017231222.jpg
ミルちゃんもお久しぶりぶり♪



3_20121017231222.jpg
大人ミルちゃんは魔女になっておりました♪


今回のSS撮影と、ストアでセール中のルナーレイクスとその他諸々の要因により
mirumom's room を再開しようと決意いたしました(。-_-。)


4_20121017231222.jpg
買っちゃったよ!ルナーレイクス!
この町ならmirumom's room の舞台に合いそうだしね!・・・半額だしね(笑)



という事で!主要人物ひとまとめでお引越ししてやったぜ!

5_20121017231221.jpg
20人プラス2匹。やりゃーできるもんじゃのぉ~(*´∀`*)

因みに↑こんな風に9人以上の世帯を作って顔パネルも全部表示させるやり方を簡単に紹介します。
(私の場合)

必要なMOD(多分)
・NRaas_MasterController
・NRaas_StoryProgression
・NRaas_Mover
・NRaas_PortraitPanel

上段2つMODの拡張モジュールが必要かどうかは未確認。
私は数種入れております。

・MasterControllerは9人以上の世帯(デフォでture)
・StoryProgressionは世帯の人数設定をお好みで増やす
・Moverもデフォ設定のままでok
・PortraitPanelは顔パネルを24人まで表示させるのに必要

以上簡単ですが入れてみて弄ってみれば解ると思います。
これで9人以上での人間関係を保ったままでの町の引越しが可能でございます。


Screenshot-3_20121017233211.jpg
現在この状態から更に4世帯に分けて配置。
もう少し準備が整ったらお話再開したいと思います^^


ストーリー仕立てのこのシリーズ。
無理するとまた更新止まっちゃうので(←)初心に戻り通常プレイの中から拾ったシムの行動を
使ってストーリー仕立てにやっていこうと思います。
なんならレビューにしちゃってもいい?・・・・・なんちて^^;


いや~、ストーリー作られてる方って本当凄いなって思いますよ!

という事で近いうちにまたこの方々とお会いいたしましょう~♪



テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome