mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GS chapter154】ハイタッチめ・・・

Category: プレイ日記 > GS世帯   Tagged: シムズ3  sims3プレイ日記  ときメモGS  イントゥ・ザ・フューチャー  
あら、やっぱり早めの更新だわ(笑)
とは言うものの、実はなんだかプレイテンションの上がらない私でありました。。。

新しい拡張は楽しくない訳ではないんだけど、決められた流れに沿って攻略していくゲーム的な要素が
どうにも得意じゃないんだな。非日常過ぎるオカルト要素なんかも。
こういった人生シュミレーションゲームではさ、シムの普通の日常生活がもっと色鮮やかになるような拡張が
望ましかった。私はね。だからジェネとかシーズンズとかは大好きだった^^
わざわざ別のマップや町へ移らないとならない拡張は大人数世帯にはキビシイ~(^^;)

でもね、マイシムの新しい行動やチャレンジは見ていて楽しいので遊んじゃうけどね♪
ある程度遊んで満足したら、日常生活に戻りましょう(。-∀-。)


前回の記事に拍手コメント下さった方々ありがとうございました!
しばらくはこんな感じになりますので、ゆるゆる気楽にご覧頂ければと思います♪
初コメのS様、うちの記事で参考になるような物があって良かったです^^進撃関係かな?
ブログURLもありがとうございました。今ちょっとプレイにワタワタしてるので、落ち着いたらゆっくり伺います^^




さて!!!
前回未来に到着した直後にセーブしてやめました。プレイ再開したら・・・

1_20131030225611ada.jpg
忘れてきたと思ったオレオちゃんが遅れてやってきたー!(笑)


2_20131030225612dd2.jpg
カアサン忘れた訳ではなかったんだな(^^;) って事は、上限デフォの8名かと思ったけどそうではないって事か。
まあ何れにせよ多いと色々大変だからな。。。


3_201310302256131ba.jpg
オレオに『ジェットパックで飛び回る』チャンス発生。
ふむ。現在世界でオレオがチャンスをこなして来たから、ここでもオレオ主導で進むのか・・・な?
珍しくオレオが主役のチャンスだね(笑)
オレオは「天才」で科学スキルも高いから、未来工学的な分野には向いてるかもしれないね~^^


4_201310302256142d8.jpg
んじゃ、バビューンと飛んでみようか。


5_20131030225615dbf.jpg
ついでにmiruさんと三男も~♪


6_201310302256325f8.jpg
スキルがあるらしく、最初はまあこうなるんだな(笑)


7_201310302256333d0.jpg
フラグフラグw


8_20131030225634d05.jpg
地面めり込みのwwwww いや酷いこれはwww


9_2013103022563574c.jpg
きゃっきゃ(。-∀-。)


11_20131030225636ffd.jpg
しばらく飛んだらチャンス完了。次のチャンスが来たよ!


12_20131030225655b69.jpg
『プラムボットに挨拶して、その機能を説明させる。』
プラムボットに会わなければならないのか。


13_201310302256567aa.jpg
って事で、大型プラムボット販売所?やらに行ってみたよ~☆


14_20131030225657105.jpg
そこで出会った女の子らしからぬ女の子・・・。
仙石・・・だと?!


15_20131030225658939.jpg
wwwww
色白のこの一家。仙石次男の子孫でございました・・・(´∀`;)
う、うん。分かる分かるwww


16_20131030225659eec.jpg
表にもなんか多分デフォ住人じゃないだろうあ~た!感漂う人物が・・・。誰やねん!!!
苗字はうちの子と一緒でございました。わたくし、ちょっとビックリでございましたwけど分かる~(爆)


17_20131030225715c65.jpg
一体だけいたプラムボットに挨拶して、この後は「機能を説明させる」んだ・・・


18_20131030225716c52.jpg
けど!気絶しやがったwwwww
この特質は・・・


19_20131030225717c9c.jpg
「臆病者」ですな( ̄▽ ̄;) 起きてくれwww先に進まんw
何かするごとに気絶しやがる黄色プラムボット・・・;


20_20131030225718de7.jpg
↑???オイルのお漏らしですか?!(^▽^;)
「機能の説明」終わって、特質チップの交換もやって次のチャンス。


21_201310302257193d1.jpg
↑これの後ね。プラムボットとハイタッチしなさいって。


22_20131030225734cc1.jpg
もう黄色プラムボットは気絶ばっかするから、違うボットを求めてボットが店員のレストラン(?)へ移動。


23_20131030225735319.jpg
なんか可愛い老夫婦がイチャコラしてた(*´∀`*)
おばあちゃんが可愛いなぁと思ったら、四女ちゃんの子孫だったー^^


24_2013103022573618f.jpg
ボットのウェイトレスさん可愛いね。浮いてらっしゃるよ。
しかしこの世界は太っちょが多い気がするよ(笑)便利な世界になってみんな運動不足で肥満気味か?


25_2013103022573772c.jpg
ウェイトレスさんとっ捕まえて、ハイターーーッチ!!!・・・が???


26_201310302257381d9.jpg
♂ボットでも・・・???
うん、なんかそんな事聞いてた(笑)
うーんwww対人ではハイタッチできるんだがなぁw
特質は思いつくような「ヘタレ」特質は入ってないよ、この子。


27_20131030225754062.jpg
徐々にボットに苛立つプレイヤー。だが嫌いじゃない、こういうの(笑)


28_201310302258001b4.jpg
怒ってる!目が怒ってるwww
ハイタッチ失敗するとダブルマイナスなんだぜぇ~wあっという間に『険悪』(´∀`;)


29_2013103022580154f.jpg
しゃーないから謝罪して、もしや仲良くないからダメなのかとチートで親友まで上げてみたよね。
だって兄さんが持ってた友情のエリクサーも使えなかったし、こんな事で時間掛けるの嫌なんだもんw


30_20131030225802967.jpg
さあどうよ!!!無理だったヽ(^◇^*)/
おいおいおいーーーーーw先に進ませないフラグですか?(^--^#)
何か条件があるのかな・・・?よそ様で見てくるか(笑)


31_20131030225803d3e.jpg
んー・・・めんどくせえwww


32_201310302258214ac.jpg
いや~でも!プラムボット面白いね!特質チップなる物があって、自分好みの性格にカスタマイズできるらしいよ。


33_20131030225822efc.jpg
連れは呑気に遊んでた。手前のレーザーのハープ、なかなかいい音色出すんだよ~^^


34_20131030225823296.jpg
このぽっちゃり君、葉月さんの子孫(。-∀-。)まあカワエエじゃあないの。
頑張れ!恋する季節なんだね////(笑)


35_20131030225824929.jpg
先祖の葉月さんはというと、未来のお絵描きセットで絵を描いてらした^^
うーん、やはり未来でmiruさんとの仲を・・・というのは無理臭いなw忙しいです。


36_201310302258258a9.jpg
もう日が暮れちゃったから、本日の行動は終了。・・・ある程度遊び尽くすのに、一体何日掛かるんだろう・・・w
みんなお腹が空いたから、瑛君に夕飯を作る指示を。


37_201310302258419df.jpg
噂の未来の調理器具。「~を合成する」んですって!↑は合成失敗。
料理スキルではなく、未来の道具を使うスキルが上がらないとダメなんだと思う。
できあがったのは「悪い」品質の料理^^;


38_20131030225842574.jpg
ふきふき。可愛い(´▽`)


39_20131030225843133.jpg
あのねー、嫌な予感はあったのだけど。ここ、滞在うちらだけじゃないよねーwww
結構なカオス(´∀`;)
これは明らかにベッドが足りないでしょうw一応空きスペースにベッド追加してはおいたけど・・・
ベッドの取り合いメンドクサイなぁ・・・。一軒家に引越しできるのかな?


40_20131030225844fb9.jpg
広いしシム詰まりも軽くするから、便意が危険!(笑)いつか誰かが漏らしそうな予感。。。




ここからはオマケ。
子孫について。
子孫は、個人個人にそれぞれの子孫が存在しているようです。
前記事の左京の子孫はやはり左京のみの遺伝子だと思われます^^
因みに、現在に置いてきた世帯の他の子の子孫も居ますよー!
うちのように大家族だと、町にマイシムの子孫がわんさか(爆)

年代が今の我が子と違ったり性別が違うと、カスタムスライダーの関係でお見苦しい事になってたりします^^;
前回見に行った兄さんとmiruの子孫はかなりいい感じの部類(笑)
けど私はまあ残念な子孫を見るのもそんなに悪くはないかな。
我が子の子孫っていうだけで、デフォシムとは違う愛着を既に感じちゃってます(´▽`)
カタログ保存して、現在の町に放流してもいいくらい。存在が可愛い^^

って事で、面白くない世帯はカットですが(香山家とか長男家とか何にも面白くなかったwいや、元シムがじゃなくてねw)
ちらりと見てきた数名をご紹介♪

41_20131030225845211.jpg
はい。葉月家のなかなかいい感じの兄さん。ガタイが良かった!


42_20131030225901705.jpg
「速水」とあったので、左京の子孫かと思ったらこの肌の白さw白君でした(´∀`;)(っ忘れてなんか・・・)

ここにも一人居ますが、どうやら各世帯、何人かは自動生成シムが混じってるようです。
スライダー値0だろうお前。な人ね。他の世帯もそうでした。(赤丸の人)


43_201310302259024c5.jpg
太っちょ・・・そしてこの顔・・・(´∀`;)なんかじわじわ来るwww
決して嫌いじゃないwwwww


44_201310302259038d7.jpg
ここにも居たデフォ顔子孫。
誰の世帯じゃーって思ったらこのピンク。


45_20131030225904c0a.jpg
そしてこの顔www右京ですな!
女子になっちゃった右京は、鼻が残念wこれは右京を女体化しても同じ。しょうがないんだぁw


46_20131030225905ba3.jpg
おおうw瑛オジサンが居た!(笑)
うん、瑛なんだけど何か笑うwww


47_201310302259182ce.jpg
これはオレオ。ノーメイク顔がさっぱり顔だってバレちゃう!!!(爆)

48_20131030225919823.jpg
この子もオレオ。うん、分かる(´▽`)


49_201310302259200c4.jpg
へへへ、桜井さんちの子孫。(♂)
あた子かな?ルアかな? 家族は一緒の世帯に子孫がいますよ。


50_20131030225922b77.jpg
あた子似の男の子と、琉夏似であろう女子。なんか恐かった(^^;)

他にいちごのとかミルちゃんの子孫も見たけど、たいして面白くなかったので割愛w
使ってるCCとは違うCCをなかなか上手い具合にあててくれてるようで面白いな~(´▽`)

長々お付き合いありがとうでした!次回は進むのかな・・・?(^^;)
NEXT→155
スポンサーサイト

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

【GS chapter153】未来へ行くよ!

Category: プレイ日記 > GS世帯   Tagged: シムズ3  sims3プレイ日記  ときメモGS  イントゥ・ザ・フューチャー  
先週ストーリーも更新して、コミュイベのSSも撮り終えたのでパッチ1.63のアップデートしました!
NRaasさんのMODと、MTSのアプデされてるであろうMODを入れ替えて問題なく終了。
私の環境では懸念していたような不具合も無く【イントゥ・ザ・フューチャー】(ITF)インストール後プレイできていますよ♪

えっと、しばらくはGS世帯のITF記事が続くかと思います。
新しい拡張が出た後は毎回そうなんですがガンガンプレイするので更新も早いと思います。

新しい拡張に興味の無い方もいると思いますし、コメント下さる方向けに気を遣って記事を書くのは本意ではありませんので、
レビューに関してはしばらくコメント欄閉じさせて頂きます。
当座、これまで以上に自己満足垂れ流しになると思いますので(笑)興味のある方だけご覧下さい。

拍手コメントからも無理に感想などを頂かなくて大丈夫です^^何かあれば一言どうぞ♪な感じでお願いします。
普段懇意にさせて頂いているブロ友さん方も、コメント等気になさりませんように(*^-^*)

では参りましょう。




a_20131029080436b38.jpg
新しいロード画面。シンプルね~
画像は無いけどこの後の画面でね、アイテムを発見(クリック)で世帯に生涯の願望ポイント(だっけ?)が
ゲットできるミニゲームが盛り込まれたよね。長いロードを待ってる間の暇潰しになるね(笑)
けど調子に乗ってガンガンクリック連打してたら一回落ちちゃった(´∀`;)気をつけろ~!


1_20131029080200595.jpg
パッチあてた後、プレイ再開でいきなりはずみのキスを見せてくれちゃった桜井夫妻^^
仙石さん達が居ますね。今回ちょいと未来に連れて行こうかと。詳しくは後程。

そして今回は、未来に行く前に久々のこの子達眺めていよう回になっております(*^-^*)
後半にちょっとだけ未来の様子も。

2_20131029080201e5d.jpg
新しく増えた特質『不安定』。
ITFのよそ様でのレビューは、やはり詳しくは知りたくないのでSS中心に流し読みさせてもらってます。
この『不安定』はなかなか面白そうな特質のようで・・・
うちではオレオちゃんと仙石三男あたり(あと右京)にいいかなて思って入れ替えてみた!楽しみだ^^


3_20131029080203235.jpg
兄さんに文句を言ってるのはmiru-mom(笑)。リアルで髪が長くないので最近お気に入りの物に髪型変えたよね。


4_20131029080204449.jpg
多少(?)美化はしてるけど、そこそこ自分に似てて笑うwww
垂れ目で大きな目とかほっぺプックリとか丸い鼻とかヘビスモとかw

そうそう、なんでこの人まで居るかというと・・・

5_20131029080205736.jpg
お気付きかもしれませんがアイパラ以降、私的には世帯の子達の幸せ(カップリング)を推し進めていくつもりなんです。
ピンクップルの牛歩戦術のせいで、なかなか進まないんだけど^^;
(あれ、身長差が無いな?どっちか設定間違ってるw)

因みに、お相手候補も考えてはいたりする。

・右京-いちご ・瑛-四女 (・白君-三女:ここは未定寄り)
・長男-りぐさん ・次男-ラブさん ・セバス-秘密?(笑)
・左京・オレオ・睦月・三男・長女・次女→候補なし(^^;)

で、だ。
初期プレイからいらっしゃる元祖王子の葉月さん。なのにどうにもお相手が居ない。実質的にも私の気持ち的にも。
その為に新しいシムを投入というのも何か違う><その辺のデフォシムと恋愛させるなんてもってのほか!!
ずっとフリーでもいいか~なんて思っていたけど、王子達には幸せになって(落ち着いて)もらいたい。
そしたらもう・・・私しかいないでしょう?!(笑)

って事で、ずっと躊躇はしていたんですが、miru-momと仲良くなって頂こうかと。(嫌がられなければ^^;)
miru-momを私として見た場合、こういうプレイを不快に感じる方もいるかとは思いますがすみませんw
そういった恋愛描写(シーン)はなるべく載せないように気をつけますのでこの子らの事は気にしないで下さいw


6_20131029080225c4f.jpg
新しいアクション「ハイタッチ」。なかなか良いぞ?^^


7_2013102908022680e.jpg
さて、瑛君にも頑張ってもらおうと四女ちゃんも投入。そろそろキメようぜ☆(また好きな色の話かw)


8_20131029080228e79.jpg
そうそう、玄関先でいちゃついてた桜井夫妻が今回新しく追加されたロマンス行動をフリーでやっていた~!


10_20131029080229e55.jpg
その名も『抱きかかえながらキス』
女性をくるっと回してガバッと抱きかかえてのキス///


11_20131029080244f98.jpg
これがなかなか予想してたよりも素敵だった(*´ω`*)(プレイヤー的に主に琉夏くんの表情がwww)


12_20131029080245459.jpg
今回は仙石兄弟も未来に連れて行きたかったので参戦。長男も結構好きだー!^^


13_20131029080246225.jpg
次男もね、落ち着く前にそろそろ未来で暴れてもらおうかと(誘惑的所持)
・・・そんな暇は無さそうだけど^^;


14_20131029080247625.jpg
三男はオマケ(笑)オレオちゃんと遊び友達的な~♪(だがしかし;・・・は後半でw)


15_20131029080248f36.jpg
相変わらずの仲良し兄弟クオリティwww


16_2013102908030475c.jpg
この二人は母的に似たタイプのつもりなんだけど、仲もよろしいようでほっこり♪


18_201310290803062d3.jpg
黒髪ズも・・・何なの?その雰囲気はwww
セバちゃんが・・・ちょっと心配だよお母さんは^^;次男との会話にもドキドキした(アイパラレビュー参照)


19_20131029080307ecc.jpg
兄さんが持ってるこの球体。新しいPCなんだけど、勝手に自宅での仕事を始めたようです。


20_20131029080308b7c.jpg
ハイテクぅ~!!
今回こういうホログラム仕様のアイテムがいっぱいありそうだね!ほうほう・・・


21_20131029080309154.jpg
脈絡無いけど、落ち葉で遊ぶ四女たん。可愛かったので^^


22_201310290803253c2.jpg
長男も。我が子達は基本、眺めてるだけで可愛くてそれなりに満足できちゃうプレイヤー(*´∀`*)


23_20131029080337f29.jpg
セバちゃんはお掃除。流石です。
リアルでも秋っていいよね!ちょっと物悲しい感じも。春も好きだけど虫がいっぱい出てくるから嫌だ(笑)


24_201310290803388e3.jpg
さて!!!それでは未来に行く準備をしましょう!
この次元なんちゃらかんちゃら。(タイムポータルか!)庭が広いと自宅に出現するそうな?
うちではスペースが無かったのか、購入モードから手動で設置しましたよ。


25_20131029080339d26.jpg
調べたら・・・光って・・・


26_20131029080340247.jpg
噂のおっさん来たw


27_20131029080356b4f.jpg
エミットさんというらしい。


28_201310290803566ca.jpg
【時間歴の目録】くれた。これ持って未来に行くんだな?うむ。


29_20131029080357fa4.jpg
直後、チャンス発生。パワーセルをばら撒かないでくださいwww


30_2013102908035860e.jpg
うん、あれを5個拾えと。楽勝じゃ!


で、拾って渡してチャンス完了。
タイムポータルで未来へ行くメンバーを選んで出発!
WAや大学のようにロード画面に切り替わり、しばし待て。。。。。




31_20131029080359af8.jpg
未来の世界へ到着!割とすっきりした感じ?


32_20131029080413b60.jpg
壁ーーーーー!!!この光景、進撃の~を思い浮かべたのは私だけでしょうか?(笑)
あ・・・兵長達で壁外調査ごっこやりたいな(´▽`)そのうちね


33_20131029080418598.jpg
結局誰が来たんだよー?!って思ってたでしょう?この面子8名です。
多い?多いね(笑)いいんだ、未来要素も楽しみつつやりたい事もやるんだ。

王子2人・・・(琉夏ちんはお留守番><)と女子二人はまあ頑張れ!(笑)
仙石Bros.と兄さんはたまにゆっくり観察したいかr・・・・あ!!!!!!!!!???
今気付いた!!!オレオちゃん忘れてきた?!!!

お~www三男のお友達要員でオレオも連れてくる予定だったのに(´∀`;)
けど8人上限か?あら困ったw・・・まあいいか(笑)次回だ次回。


34_20131029080419f8f.jpg
さてさて・・・未来で滞在するのはこの施設。オアシスランド公民館というらしい。
滞在期間は制限ないとの事。ハイテク家具が揃ってましたよ~


35_201310290804206c5.jpg
あのね!あのね!それぞれの人間関係欄見たら・・・!子孫が(勝手に)表示されてるの!!!
兄さんがもらった【時間歴の目録】からも確認できるみたい。
いっぱい子孫がいる子と少ない子と居ましたよ!


ちょっと・・・覗きに行ってきたよね。とりあえずは私(プレイヤー)だけ('ー') フフ


37_20131029080421d64.jpg
ぐっはっ・・・/////
この子、上のSSのmiruさんの子孫の ダロン・mom 君!
miru-momの子孫じゃあ!!!垂れ目具合がいい感じに遺伝されてて可愛いよ!親(先祖)の欲目?(笑)
いや~、連れて帰りたくなっちゃったよね(*´∀`*)かわええ~~~~~~~~~


もう一人。
38_20131029080435f5d.jpg
ぐっはwwwww 誰の子孫か分かりますかー?!分かりますよね~(*´∀`*)ははははは
兄さんの子孫だ!!!ちょっと白君っぽいな(笑)
どう見てもまんま兄さんの遺伝子なんだけど、か、可愛いじゃないか(〃∇〃) 兄さんより擦れてない感じ(爆)

追記: マジマジ見てたらなんか葉月さんの遺伝子も入ってるんじゃないかと思えてきた(笑)髪色とかもね。
    メイクしてない兄さんはこんな感じだと思うんだけど、世帯の複数シムの遺伝子MIX仕様ならあるかも。
    私の感触ではMIXではなくまんま本人遺伝子かなって思ったんだけど、どうなんだろうね。

この髪型も今回増えたやつだけど、なかなかカッコイイな!使えそうだ^^

子孫はとんでもない感じの方もいた気がするけど(笑)、そこ見てくるだけでも楽しいかも♪(私は)
まだまだこれから未来要素を楽しむんだけど、やっぱり始めてみると新しい拡張は楽しいね!
しばらく未来プレイしてきます。多分更新早いよ(。-∀-。)

ストーリーは暫くお待ち下さいm(_ _)m
ではまた次回!!!

NEXT→154
テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

FC2コミュイベから【オオカミと7匹のこやぎ】

Category: お遊びSS   Tagged: シムズ3  
はい!只今FC2シムズ3コミュニティにて【童話】をテーマにしたシムを作ろう!イベントが開催されてます。
これまでにも何度も書いてますが、ブログ等をお持ちでなくてもFC2の無料アカウントを作ってログインすれば
閲覧可能ですので興味のある方は是非どうぞ♪(このブログのTOPページにリンクが貼ってあります)
現在60名超えのメンバーが在籍して交流しております。


私は今回【オオカミと7匹のこやぎ】を題材にしてSS撮ってきました^^
元のお話はグリム童話。

七匹の子やぎは子ども達だけでお留守番。
「狼に気をつけて」というお母さんの伝言をしっかり守っていたのですが
狼の巧みな変装で家のドアを開けてしまいます。
七匹は様々な場所に身を隠しますが、次々に見つかり狼に食べられてしまいました。
そうとは知らず帰ってきたお母さんはびっくり。
時計の箱のなかに隠れて無事だった末っ子から話を聞き、悲しみに暮れます。
二匹で外を歩いていると、大きないびきを立てて寝ている狼を発見。
もくもくと動く大きなお腹を見て、子どもたちが生きていると考えたお母さんは
狼のお腹を裂いて子ども達を助け、代わりに大きな石を入れました。
目を覚まして水を飲みに行った狼は、重いお腹のせいで井戸に落ち、死んでしまいました。


皆さんご存知だとは思いますがこんなお話。
私もそのつもりでSS撮影に望んだんですが(ちょっと既に嘘w)、結末が暴走しちゃって違うお話になっちゃった・・・
かな?(*´∀`*)あはは~

オオカミ(擬人化)ときたら、オオカミに食われちゃうのは可愛い女の子・・・
という発想(妄想)がテーマを聞いた時から頭を離れません!しょうがないよねー!(開き直り)

さて、御託(言い訳)はこの位にして、いってみましょうかね~(b゚v`*)軽くストーリー仕立てです。
ワイルドオオカミさんが自分的にも萌えたので、そんなつもりじゃなかったのにSSいっぱい撮っちゃった♪

mirumom脳内暴走版・オオカミと7匹のこやぎですwww
ガッツリ”食われちゃう”描写は流石に照れ臭いので(今更)入れてません(笑)





1_2013102703215362e.jpg

「腹が減ったな・・・」
森で、お腹を空かせたオオカミさんが獲物を探して彷徨っていました。


2_20131027032155b73.jpg
「ん・・・?この家から甘い子やぎの匂いがするな・・・」
(既にこの時点で食われちゃうフラグw)


3_2013102703215650e.jpg
「・・・俺は森のオオカミだ。オオカミだからって恐がる事はない。何もしないからここを開けて食い物を分けてくれないか?」
オオカミさんは甘い言葉でこの家の住人に呼びかけます。

「えー、だってお母さんがオオカミだけには気をつけなさいと言っていたもの~!」
お留守番をしている子やぎちゃん達はオオカミを警戒します。


4_201310270321576cb.jpg
「俺がそんな悪い奴に・・・見えるか?」きらーん

『きゅーん///』(子やぎちゃん達の心の声)


6_20131027032158bed.jpg
残念ながらここの子やぎちゃん達は軽くビッチだったので(笑)、我先に自ら「食べて欲しい」と争う始末w


7_20131027164012d16.jpg
もちろんそんな子やぎちゃん達を美味しく戴いちゃったオオカミさん(ひでえw)。
けれど何かに気付いたようです・・・?


8_20131027164015215.jpg
「ん・・・?まだ別の子やぎの匂いがするな・・・」
なんて貪欲なオオカミさん/////


8-1_201310271644033aa.jpg
「ふふ・・・もう一匹隠れてやがるのか・・・」


9_20131027164602ad3.jpg
そうです。ビッチじゃない(w)末っ子の子やぎちゃんだけは、柱時計の影に隠れていたのです。


10_201310271646042e6.jpg
恋愛経験もなく、恋に夢見る乙女な末っ子ちゃんはオオカミに怯える事しかできません。(mirumom大笑い)


11_20131027164605925.jpg
「あれ・・・?静かになった・・・。もうオオカミ出て行ったのかな?」

あ~~~~~~・・・('ー')バカな子だね。。。


12_20131027164607882.jpg
ハンターなオオカミさんがその姿を見逃すはずもなく・・・


13_20131027164608527.jpg
「そこの可愛い子羊・・・いや、子やぎちゃん。何をそんなに怯えているのかな・・・?」
「ひぃっ!!!」

見つかっちゃったw

14_20131027164627193.jpg
「いやー!離して~!!!わたしは食べても美味しくないですぅ~!!」
「おい、落ち着け。」

必至に抵抗する末っ子の子やぎちゃん。
今見ているそこの方。「いけっ!押し倒しちまえ!」とか下品な事を考えてはいけません。
そんな事はしませんのでアシカラズ(爆)


15_201310270322536da.jpg
このオオカミさんの悪そうな顔がたまらな・・・おっと、お話の続きを(爆)


16_2013102703230914d.jpg
「おい・・・そんなに恐がるなよ。お前の嫌がる事はしないと約束しよう。」
「え・・・」
ちょっとときめいちゃったウブな子やぎちゃん。

オオカミさんは子やぎちゃん(やら子羊ちゃんらや)を簡単に食べちゃうプレイボーイではありますが、
無理やり食べちゃうというのは彼のポリシーに反するようです。(なんという設定w)


17_201310270323100fd.jpg
これだから男慣れしてないウブっ子はよぉ・・・(。-∀-。)イラッ


18_20131027032311845.jpg
オオカミさんの言ってる事は本当なのでしょうか?それとも子やぎちゃんを騙して食っちゃう為の嘘なのでしょうか?
そんな事は私も知りません(おい)
ただこんなシュチュエーションが撮りたかっただけ~(*^-^*)なのでごめんなさいw


19_20131027032312f73.jpg
あ~~~~・・・・・・・あ。

最早お話でもなんでもなくなっている事はお気になさらずにwwwww
萌えられればそれでいいんです( `≖ω≖´)✧キリッ


20_201310270323135d6.jpg
なんだかハッピーエンドの予感?


21_2013102703232522f.jpg
って事で無理やりハッピーエンド
幸せな恋が始まったのか否か。ご想像にお任せします(笑)


なんでしょうかこの【オオカミと7匹のこやぎ】はっ!!!ごめんなさいm(_ _)m


たまにスイッチが入っちゃうおふざけモードでお送りしてしまって本当にすみませんでした。
原作と違ったお話になっちゃたけど、改悪した訳でもないからいいよね?(^▽^;)

オオカミさんの擬人化はヤバイ。
オオカミさんの出てくる他の童話もいつかやる気があったらやってみましょうかね♪

お付き合いくださいましてありがとうございましたー!
他の皆さんは真面目にイベント参加しておりますのでお間違いなきようお願いします。(否、私も真面目だ!)


テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

30.折衷

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  
更新が空いてしまった・・・;
新キャラ作成や、ゲームの不具合的な部分で時間が掛かりました><

今回もほぼ台詞とSSで構成しています。そのためSS多いです。
スマフォ等での読み込みはキツイと思うので、時間のある時にでもPCでの観閲をお勧めします。
※久々に観閲注意:軽くですがBL(男性同士)表現がでてきます。苦手な方はご注意の上観閲願います。

ではあとがきでまたお会いしましょう♪




30.折衷




朝晩の空気が益々冷えるようになって、季節は冬の始まりを告げようとする頃。
ジュールさんの身体もだいぶ回復してグレンさんも少しずつギターのお仕事を始めているようだった。




1_201310240055468b8.jpg
「よく来たねジュール君。もう大丈夫そうだけど、ああいう薬の使用者は一度ちゃんと自分自身の事を客観的に見て
 自己認識を明確にした方が今後の為だと思うよ。よく眠れないとか何か不安になるような事は無いかい?」


3_20131024005549d34.jpg
「うん・・今は特に何もないかな。以前より気持ちがすっきりしてるくらいだ。」


2_201310240055487c1.jpg
「それはいい事だ。今回の件は君にとって悪い事ばかりではなかったようだね。」


5_20131024005550404.jpg
「うん・・・。お陰で今までとは違った色んな事が見えてきたような気もする。
 ただ一つ困ったとういうか変わった事が・・・」
「うん、なんだい?」


4_20131024005549129.jpg
「しばらく食えなかった影響なのかさ、食い気が止まらなくて参っちゃうよ。このままじゃ俺豚になる!」
「ははは、それは実に由々しき問題だ。君のその小柄で華奢な美しい身体のラインが崩れたら・・・」
「ラルフ。」


7_20131024005614cc7.jpg
「診断は終わったようね?じゃあそろそろアタシと代わってもらおうかしら?」
「ん?ああ・・そうだねマルコ。」

「マスター!そうだ、グレンがあんたに会いに行けとも言ってたんだけど・・仕事の話?
 俺にバーで働けって事?まあ・・それでもいいけど・・」


8_20131024005615d78.jpg
「ううん、あの店じゃないのよ。お陰さまであの店の経営状況も良好。売り上げも伸びてるの。
 そこでね、ラルフと共同でもう一店舗出す事にしたのよ。あんたそこで働いてみない?」


9_20131024005616537.jpg
「へぇ・・・まあ構わないけど俺何すんの?」


10_20131024005616631.jpg
「新しい店はダイニングがメインだから料理人が必要なの。ジュール、あんた料理の腕なかなからしいじゃない。
 そこで働きながら本格的に勉強したらいいと思うの。ねえラルフ?」


11_201310240056378bf.jpg
「ああ僕もいいと思うよ。君にはそういったこれから先の人生の目標があった方がいい。」



12_20131024005638ce3.jpg
「・・・・・・・・・」

なんでこの人達、揃いも揃っていい人達なんだろう・・・グレンもメロも。
こんな俺のために心を砕いてくれる。
俺、みんなの気持ちに報いる為にも頑張ってみようかな。

「・・・うん分かった、ありがとう。」


13_20131024005639002.jpg
「ああそうだ、メロもそっちに移ってもらおうと思うのよ。グレンの出勤も減るだろうし
 あの子には夜のバーで働くより何かといいと思うから。あんたメロと一緒に頑張りなさいよ!」
「え?マジで?メロも一緒・・・?」


14_20131024005640c11.jpg
「そうか。メロも一緒か、なら尚更良かった。マスター、俺頑張るよ!」
「・・・え、ああそうね・・・。頑張ってちょうだい?」

あら・・・?






15_20131024005641ee2.jpg
ジュールさんがマスターのお店で働くというのは嬉しい事だ。一緒というのは何より心強い。
生活も平穏さを取り戻し、私はやっと描こうと思っていた絵を始める事にした。


16_2013102400565673a.jpg
そういえばアベルさん。あれからお会いしていないけど、今度絵を批評して下さるって言ってたな。
アベルさん、まだお散歩続けてるのかな・・・?


17_20131024005657477.jpg
あ、お散歩してたのは私の方だった。










18_20131024005658e8a.jpg
「君のギターの評判はとてもいい。やはり私の目に狂いは無かったようだな。
 君は私の指示に従ってこれからもやっていけばスターになれる事は保障する。」


19_201310240056597a2.jpg
「・・凄い自信だな。俺は借りた金の分を返してるだけだ。スターになるとかそんなんは特に興味は無いけどな。」

「グレン、この業界では自信が無い者は上へは行けないだろう。自信は自分をより高めてくれる。君はスターになる事には
 興味が無いと言うが、ギターを弾くのは好きなんだろう?その結果がスターになるという事ならそれを享受すればいい話さ。」


20_201310240057009d7.jpg
「ま、やるべき事はやる。あとはなるようになるだ。」
「・・・若いくせに可愛げのない奴だな、君は。」








21_2013102409102405b.jpg
「ガイ、なんだよもう行くのか?」
「ああ・・・今日は遅れんなってヒューさんに言われてんだ。」
「・・・ちっ、糞ヒューの野郎・・・」



22_201310240910250d3.jpg
「終わったら真っ直ぐ帰って来いよな。寄り道するなよ。」
「おう、分かってるよマックス。」







23_20131024005717189.jpg
「やっぱ辞めさせられちゃったね、マックス。ま、しょうがないよねー。」


24_20131024005718594.jpg
「遅かれ早かれ、いや遅かったくらいだな「ちょっと待てー!!!」


25_2013102400571941a.jpg
「ざけんな!俺は認めねえからなっ!」
「・・・・・・・・・」


26_201310240057203ea.jpg
「出たよ、無駄に熱いボクちゃんが。」


27_201310240057216a6.jpg
「ああ?!シュリ!お前何なんだよその言い草はよ!仲間だっただろマックスはよぉ!!」
「・・・ふぅ・・・」


28_20131024005736dc0.jpg
「ガイ、ウザい。あんたほんと馬鹿みたい。」
「あぁ?!」

「あんな奴、実力も無いのに親のコネで無理やり入ってきたんじゃない。マックスこそ私は認めてないけどね。
 うちらが売れないのはあいつのせいだって明らかだから、流石にヒューさんも上に掛け合って辞めさせたんじゃん。
 会社としてもいい加減業績の方が大事だからマックスを切ったってだけの話。お解り?ボク?」


29_20131024005738690.jpg
「そういう・・問題じゃねえじゃん?!可哀相じゃんかよ・・・マックスがさ・・」


30_201310240057395f8.jpg
「・・・・・・・・」


32_20131024005740386.jpg
「ガイ、あんたはマックスとできてるからそんな事言うんでしょ。バカ。冷静になってみなさい?」
「・・・・・?」


33_20131024005741087.jpg
「あいつのどこがいい訳?ただの我儘ボンボンじゃん?性格も悪いじゃん?私はだいっ嫌いだよ。
 気付いてないようだけど、あんたの事もペットくらいにしか思ってないよ?都合のいいように遊ばれてるだけって
 気付いてない・・・・・・んだろうね。」
「なっ・・・は???」


34_20131024005754280.jpg
「ほんとバカ。周りはみんなそう思ってるっての。よしガイ、あいつから財力を引いてどこがいいのか述べてみよ!」
「・・・・え。・・・・・・・・・」
「ほら、バカ。」


35_201310240057558ec.jpg
「・・・確かにバカだな。思考と言動が一致していない。」


36_20131024005756a29.jpg
「ちょ!待てよ!ロン!お前は嘘は言わねえよな?マックスはそんな奴じゃないよな?!」
「うるさいこっちに振るな・・・ったく。」


37_201310240057573f6.jpg
「・・・財力以外にお前が執着してるとしたら体の相性くらいか?安心しろ。お前はバカだ。」


38_201310240057585ff.jpg
「えっ・・・・・ちょっと・・・待てよ・・・?」


39_20131024005814dd1.jpg
ちょっと待て。どういう事だ?!俺のマックスへのビジョンとこいつらのビジョンが違ってるだと・・?!


40_201310240058183e9.jpg
あいつってそんな奴なのか?・・・だけどシュリの言うように金と体以外で執着するべき部分が見当たらねえ!
どういう事だ・・・?!


41_2013102400582034e.jpg
『・・・ほんとバカな奴。』


42_20131024005821521.jpg
「で、でも!それと新しい奴を認めるかどうかってのは話が別だ!今まで一緒にやってきたメンバーを外してまで
 新しく加えるってんなら、それ相当の奴じゃなきゃ俺は認めねえ!!それが人情ってもんだろ?!」

「うわ・・・ロン、こいつマジ面倒臭いやつなんだけど・・・」
「しょうがない。こいつは無駄に熱いやつなんだ。」
「おいコラてめえら聞こえてっぞ!!!」


43_2013102400582286f.jpg
「けどまぁ、いんじゃない?あんたの私情とは別にしても、そこは私達だって同じ考えよ。
 うちに入るならそれ相当の腕を持ってないと認めない。私達はそこら辺の安バンドとは違う、そうでしょロン?」

「まあな。だけどヒューさんが連れて来たって事はその辺はクリアしてるって事じゃないのか?
 少なくともマックスよりは腕がいいのは確かだろう。」
「まあね。」


44_201310240058372c8.jpg
ちっ・・・!なんなんだよこいつら!いいさ、くだらねえ奴だったら俺が降りてやる!!







45_2013102400583876a.jpg
「グレン、そろそろ以前話したバンドメンバーの梃入れの件、進めさせてもらいたいんだがいいかな?」
「いちいち断りを入れるのがあんたのやり方なのか?俺がどう答えたってもう決まってんだろ?
 『契約』だから仰せのままにだ。」

「本当に可愛げのない奴だな。」



ガチャ
46_2013102400584207c.jpg
「待たせたね、マックスの代わりにギターを担当してもらう者を連れてきたよ。」


47_20131024005843e54.jpg



48_201310240058446e7.jpg
「・・・・・」


49_201310240059009eb.jpg
「・・・・・」


50_20131024005901f39.jpg
「何?ヒューさん、もう決定な訳?私達に腕が見合うかどうかくらい確かめさせてもらってからでもいいんじゃない?」
「おいおいシュリ、初っ端から随分好戦的な態度だな。仲間になるんだから友好的にいってもらいたいね。」


51_20131024005902e9d.jpg
「だって、お遊びでやってるんじゃないもの。プロとして役に立たないなら足手纏いよ。マックスと同じく。」


52_20131024005903f12.jpg
ちっ・・・


53_201310240059040c2.jpg
「とは言ってもぉ?ヒューさんが連れて来る位だからそれなりの腕なのは予想できるけど。え・・・と?」

「ああ、グレンだ。」
「いい名前ね。そしてビジュアル的には合格。けど顔だけじゃダメ。」


54_20131024005920804.jpg
「・・・・・・・」
「ん、どうしたグレン?」


55_201310240059210d5.jpg
「バンドって・・・こういうアレなのか?」
「ん・・・ああ、コレは彼らの個人的趣味というか私服だから安心したまえ。左程趣味の悪いバンドではないさ。」

「そうか、ならいい。」
「ちょっと!それってどういう事ぉー?!」


56_20131024005922d01.jpg
「まあまあ、ではグレンにバンドの雰囲気を知ってもらために普段のステージに立つ感じで合わせてみようか?」

「はいはーいっと。」
「ちっ・・めんどくせえな。」
「・・・・・」


57_20131024005923f04.jpg
「・・・メンバーとの調和は特に期待していないよな?俺は演奏すりゃそれでいいんだろ、なあ?」
「はは、まあ君までそう好戦的になるなよ。ああ見えて、彼らの音楽に対する真摯な態度と目と腕は一流だ。俺が保障する。」
「ふん・・・。」





58_2013102400592498b.jpg
「お待たせ。」

「では改めて紹介しよう。」
「ボーカルのシュリ、キーボードのガイ、ドラムのロンだ。他にステージではうちの一流バックバンドがサポートする。」


59_20131024005940e33.jpg
「あなた。」
「・・・なんだよ。」

「わざわざ連れて来られたあなただから、それなりに期待してるの。がっかりさせないでね?」


60_20131024005941b82.jpg
「・・・・・あ?」

「さあ、じゃあ始めよう。まずは彼らの演奏を聴いてくれグレン。ギターは途中からこの譜面で入ってくれ。構わないか?」
「・・ああ問題ない。」




62_201310240059430e5.jpg

63_20131024005944922.jpg





61_20131024005942092.jpg
「どうかなうちの秘蔵っ子達は。」
「・・・悪くねえんじゃねえの?」
確かに全てを通して売れる要素はある奴らだと思う。いや売れるだろう。ギターがどんだけ足を引っ張ってたのか知らねえが。


64_2013102401000079a.jpg
「では頼むよグレン。」
「ああ。」



65_201310240100014a4.jpg


66_20131024010002e0c.jpg
グレンの演奏が始まると、メンバー全員の動きが止まった。


67_2013102401000676a.jpg
「・・・? 何だよ。何故止める。」

「・・・・・・・え・・ああ・・うん。」


68_20131024010007b11.jpg
合格だな。









69_20131024010022f43.jpg
「いやー!ビックリしたよね!なんだろあれ!!!技術というかなんだろね!あの感じ!あれよあれ!!!」
「おいシュリ、ガイの馬鹿が移ってるぞ。」
「なんだとロンてめえ!!」


70_201310240100234e3.jpg
「・・・けど分かるよシュリ!俺鳥肌立った!なんかこう・・・上手いとかそんなんじゃなくてこう・・・
 アレだよアレ!なんだ?!なあロン!!!」


71_20131024010024b1f.jpg
「お前らな・・・ だが、確かに悪くない。」


72_20131024010026f91.jpg
「ね?ガイ、マックスのくだらなさが分かったでしょ?あんたらの関係はどうでもいいけど、音楽的にあいつは要らない。
 因みにあいつは人間としても要らない。あいつは最低クズ野郎。」
「・・あ、ああ。なんか分かる・・・ぞ? けどシュリ、お前マックスに何かされたのか・・・?個人的憎しみを感じるぞ。」

「・・・うっせ!死ねガイ!!!」
「あぁ?!」


73_2013102401003018b.jpg
「だがまぁ、ガイが少し利口になったのはいい事だ。」
「お?・・・おお!」

RRR RRR RRR・・・


74_20131024010045c5a.jpg
「あ、マックスだ。」
「うえっ!」


75_20131024010046936.jpg
「お、おうマック・・・」
『ガイ!!!どうなったんだよ?!俺の代わりって奴上手く落としたんだろうな!』
「いや、マックスそれは・・・」
『何やってんだよこの愚図が!お前らの力でどうにもできないってなら、パパに頼んで・・・』

なんだ・・・こいつ?

『おい聞いてんのかよ!お前は使えねーなほんt』
「マックス!」


76_2013102401004709e.jpg
「俺もう帰んねえから。世話になったな。たいした荷物もねえだろうからテキトーに処分してくれ。じゃ。」
『はぁ?!おいガイ!何言ってんだよお前!てめえいい思いさせてやった恩を忘れたのか?!
 愚図の癖にお前は俺の言う事聞いてりゃ』
 ピッ


77.jpg
「・・・ちっ」


78.jpg
「も一つお利口になったね、ガイ。」
「よくできました。」
「お、おう?!」


NEXT→31





はい、今回も観閲ありがとう御座いましたー!
新メンバーは、シュリ・ガイ・ロンでございます。近い内に登場人物紹介に追加しておきます。
因みにガイ君は前回と髪型変えました♪ 一応言っておくと、彼は”バイ”です(笑)


イントゥ・ザ・フューチャー発売されましたねー!私も購入済ですが、まだパッチもあててませんw
ちょいちょいパッチあてた後の不具合を耳にするので、やるべき事が終わってからパッチ&インストしようかな。
この後は、コミュニティのイベント用撮影をしてこようと思っています。
コミュでは3枚程のSSになってしまいうので、こちらでもう少し追加してお話ちっくにしてみようかな?(未定w)

今回更新が空いちゃったけど、自分的には週1~2回は更新したいと思ってるー!最低でも一回は。
シムズでやりたい事はいっぱいあるんですけどね、そしてやってるつもりなんですけどね^^;
ここ数日篭ってたので、交流させてもらってるブログさんの所もタンブラーもこの後ゆっくり廻ります^^

こんな感じですが、これからもお付き合い頂けたら嬉しいです(b゚v`*)
ありがとうございました!



テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

【girl's pose set 01】配布

Category: Download   Tagged: シムズ3  シムズ3ポーズ  Pose  Download  
今回は女の子ポーズを作ったので配布しま~す(*^-^*)
女の子のみのポーズセットは初ですね。
男の子ポーズよりも作る側としては楽しいかも♪ 使うのはカッコイイ男の子ポーズが嬉しいですけどねw

wallpaper_heart.jpg

全7種類。一組だけ組み合わせポーズがあります。
表情も少しついていますので、スライダーめちゃ使いの方は使える子に使ってください(笑)
SSはTumblrに投稿する物と同じです。

a_20131016014822cbb.jpg

c_2013101601482349c.jpg

d.jpg

この辺までは特に問題なし。

e_20131016014825fe4.jpg
こちらは膝がちょい・・・^^;
シムの膝をグイっと思い切り曲げると膝が崩壊するwwwそこが人間とは違う所(´∀`;)
出来る限りは修正したので(誤魔化した)見れない事はないと思います~

f.jpg
これ、手をポケットに入れてる感じが難しいwww
このSS撮影の後に少々修正してますが、不自然さは服や何か(笑)で誤魔化してちょ!

w.jpg
こちらは組み合わせポーズ。
何やってんの?(笑)知りませんwこんなモデルさんの画像があったので真似ただけ~w

ダウンロードはこちらから↓
◆DOWNLOAD◆

ダウンロード等、確認済みですが何か問題が御座いましたらご一報下さい。
ブログ等で利用される場合のクレジット等はお気になさらずにどうぞ♪

お楽しみ頂けたら幸いです(b゚v`*)ありがとうございました!


テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

•調査兵団Act.3「巨人現る!」他

Category: プレイ日記 > 進撃シムズ   Tagged: シムズ3  進撃の巨人シムズ  
どうもです!今回は進撃シムズですv(`ゝω・´)
そうだ!今日は団長のお誕生日らしいです!!!おめでとうございま~す!ヽ(^◇^*)/

その前にお知らせ。
私も副管理人として参加させて頂いてる、FC2 シムズ3 コミュニティにて、第四回イベントが開催されます。
管理人さんはLes Amoureuses sims3のloveflower888さんです^^

今回のテーマは 「童話の世界をシムで再現してみよう!」です♪
作品発表:10月25日(金)~10月31日(木)

FC2のアカウントがあれば観閲のみでも可能です。観閲はこのブログのTOPページ「お知らせ」部分にリンクがあります。
コミュニティへの参加は随時受け付けておりますし、参加しいてもイベント参加必須ではありませんので
興味のある方は如何でしょうか^^
運営サイトがFC2でない方も、サブ的にFC2にアカウントを作って参加されている方もおられますのでその辺は
何か分からない事があればお聞き下さい。

私もそろそろイベントの準備を始めないとな~・・・ギリになって焦ってしまう(^^;)
同じテーマで皆さんそれぞれのアイディアで素敵なSSをご披露されるので楽しいんですよね!
その時期になったら、イベントで作成した内容をこちらで改めて詳しく記事にしたいと考えています♪(自分の分ね)




では、進撃シムズで~す(*´∀`*)


今回はですねー!ずーっと欲しい欲しい欲しい・・・と思っていた、調査兵団マントを配布して下さった方がおられて
喜び勇んでプレイしてきましたよー!(≧∇≦)
DL先は、他の進撃関係CCも合わせて記事末にてご紹介します^^


1_20131013231608b78.jpg
ジャーーーーン!!!(ジャンじゃないよ、兵長だよw)
巨人(爆)出現!!!!!


2_20131013231609905.jpg
15メートル級くらいでしょうかw 人類最強に掛かれば赤子も同然。。。v(`ゝω・´)


3_201310132316107ed.jpg
駆逐完了! きゃー素敵ー!リヴァイ兵長~~~!!!(笑)
巨人はシムをでっかくなるOMSPに乗っけましたよ♪ 一度はやっておかないとね(*^-^*)


4_2013101323161181f.jpg
あ~・・・某公式イラストを再現してみようかと思って挫折したポーズです(´∀`;)
色々無理があったw
一番無理があったのは、シムが行けないエリアに無理やり行かせて(力技w)ポーズ撮影した事(爆)
エレンとミカサも参加予定だったけど、兵長だけで力尽きた・・・orz


5_201310132316128a1.jpg
今回は兵長と団長に華麗なる乗馬をしてもらった!
馬の目が死んでるのは仕様なので気にしない!(笑)


6_20131013231631d70.jpg
颯爽と駆ける兵長と団長が素敵です~(´ω`)
マントがいい味出してるんだ~><これはたまらんwww


7_20131013231633fbe.jpg
マントを羽織った事で、壁外調査(じゃないけど)の雰囲気がビシバシ出てると思うんだ!見惚れる!←///


9_2013101323163643c.jpg
じゃーんぷ^^




10_20131013231637994.jpg
さて!他の方達も遊んでもらおうと集合かけたら、ハンジさんが牛草クンと戯れていらしたので待ってたんです。
・・・そしたら食われたよね!(爆笑)
流石人類の奇行種・・・(´∀`;)らし過ぎる行動に笑ってしまったw

瑛の時は吐き出されたけど、今回は死んじゃう?死んじゃう?と、見守ってたら・・・


11_201310132317099eb.jpg
吐き出されたよwww
「お前みたいな『無精者』は臭くて食えん!」みたいな事言われたwww
良かったね、ハンジさん^^;


12_201310132317108d3.jpg
ここからはゆるゆるとお留守番組に水風船投げでもして遊んでもらおうかと♪


13_20131013231711e24.jpg
アルミン、新しい髪型を当てさせて頂いてリニューアルしましたヽ(^◇^*)/ アルミンヘアーの再現率高い!


14_20131013231712e45.jpg
ハンジさん・・・緑の煙が出てますぜ・・・(^^;) 何徹ですか?(笑)


15_20131013231713ce7.jpg
ミカサに狙われまくるジャン!良かったじゃん!(爆)


16_201310132317420a3.jpg
余裕かましてたエレンもミカサに撃墜されたwww


17_20131013231743579.jpg
何だか楽しそうなので、兵長と団長も参加ー!
この遊びの時のシムの表情が緩みすぎててとても兵長の顔をお見せする事ができませんwwwww
兵長はそんな顔、しない。


18_20131013231744a6f.jpg
ミカサ、兵長の躾を食らう(笑)人類最強にはまだ敵わないようですw


19_201310132317452a0.jpg
兵長がハンジさんを狙う!!!


20_20131013231746993.jpg
ですよね(笑)分かります。


21_201310132318026d9.jpg
職権乱用ヴィン(無理やりwww)


22_20131013231806e99.jpg
少しだけ、楽しそうな兵長の顔も/////


23_2013101323180726c.jpg
この顔を見て、『ゲスミン』が頭を過ぎってしまったwwwアルミン可愛いよーヽ( ´¬`)ノ



進撃ネタなので進撃の雑談を少し。
アニメは一期が終わりましたが、コミックは12月に12巻ですね!
コミックで纏めて読みたい派なのでマガジンは読まずに我慢していますw(半分位は:笑)
それより気になるのが別漫画家さんのスピンオフ!「リヴァイが人類最強にどうやってなったか」みたいな!
プロローグが掲載された11月号は入手困難になるほどで、12月号に再録されるそうな。
1月号から本格連載開始。。。すげえ読みたい><
コミックになったら買うよ~買うともさ~~~~



さて、私が進撃シムズで使用させて頂いているCCの配布先を紹介させて頂きます^^
髪型は兵長・団長アルミン以外、DL先があっちゃこっちゃ&進撃用という訳ではないので割愛します。


・アルミンヘア・兵団服数種・ブーツ
YSstudio
・兵団服数種・ブーツ・ハンジさんメガネ(ゴーグル)
Sakura Sims
・リヴァイ兵長ヘア
KEWAI-DOU
・立体起動装置・お掃除グッズ・巨人スキン
あいす☆BOX
・アニ兵団服
HAL'S ARCHIVE
・エルヴィン団長ヘア・調査兵団マント・立体起動装置
バケツ

素晴らしいCCを作成・配布して下さってありがとうございます!製作者さんにはいつも感謝です^^

進撃シムズのコンテンツはコメント欄は閉じさせて頂きます。
何か御座いましたら拍手コメントからお願いします^^



テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

29.動心

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  
いつもご訪問ありがとうございます!拍手コメント等も全てありがたく拝見しております。
拍手コメントに関しては、ここでお返事が必要そうなもの以外は直接お返ししたりしなかったりになりますので
お返事が必要な場合はそう明記されるかコメント欄からコメントくださいませ^^


さて、前回マスターも言ってたようにですね、メロさんが主人公のクセにどうにも陰気臭いので(苦笑)
今回違う髪型使ってみました。

今回もSS70枚程になっておりますので、お時間のある時にでもゆっくりご覧頂ければ幸いです♪





1_20131009212639532.jpg
「ちょっと・・・グレンお水をちょうだい・・・」
「あ・・?マスターなんだよ。どうしたんだよ?」


2_20131009212640e48.jpg
「アニス・・・恐ろしい子っ!・・・二度とあの子と二人で飲みに行ったりしないから・・・!」


3_201310092126412ec.jpg
・・・何があったのか聞かないでおこう。




そんな日々も過ぎ、約束の一週間が経った。
心配してくれるマスター達も一緒に、ジュールの居る家へと帰る。



4_2013100921264298e.jpg
「ジュール・・・さん?帰りましたよ。開けていいですか?・・・ジュールさん?!」

ジュールさんの返事が無いので私は焦る。

5_20131009212643f5e.jpg
「ジュールさん・・・開けますよ・・・?」


6_20131009212657d0f.jpg
「ジュールさん・・・」


7_20131009212658e70.jpg
「・・・ジュールさん!!っグレンさん!ジュールさんが倒れてて・・・!!!」


8_20131009212659bed.jpg
「どうした!!おいジュール!生きてんのか?!」
「ちょっと・・・」
「おいジュール聞こえてるか!!!」


9_20131009212701b95.jpg
「・・・・・・・グレン・・・」
「おい!」







「腹減った。」
「あ?」

10_20131009212702671.jpg
「良かった・・・。大丈夫のようですね。」
「そうだな。」


11_201310092127215ed.jpg
「ふぅ~・・脅かしてもう!」
「彼はなんとか乗り切ったようだね。」

ジュールさんはなんとか薬の後遺症から抜け出す事ができたようだった。
完全にではないだろうけど、ここから先はゆっくり以前と同じ生活に戻れるように皆で支えてあげていけたらと思う。



12_20131009212722422.jpg
「凄いご馳走だね。俺、体重落ちちゃったからいっぱい食べ・・・・?」
「ジュールさんはまだ病み上がりだから、消化のいい物を・・・ね?」


13_2013100921272439c.jpg
「えー?マジかよ俺これ食おうと思ったのに・・・」
「ジュール、みんなあんたを心配してるんだから言う事聞いときなさいな。」
「そうだよ、僕達は君の生還を祝ってワインで乾杯させてもらうけどね。」

「・・・分かったよ。今日は我慢しとく!」


14_2013100921272615d.jpg
「・・・俺さ、まだちょっと頭がごちゃごちゃしてるけどさ・・・」


15_20131009212731e75.jpg
「みんな・・・悪かった。ありがとう・・・。迷惑掛けた・・・ね。
 俺、人にこんなに心配してもらったり良くしてもらったりは初めてだ・・・」


16_20131009212749bad.jpg
「 上手く言えないけどさ、・・・凄く嬉しいって思うよ。」

温かな仲間に囲まれて心が穏やかに感じるこんな一時。
俺の知らなかった世界。
まるで産湯につかる赤子のような気持ちなんじゃないだろうか。
悪くないって今素直に思えるよ。
ありがとう。。。。。

17_2013100921275086c.jpg
「良かった・・・」
「メロったら・・・泣くんじゃないのよ。もう・・・本当に陰気臭い子ね!」



19_2013100921275639e.jpg
「良かったわねグレン。あんたの尽力も無駄にはなっていないわよ・・・」
「・・・ああ。」




20_20131009212757bb9.jpg
「それじゃああたし達は帰るわね。グレン、これからの事、一度きちんと話しましょう。」


21_2013100921282237f.jpg
「ああ、分かった。悪かったな、休みの日に。」
「お二人ともありがとうございました。」
「ほんと、心配してもらってどうもあり・・・」


22_20131009212827daf.jpg
「ジュール君、先ほど話したように僕は心療内科医だ。これから以前のような日常生活を送る中で
 何か違和感を感じる事が君の気持ちの中でまだ起こるかもしれない。
 もう少し少し落ち着いたら、一度僕の所へ話をしにおいで?」


23_2013100921282862d.jpg
「あ、うんありがとう。よく知らないのにあなたにも迷惑を掛けて・・・」
「はは、君のような可愛い子なら大歓迎さ。いつでも連絡・・「ラルフ!!!」


24_20131009212830bf7.jpg
「あなたってばそんな事言って!また若い子にちょっかい出そうって言うの?!」
「ははは。そんなんじゃあないよ、勘ぐりだよ・・・」

『『『また・・・?』』』










25_20131009212832554.jpg
「メロ、グレンは?」
「あ、グレンさんは音楽事務所の方とお話があるとかで出掛けましたよ。」


26_20131009212849cc9.jpg
「そうか。」
グレンともちゃんと話さなきゃなんないな。

「なぁメロ、ちょっといい?」
「はーい・・・?」




27_20131009212851f62.jpg
「メロ。」
「どうしたんですか?ジュールさん。」


28_20131009212852a60.jpg
「俺の事でいっぱい迷惑・・・心配掛けちゃってごめんな?怖い想いもさせたよね。
 本当にごめん。俺の事・・・嫌になったよね?」


29_20131009212854bd8.jpg
「ジュールさん・・・何言ってるんですか。そんなの薬のせいだしジュールさんが悪いんじゃない。
 私、ジュールさんには感謝してる事がいっぱいあるんです。迷惑だなんて思ってませんよ。
 それに私・・・何もしてあげられなかたんだもん。私のほうこそ・・・ごめんなさい。」

「メロ・・・・・」


30_20131009212855d36.jpg
「あっ・・・?」
「手首、痛かったよね。ほんとごめん・・・おれ、あの時おかしくなっちゃってて・・・」
「いえ、あの」


31_20131009212925d3f.jpg
「わ、分かってますよ!全然大丈夫ですから!・・・あの、その、えと・・・」
「・・・・・そう?なら良かった。」

ジュールさんの人懐っこさなんだろうけど、こういう距離感にはドキッとしちゃう。


32_20131009212927bb0.jpg
「メロは優しいね。『お母さん』みたいだ。」

俺には母親は居るけど理想的な母親じゃないから。
メロみたいな『お母さん』だったら子供は幸せなんだろうなとふと思ったんだ。


34_20131009212928bfd.jpg
「お母さんって・・・せめてお姉さんにして下さいよ~!」
「ん?ああ、まあそうだね。」


35_20131009212930e21.jpg
「・・・ってあれ?そう言えばジュールさんはお幾つですか?グレンさんは25歳だって言ってましたけど。」
「メロは幾つ?」
「私は・・・26になりますけど・・・。」

「そうか、俺は23だよ。なんだ、俺が一番年下なんだ。じゃあメロ敬語やめなよ。」
「あ、はぁ・・・グレンさんにも言われたんですけど急にはなかなか・・・でも善処します!」
「やっぱ・・メロはお姉さんだったね。」


36_2013100921293131f.jpg

「・・・いや、やっぱお母さんもお姉さんもダメだ。」
「え?なんでですか?」


37_20131009212945c5b.jpg
「・・・・・。何でもないよ・・・。」
「はあ?」


38_201310092129470c0.jpg
「あのさ!・・・メロと居ると安心する。俺、他人の事なんてどうでもいいって思ってたけど
 メロには嫌な思いはさせたくないって今回思ったよ。グレンもだけど・・
 そんで一緒に居ると楽しい。だからずっと一緒に居たいと今は思うよ。いっぱい楽しい事を一緒にしたい。」


39_20131009212948ceb.jpg
「そう・・だね。私も二人と居るのが凄く楽しい。また一緒に楽しく過ごしていけたらいいよね。」
「?!」


40_201310092129504b9.jpg
「・・・メロ、口調・・。それ不意打ち。ちょっとドキッとしたじゃん。」
「ふふふ。頑張ってみました!」













40_20131010225806acb.jpg
「それではもう活動を始めてもらって構わないんだね。」
「はい。待ってもらってすみませんでした。仕事のスケジュール組んでもらって構わないです。」


41_20131010225808f36.jpg
「うむ。君はバーテンダーの仕事をやっていたようだが、そちらはもう辞めたのか?」


42_20131010225810c23.jpg
「いや、あの仕事は辞めない。こっちの仕事の依頼はきっちりこなすので問題はありません。
 もらった金に見合った仕事はちゃんとする。だけどバーテンは辞めません。」


44_201310102258128af.jpg
「そうか・・・。そんなに甘い業界ではないんだがね。まあこちらの仕事に支障が無ければ取り敢えずは許可しよう。
 そうでなければ指示に従ってもらう。いいね?契約した限り、君はうちのものなんだ。」

「分かってる。何でも指示された仕事はこなします。」

「よろしい。取り敢えずは単発であちこちのバンドのサポート的にステージ演奏してもらう事になるかな。」
「何処へでも。」


45_201310102258139ca.jpg
「・・・うちの事務所でどうにもギターの弱さがネックで売れ伸びないバンドがあるんだよ。
 ボーカルその他は売れる素質は持っているんだかね。君の演奏との相性を鑑みて、そこに
 加わってもらう事になるかもしれないと覚えておいてくれ。」


46_2013101022583574a.jpg
「バンド・・・」

正直めんどくせえ。他人とグループ組んでの演奏をこの俺に・・・?
だが大金をもらってる手前、そんな我侭も言ってらんねえ事も分かってる。

「いいね。」
「了解。」










48_201310102258386b5.jpg
「よお。」
「あ、お帰りなさいグレンさん!お仕事の話・・・どうでしたか?!」


49_20131010225843aed.jpg
「ああ、どうでしたも何もねえけどな。金もらって契約した分の仕事はするってだけだ。」


50_20131010225844e06.jpg
「なんだか・・・お疲れのご様子ですね・・・。」
「堅っ苦しい雰囲気も堅っ苦しい野郎も苦手なんでな。・・・ギターが云々じゃあねえから心配すんな。
 で、ジュールはどうした?」
「はい。あ、・・・大丈夫です、元気ですよ。でもまだちょっと弱ってるから早めに休んでます。」

「そうか、お前ももう休めよ。待っててくれたんだろう?」

52_20131010225912dc8.jpg
「いえ・・・はい。」

グレンさん、ギターを弾く仕事が嫌な訳じゃないって言ってた。
だけど・・・無理をし過ぎなければいいけど。









53_2013101022591339a.jpg
床に就く頃に、屋上からギターの音色が聴こえてきた。グレンさんのギター。



54_20131010225914a4b.jpg


55_20131010225915ccb.jpg



56_201310102259164ff.jpg
とっても安らかな気持ちになる音色。
グレンさんがギターを弾くのが嫌じゃない、いえむしろ好きなんだという事が伝わってくる音色。
・・・・・良かった。


57_2013101022594576e.jpg
・・・グレンがギターを・・・?






58_20131010225945a3c.jpg
「グレン。」
「・・・お、悪い。起こしちまったか。」


59_201310102259465a5.jpg
「続けてくれよ。俺、お前のギター聞くのが好きだって言っただろう。でもまあちょっと休憩してくれていいや。
 グレンともちゃんと話がしたかったんだよね。」
「おう、何だよ。」
「ん・・・」


60_20131010225947ec4.jpg
「・・・ま、お前の言いたい事は分かってるさ。『お前のためにやったんじゃねえ』なんて
 言ったってしょうがねえしな。礼は素直に受けてやるよ。」

「・・・っは、まだ何にも言ってねえっつうの。だけどそうだ、ありがとうグレン。
 ギターに関しては俺の希望でもあったから何も言う事は無いね。グレンだって弾きたかったんだろう?
 分かるよ俺には・・・」

「・・・そういう事にしといてやるよ。」


61_20131010225949138.jpg
「ただ、金に関しては・・・本当に悪かったよ・・・。お前がジゴロまでして貯めた金を叩いてまで俺を・・・」
「おい待て!てめえ喧嘩売ってんのか?!・・・ったくよぉ・・・」


63_201310102300193c6.jpg
そう言って笑うグレンはめちゃくちゃカッコ良く見えて俺はちょっと嫉妬した。

「男だねぇグレンは。お前もっとちゃんとしたらいい男なのに勿体無いね。」
「お前なぁ・・・。だが勘違いすんなよ?」


64_20131010230020164.jpg
「は・・・?」
「誰があの金くれてやると言った?きっちり返してもらうぜジュール。」
「え・・・ああ、そう・・・ね。」

は・・・それでこそグレンだよな。


65_2013101023002112d.jpg
「だけどなぁ、俺どうやって金稼ごう?もう男娼は辞めた方がいいだろ「当たり前だ馬鹿が!」
「その辺の事は既にマスターと相談済みだ。近いうちに会いに行け。」
「マスター?俺にもあのバーで働けと?」


66_20131010230022d12.jpg
「お前は俺に借金してる事を忘れるな。俺の言う通りに働いてもらうぜ。汗水たらして働きアリのようにな・・・」

こいつ・・・怖い!


67_201310102300388b1.jpg
「・・・じゃ・・・病人は大人しく寝ますんで兄さんは演奏続けて下さい。」


「おいジュール!」
「・・・?」


68_2013101023003928b.jpg
「俺はお前に感謝してるんだぜ。もう一度ギターを握る事を後押ししてくれたんだお前は。
 お前が居なかったら二度とギターを握る事はしなかっただろう。サンキューな。」


69_20131010230041598.jpg
「・・・・・」


70_201310102300425d6.jpg
だから、男前過ぎるってんだ。馬鹿グレン。

「ああ、じゃあお互い様って事でな。」










71_20131010230043dcd.jpg

「・・・くそっ・・・!なんで俺がっ・・・!こんなの俺を陥れる陰謀だ!そうとしか考えらんねえ!・・・なんで俺が・・・」
「マックス・・落ち込むなよ。その通りだよ・・。お前は何も悪い所なんてねえし!」


72_20131010230100096.jpg
「ガイ・・・俺悔しいよ・・・!」
「マックス・・・」


73_20131010230102c5b.jpg
「俺は認めねえ!!!」


NEXT→30





はいどうもです~(*^-^*)
今回からちょっとずつ新展開へ突入!で、詰め込み過ぎちゃったかな?
ラストで新キャラさんも出てきましたが、詳細は聞かないでネ(笑)でも感のいい人は分かりますよね^^
次回以降にご期待下さい♪

今回もご観閲ありがとうございましたー!



テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

【GS chapter152】何気ない日常②

Category: プレイ日記 > GS世帯   Tagged: シムズ3  sims3プレイ日記  ときメモGS  
続きです。
今回のタイトル、確か結構以前にも使った気がするけど気にしない(笑)

26_201310061524063a1.jpg
さて、暇さえあればロマンチックコマンドコンボ指示のピンクップル。
こんなに↑愛しちゃってる(のか?)のに願望が(以下略)・・・
出るのは「金持ちと友達になりたい」だの「魔法(色々)かけたい」だのそんなのばっか・・・w


27_2013100615240771d.jpg
ありとあらゆるロマンチックコマンドを駆使してるんだがなーw
右京は「正気でない」からしょうがなのかもだけど、いちごからも出ないのはどういう事~?
「超ロマンチスト」仕事しろー!諦めない!諦めないんだからっ!

だって恋愛始めたのは君達でしょう?先に進みたくないというアピールなの?
せっかく母がOK出したというのにまったくよぉ・・・


28_20131006152419da3.jpg
すごーい早くに(深夜二時とか)に起床しちゃったオレオちゃんにはGSリゾートの様子を見に行ってもらった。
タワーのアップグレードとか、客レビューで文句言われてた箇所の改善を。
バーテンダーさん、ドリンク飲ませておくれ~♪


29_201310061524209dc.jpg
一流(っぽい)パフォーマンスで出来上がったクソマズイカクテルwwwひっどいわぁ~(笑)


30_20131006152421d73.jpg
仕事終わりに兄さんも呼んで、スイートルームにお泊りしてもらう事に。
たまには一人でのんびりもいいでしょう^^・・・一人で(侘しいなw)


31_201310061524231df.jpg
翌朝、仕事で読むよう言われた本を読む兄さんにahiruさんが写メ待ち。
セレブは人気者だね!


32_201310061524250a6.jpg
家。
可愛いなぁ(*^m^*)


33_201310061524405d5.jpg
今日もピンクップル計画は進めます。
ビストロで同じテーブルにちゃんと座っちゃうくらい仲がいい・・・はずなんだけどなぁ(´∀`;)


34_201310061524422bd.jpg
家。
色気づいてる人妻あた子さんを放置しておくのは忍びないので、睦月と(でも)スパーリングして色々発散しておくれw


35_201310061524439e7.jpg
睦月=レベル10 あた子レベル=7 やっぱり睦月には勝てなかった。ちっ
しかしレベル10でスコア2-1というのも如何なものでしょうかねぇ?


36_20131006152444fc3.jpg
アヒルちゃんのオマルに変えたので可愛くてパシャ(*´ω`*)


37_20131006152446f61.jpg
はい、りぐさんいらっしゃいまっせー!


38_2013100615250819d.jpg
相変わらず気の多い方のようで・・・(シムさんがです!爆)


39_20131006152510b9e.jpg
世帯外のシムさんに口説かれるのは久々だなぁ~^^推奨します!ウエルカムですよ!


40_201310061525119f2.jpg
お気付きかとは思いますが、世帯の子も町のお友達も、少しずつ衣替えしてま~す^^
葉月さんがやたらと他人に魔法をかけていたので焦ったけど、全部がいい魔法(名前忘れたw)でした。


41_2013100615251288a.jpg
君達は時間的に行動パターンが一緒なので、もっと仲良くなれると思うんだ(*^-^*)
ミルちゃんが将来何になるかって?そりゃお嫁さんだよお嫁さん^^(えw)


42_20131006152513cc8.jpg
セバスちゃんも家事をしっかりやってくれてありがたい。
本当の執事じゃないけど、執事的役割はきっちり果たしてくれてますね。偉いぞぉ~^^


43_20131006152526075.jpg
賑やかな事はいい事だ!見ていて楽しいよ♪
やっぱり私、14人くらいは問題無いわ(笑)


44_20131006152527f85.jpg
ほら、ちゃんとこういう決定的瞬間は見逃さないんだぜ(爆)
って、おーーーーーいwww
確かにずーっと「~の魔法(段々邪悪な物へ移っていった)をかけたい」って願望出してるのを無視してたけど^^;
我慢できずに右京にやっちまったのか?!「炎弾」を・・・( ̄▽ ̄;)


45_20131006152528c4f.jpg
多分ね、後ろに居る「私(勇敢持ち)」が消しに駆けつけてくれたんだと思うの。
けど先にいちごで「氷弾」で消しちゃったよw死なれたら面倒臭いからw


46_20131006152529a2a.jpg
因みに、「私」がこの男性に口説かれていたようなので様子を見守っていたのだけれど・・・
思いっ切り玉砕させてました(笑)流石というか・・・w自由に恋愛してもらっていいんだけどね。
まあできたらお友達さん所から来てるイケメンさんとしてもらえたら尚喜ばしいですがねw


47_20131006152531b8d.jpg
うん。このティーンな坊ちゃんが地味に気になってたよね(笑)
なんで来たん?ぽっちゃりしてて可愛いぞぉ(*´∀`*)


48_20131006152544e57.jpg
りぐさんお決まりの(笑)カメラ目線で葉月さんと談笑。りぐさんもサウナ好き?^^


49_20131006152545dd1.jpg
メンバーチェンジしても談笑。ふやけるぞい(笑)

そうそう、世帯の暇人(セバス・あた子・いちご以外)はみんな付いて行かなくていい仕事に就きました!
みんなして暇してられると張り付いてるのも大変なんだw
何のキャリアかはその内テキトーにレビューで出てくると思います。


50_20131006152547c79.jpg
えーーーーー!!! やっぱり王子キラーは王子を狙うのか(^^;)
だから旦那が目の前で見てるから・・・w
琉夏もそんなに怒らないし(え)、いいんだけどさぁ・・・私止めるし・・・。
一応謝っておこうと思うんだけど「謝罪する」コマンドが出ないんだよね。
「キスして仲直り」は出るんだけど、これって確か恋愛対象になる=離婚っていう罠なやつだよね?

悪い事をしたと思ってないのか琉夏が気にしてないのか(笑)
まあ指示してイチャコラさせて円満夫婦でいてもらっております。桜井夫婦は守ります!
いや、夫婦仲いいんだよ本当に(´∀`;)
こうなってくると、瑛君もさっさと彼女持ちにならないとね!って話よね。
四女ちゃんからは電話が来てました^^


52_201310061525488df.jpg
さて!琉夏クンは研修医になったよ!^^カッコイイわぁ~(〃∇〃) →久々なので親バカご勘弁下さいw
医者は多少付いてなきゃいけない場面もあるしスケジュールきついけどお母さんに任せなさい(笑)


という事で、今回はフリーズも無く順調にプレイできて楽しかったー!
ピンクップルよ、いい加減にしなさい(爆)

ストーリーの方は、新展開に向けて新しいキャラを作ったりとまだちょっと掛かりますね。
準備しつつ、こちらのレビューを進めていこうと思います^^
進撃も兵長に会いたくなったらプレイしてくる♪

ではまた次回~!

NEXT→153

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

【GS chapter151】何気ない日常①

Category: プレイ日記 > GS世帯   Tagged: シムズ3  sims3プレイ日記  ときメモGS  
またしてもお久しぶりですGS世帯です!(言い訳はしないw)

今回久しぶりにプレイしたらね~、やっぱりGS世帯の子達が可愛くてヤバかった!(*´∀`*)
なんらかの『目的意識』が無いとどうにもプレイが捗らないと前回も言っておりましたが、
今回は「みんな可愛いね~^^」をメインに(笑)、【ピンクップルをどうにかしよう!作戦】続行で参ります( `≖ω≖´)✧キリッ


その前にちょっと雑談。

最近FC2の足跡やシムサーチさんからふらっとお邪魔したサイトさんで、ありがたくもこのブログをリンク
して下さってる所を見つけたりします。誠にありがとうございます(*^-^*)
シムズ関係であれば足跡を付けて下さったサイトさんへは毎回お邪魔しております♪

もし「初コメ緊張してコメントできない~><」と思われてる該当サイトの管理人様、良かったらお声を
お掛けくださいね^^(コメントではなく一言挨拶でも何でもいいので)
そこからほら、交流の輪が広がったら楽しいじゃない?^^
自分から行かずにごめんなさい(´・ω・`)初ご挨拶にはちと思う所ありましてw
ともかくですね、色んな方と楽しく交流したいというのはブログを運営してる理由の一つです♪
みんなで楽しくシムズブログを運営できたらいいよね!^^


はい!では参りましょう♪ 今回長めにプレイしたのでSS多いです。
二記事に分けても結局見てもらうなら同じ事のような気もするけど、一記事が長いと疲れるのかな?
一応分けます。一個目の方はコメ欄閉じときます。




1_20131006152246c8c.jpg
えっとね、世帯分けしてたGS世帯をやっぱり一つに統合しました!(14人)
だって・・・気になっちゃうし色々不便なんだよぉw
3階建にしなきゃ無理かと思ったけどなんとかなった!


2_2013100615224763d.jpg
ほら、ピンクップル。放っておいてもラブラブなんだぜ~?
なのに何故・・・お互いに関する願望を出さない?!ムキーwww


4_20131006152248879.jpg
あ・・・れっ?!(爆笑)
何してんのwww兄さん、むっちゃんに鍛えられてる(バレエ)・・・・・(´∀`;)


5_20131006152249d54.jpg
るっかーーーーー!!!(*´∀`*)ルアちゃんも! 金髪親子も久しぶり♪癒される~///


6_20131006152250b82.jpg
オレオ(義兄弟)とも仲良しだね!この世帯、兄さんと右京以外(w)の男子は仲良しで微笑ましい^^


7_2013100615230533e.jpg
奥様、なんて顔(笑)


8_20131006152306d1c.jpg
琉夏がボールを強く投げたのかな?うん、あた子さんは逞しいので大丈夫です(笑)


9_20131006152307f1c.jpg
奥様!パンツ見えちゃう!(*´∀`*)(見えないけどねw)


あーみんな可愛いなぁ・・・癒されるよほんと^^


10_20131006152308fd4.jpg
久々だとね、こういう何気ない光景(幼児と幼稚が共に遊ぶw)も見てるだけで楽しい♪


11_20131006152309d23.jpg
こやつの変顔率は何故にこんなに高いのか?!(笑)


12_20131006152321d0f.jpg
そしてドヤッ!(ピザ作ってた) ・・・イラッ


13_20131006152322912.jpg
兄さんも久しぶりー!ヽ(^◇^*)/
黒髪ズはサウナ好き過ぎるw特に兄さん。オヤジか?オヤジ化?(笑)


14_20131006152323e84.jpg
そうそう兄さんといえばこちらのCazyさんの髪型がね、分け目とか兄さんのヘアと一緒で
チェンジしても違和感無いんじゃない?って思ってたの。どうだろう?
似合わなくはないよね^^飽きるまで使ってみよう♪


15_20131006152324aa0.jpg
広いバスルームは社交の場となるのである。


16_20131006152325fbb.jpg
白君が・・・・・なんだか寂しそうで切なそうで・・・(´∀`;)
誰かと交流しようぜ!


17_201310061523400a8.jpg
って思って兄さんに話し掛けさせたのに、日頃のストレスを兄さんにぶつけてらしたwww
「良いシム」なのに・・・^^;


21_20131006152344b2b.jpg
パラダイス島ではなくなって、影の薄くなりつつある瑛君w
ビーチに放置で勝手にお仕事頑張ってました!でもライフガード辞めました!
だってね、ライフガードってCASに出入りするのにすんごい時間掛かるんだよ!往復10分は掛かる。
お試しで辞めてからCASに入ったら時間掛からなかったから、多分そうだと思うの。多分ね。
もういいや、ライフガード(笑)


22_2013100615234633b.jpg
世帯人数多いとね、見張ってられない時に困った事が起こったりする。
でもカメラを向けたら丁度その現場だったりするから自分凄いなって思ったりもする(笑)

いやいや、そういう事ではなく^^;あた子さん・・・;あなた『硬派』入ってるのにな~ぜ~www
琉夏が近くに居なくて良かった・・・良かった・・・・・・・


23_201310061524001f0.jpg
と思ってたのにしっかりバレて~らwww


24_20131006152401c34.jpg
困った事にあた子さん、珪さんだけじゃなんです・・・
瑛君もターゲットにw
流石元王子キラー(´∀`;)・・・なんて言ってる場合ちゃうw
けどまあ・・・琉夏をなんとか上手く誤魔化して(ひでえ)やっていきましょうかね・・・。なんとかなるさ。


25_20131006152402c22.jpg
子供達は平和です(*^-^*)
この二人も少しずつ仲良くなってきたなぁ~♪
卯月の成長計画もおいおい・・・


一旦切ります。

NEXT→152



テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

【Kiss pose set 01】配布

Category: Download   Tagged: シムズ3  ポーズダウンロード  sims3  pose  
お久しぶりにポーズセットの配布です♪

最近ストーリー用のポーズばっかり作ってたので、配布用のちゃんとしたやつ(笑)が作りたくなりました。
ちと自分的に”萌え”不足気味なので・・・イチャコラカップルポーズにしてみましたwww

男性用のカッコつけポーズの方が需要もあるだろうし使い易いだろうと私自身も思います(^^;)
それはまた近々作りたいな。うん。

ではでは~・・・

1_201310021125380cd.jpg
今回のモデルさんはアジアンチックなイメージです(*^-^*)
男の子の方は、今月TOP画像のSSのために作った子。(使い回し)
女の子については特に言う事もありません(笑)


2_2013100211254375f.jpg
一つ目のセット。
これ、男性の角度変えても使えたりするはず。(足は埋まるけど)


3_2013100211254476b.jpg
アップ。


5_20131002112546e8e.jpg
二つ目。


6_20131002112604d9e.jpg
アップ。


7_201310021126057d7.jpg
三つ目で、がっちりチュー。


8_201310021126060b0.jpg
あ、もうちょっと男の子を手前にずらすとブチュってなる(笑)


9_20131002112607415.jpg
四つ目ー。


10_2013100211260890b.jpg
女子がロングヘアだと男子の顔が隠れますw
なので女子をショートにしてみたSS。


11_20131002112623602.jpg
女の子の方はこんな表情。

ダウンロードはこちら→  ◆DOWNLOAD◆

以上です!
使い勝手がいいのか悪いのかよく分からないけど・・・何かの際にお使い頂ければ光栄です^^

※シム同士がかなり密着するポーズなので、体にカスタムスライダーを使っているとズレます!
 顔も小顔にし過ぎているとズレます!

ズレた場合は位置調整して上手い事撮影して頂いても結構です(笑)


何か不具合等御座いましたらご一報下さい!


―追記―
おっと、前回のストーリに拍手コメント下さった方々ありがとうございましたー(*´∀`*)
今回は個別返信はしませんが、とても励みになっております!本当にありがとうです!
拍手のみの方もとても嬉しいです^^

拍手コメントはその時に状況の応じてお返事したりしなかったりになりますので、
お返事希望の方はコメント欄からコメント頂けますと、きちんとお返事致します。ご遠慮なくどうぞ^^
お返事不要の方は拍手コメントからで全然構いません。
皆様に感謝!


テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

« »

10 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。