mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.グレン②

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3ストーリー  
1_20121130214449.jpg
「グレン!仕事上がったの?」

「・・・リラ・・ああ今日は上がりだ。」



2_20121130214450.jpg
「今日はうちに来ない?約束無いんでしょう?」



3_20121130214451.jpg
「美味しいパスタのお店見つけたんだ!ご馳走するから一緒に行こうよ!」



4_20121130214452.jpg
「・・・悪いけど、今日は昼もバイトあって疲れてんだ俺。また今度誘ってくれ。」
「え~!そうなの~!残念~・・・じゃあ・・・また今度絶対ね!」


泊めてくれると誘ってくれる女はありがたいが、そう頻繁でも疲れちまう


5_20121130214453.jpg
何処かへ泊まる訳ではない日、俺は店のこの休憩室で寝泊りしている
家が無くたって男一人くらいなんとかなるもんだ



「グレン。」


6_20121130214506.jpg
「・・アニス・・お前も上がりか。」
「ちょっと~!何よ今日はここで寝るって訳~?」



7_20121130214508.jpg
「・・・今日は昼に体力使うバイト入って俺クタクタなんだよ。わりぃが相手できねぇ。」



8_20121130214508.jpg
「な~にジジ臭い事言ってんのよぉ~・・あたしが元気にしてア・ゲ・ル・♪って!」

こいつはいつでもこうだから付き合ってられない
・・・体が持たねぇよマジで



9_20121130214509.jpg
「いや、今日はマジで・・・ここで寝るか・・・」
だってね!あたし住むとこ替えたのよ!最上階なんだから!」



10_20121130214510.jpg
「・・・また越したのか?・・・」
「グレンにも見せてあげたいよぉ~!すっごく眺めいいんだから~!」

こいつはダンサーなんてやってるが、それは自分を『魅せる』事で快楽を得る為のただのお遊び
実家は大手製薬会社で金は有り余ってると聞いている
気分次第で住まいもコロコロ替える俺とは違う人種だ


11_20121130214523.jpg
「ねぇ~?いいじゃん行こうよぉ~。今日はグレンと一緒に居たいの~!」
こいつにとって俺は上級のオモチャらしい

こいつのそんな甘えはどうでも良かったが、新居に興味があったのは確かだ
”金”のあるやつにしか見る事の出来ない眺めってのは一体どんな物なのか俺は知りたい


12_20121130214524.jpg
「ね?行こ行こ♪」

「・・・ったく・・」








13_20121130214525.jpg




14_20121130214526.jpg
「ここ・・・かよ・・・」

アニスのマンションは、この町でもかなり大きな最近評判の新築のツインタワーマンションだった



15_20121130214526.jpg
「おーい!何してんの~?早くおいでよグレン~!」
「・・・おう。」





16_20121130214603.jpg




17_20121130214604.jpg
「あたしお風呂入ってくる!一緒に入るかい?」
「・・・いや、ちょっと一服するわ。」
「ふーんだ。」



18_20121130214605.jpg




19_20121130214605.jpg
「・・・なんとも贅沢な眺めだな・・・。」

世の中には、いやこんな身近にも、違う世界を持つ人間が居るっていうのはおかしな現実だな



20_20121130214606.jpg
何が違う?同じ人間なのに



21_20121130214619.jpg

俺には答えは解っている
「金」だろ、すべては



22_20121130214620.jpg
金があるやつは幸せで、金が無いやつは不幸になる
そんなのは世の常だ
俺は身をもってそれを味わってきた



23_20121130214620.jpg
信じられるものは「金」だけだ
金があれば出来ない事なんて何も無い
よく言う、金の無い「愛」やらがあったところで本当に幸せだと言えるのか?
俺には理解できないね 金が無い故に死んじまう事だってある  お袋のように


24_20121130214621.jpg
「グレンも入ったら~?特注のジャグジーだよ♪」
「・・・ああ。」



25_20121130214621.jpg
「・・・・・俺、マジで疲れてっから・・・期待すんなよ?」
「はいはい。いいから入っておいでよ~」



26_20121130214642.jpg
「最高・・・だな・・・」



27_20121130214643.jpg
金を溜めて何に使うのか・・・今の俺にはまだ判らない
でも俺は稼げるだけ稼ぐ


・・・それが俺の生きる目的だ



28_20121130214644.jpg
「おっかえり~ん♪ 最高だったでしょう?ジャグジー。」 
「・・・ああ。」



29_20121130214645.jpg
「・・・・・」



30_20121130214646.jpg
「・・・・・」




31_20121130214703.jpg
「・・・アニス。今日はやんねえっつったろ・・・」



32_20121130214704.jpg
「何言ってんの?あたしと一緒にこうして居るのに、そんな事言うなんて有り得ないよ?」



33_20121130214705.jpg
「・・・ま、そうくるわな・・・。」

こいつの快楽への執着には正直呆れるを通り越して怖いと思う事すらある
イカレてるよ・・・・・こいつ


34_20121130214705.jpg
「あたしは欲しい物を欲しい時に手に入れたいの。我慢なんてしないのよ。」

だがこいつのそういう生き方が、俺には羨ましくも思えるのかもしれない



35_20121130214706.jpg
「お前・・・変な病気うつすなよ?」
「何よ!それはお互い様だっての!」



36_20121130214723.jpg
「馬鹿な事言ってないでさ・・・楽しもう?グレン♪」















37_20121130214724.jpg
「・・・・・」



38_20121130214725.jpg
「結局朝になっちまったじゃねえかよ・・・」
今日も午後から仕事だってのによ
アニスが襲ってくる前に、店のソファに避難するとするか・・・

NEXT→06
関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer Entry6.立ち止まらずに

Older Entry4.グレン①

Comments



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。