mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.一歩

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3ストーリー  
1_20121205202534.jpg
「わっ・・・賑やかなお店・・・」



2_20121205202539.jpg
足を踏み入れたお店の雰囲気に私は圧倒されてしまった
大音量の音楽とお酒の匂い、それにネオンの灯り
私がこれまで行った事のあるお店とは全く違っていた


3_20121205202540.jpg
だけど、この時の私は新しい場所で新しい経験を一人でする事に少しだけ興味を惹かれていたようだ
・・・好奇心?



4_20121205202541.jpg
「あ・・・あの・・お任せで、お食事を・・頂けますか?」
「はい・・・かしこまりました。」



5_20121205202542.jpg
(この店には珍しいタイプのお客さんね・・・?)


6_20121205202646.jpg
「いただきます。・・・美味しい・・・。」
半日ほど歩き回った私はお腹が空いていたからか、はたまた珍しいメニューに刺激されたからなのか
出された料理を夢中で堪能した

家を出てから初めて美味しいと感じる食事だった


7_20121205202648.jpg
「・・・お客さん?ちょっとよろしくて?」
「っ!は、はい・・・?」



8_20121205202651.jpg
「お嬢さん、この店に遊びに来るようなタイプには見えないけど・・・お客じゃないんじゃない?」



9_20121205202652.jpg
「えっ・・・?それってどういう・・・」

「ちょっとグレン!そこの酔っ払いをカウンターから降ろしなさいよっ!」
「へ? 何処っすか、マスター」
「あんたねぇ・・・www」


10_20121205202652.jpg
「つまり!あんたは表の求人張り紙を見てやって来た!ズバリそうでしょう!」
「・・・・・ええ、まぁ見ましたけど・・・・・」
「あんたは仕事を探してる!」
「・・・・・ええ、まあ探していますけど・・・・・」


11_20121205202716.jpg
「やっぱりね!!!そして今うちは人手不足で困ってる!
 や~最近このお店人気が出ちゃって大忙しなのよね?それなのに先週2人も辞めちゃって困ってるのよぉ!
 ホントに最近の若い子ったら自分勝手にすぐ辞めちゃうんだから・・・ねぇ~?!

「・・・・・・・・・・はぁ・・・?」


12_20121205202717.jpg
「それじゃ!そうと決まれば着いていらっしゃいっ!」
「え、、、えええ?!ええええええええ?????」

なんだか・・・よく解らない事になってきた


13_20121205202718.jpg
「それじゃあこのロッカーに着替えが入ってるから着替えてちょうだい。あんたが使えるかどうか
 試しに働いてもらうわ。」
「働く・・・って・・あ、あの・・・」









「きやあああぁぁぁぁぁ!!!」    ビクッ!!!
14_20121205202719.jpg
「な、なんですか・・・」



15_20121205202720.jpg
「な、なんて似合ってるのぉ~~~?!今時そんな地味な格好をそこまで着こなせる子って
 そうはいないわよぉ~!!!」
「・・・それって褒めてるんですか?」



16_20121205202740.jpg
(なんだかおかしな事になっちゃったけど、やってみようか・・・)
これも何かの縁かもしれないし・・・
今の私にとっては、流れに身を任す事が最善の方法なんじゃないかとどこかで思う



17_20121205202742.jpg
「ふうん。あんたお上品っぽい感じだけど洗い物はちゃんとできるようね~。」
「ええ、これ位は・・・」



18_20121205202744.jpg
「それで・・・あんたがここで働く場合、主に裏方の雑用をやってもらう事になるけどそれでいいかしら?」



19_20121205202745.jpg
「っ・・私っ!働いた事なんてなくて・・・!お役に立てるかどうかも・・・!
 ご迷惑をお掛けするかもしれませんが・・・!それでも大丈夫でしょうか?!」
「あんた・・・」



20_20121205202746.jpg
「今日あんたを見てて、そういう真面目な所が気に入ったのよ!一生懸命やってたじゃない。
 大丈夫。うちで働いてちょうだい!本当に人手が足りなくて困ってんのよ!」

「・・・っ、ありがとうございます!」




こうして私はこの店で働く事になったのだ



21_20121205202801.jpg
(私にできる事を・・・・・まずは頑張ってみよう。立ち止まらずに進む為に。)




22_20121205202802.jpg
「それじゃあ来週から来てもらうけどいいわね?」
「はい、よろしくお願いします。」



23_20121205202804.jpg
「それでは失礼します。」
「ええ、それじゃあ来週からよろしくね!」



24_20121205202804.jpg
(やった!仕事も決まったわ!)



25_20121205202806.jpg

こうして、まずは仕事が決まった事で一歩先へ進めた気がする
今の私にできる事は、後ろを振り返らずに前に進む事だけ
振り返ったら・・・・・飲み込まれてしまうから・・・


もうしばらくは、前に見える僅かな明かりだけを見つめて進んで行こう

NEXT→08
関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer Entry8.特別な家

Older Entry6.立ち止まらずに

Comments



« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。