mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43.恋は落ちる(堕ちる)もの

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  アスモデウスの翼  
こんにちは~!
またまたご無沙汰しました・・・

今回も前回のラストシーンからの続きになっています。
あまりお話は進んでいませんが、毎度の事ながらSS多いです^^;お暇な時にのんびりご覧頂ければと。。。

それではどうぞ~

※冒頭ガイの服装が前回の終わりと違ってますね(^▽^;)失礼しました、場面は繋がってるって事でよろしくお願いします~w





1_20140529081851bd5.jpg
今日の仕事はメロも俺も夕方からだったけど、メロは買い物したいからと数時間先に家を出ていた。
俺はちょっと入用があって、ここ最近バイトのシフトを増やしてもらっている。


2_20140529081853320.jpg
そんな訳で少し疲労の溜まった俺は、普段ならメロの買い物に付き合うと言って共に家を出ていただろうが
今日は出勤まで家でのんびりしていたんだ。
・・・メロの『一人になりたい』という空気を感じ取ったからというのもあるんだけど。


3_201405290818542cf.jpg
「ん・・・・・?」


4_201405290818553f0.jpg
そんな俺が店に着いて目に飛び込んできたのはメロの泣く姿。
おまけに側に居たのはあの時の野郎だ。
グレンのバンドのあいつ。
心の中で舌打ちしつつ拳を無意識に強く握り締めた。
「あいつ・・・!」


5_20140529081856180.jpg
「おいって・・・泣くんじゃねぇって・・・・・参ったなおい・・・」
「すみませ・・・
「おいっ!!」


6_201405290819092e4.jpg
「お前!何やってんだよ?!メロにまた何か・・・どういうつもりだよ!!」
「あ・・・?」


7_20140529081910661.jpg
「あ~・・・お前か・・・」


8_20140529081912475.jpg
「メロ、泣いてたようだけど・・大丈夫か?!」
「ジュールさん・・・」

泣いてたメロが驚いて顔を上げた。
泣かされたのか。この野郎に。

9_201405290819136b9.jpg
「てめぇ!性懲りも無く!メロを泣かせやがって!今回はもう許さねぇから覚悟しろよっ!!」
「はぁ?!・・・お前何言って・・・」

こいつ、また突っかかってきやがって。何だってんだ。


10_201405290819153e1.jpg
「お前、一体何なんだよ!!まだメロに付き纏ってんのかよ!グレンの知り合いだからって、許さねえぞ・・・!」

メロの連れのこのにーちゃん。応戦してやってもいいけど、明らかに何かの勘違いっぽいから・・・どうしたものか。
こんな野郎一捻りだけどな、俺も少しは成長したんだ。
「お、おい・・・!離せってこの・・・!」

「待って!ジュールさん・・・!」


12_201405290819283da.jpg
「ジュールさん!違うの!ガイさんは、私を慰めてくれてただけで・・・」
「メロ・・・」
後半は消え入りそうな声でメロが俺を止めた。


13_201405290819291ac.jpg
「慰める・・・?」
「あ・・・」

14_201405290819313c5.jpg
「あの・・・」
グレンさんの事で泣いていた事を、ジュールさんには知られたくなかった・・でも・・
この状況では隠せない


15_20140529081932be9.jpg
何かを言おうとして口を開いたメロが、一旦目を伏せ唇をキュッと噛み締めた

「どういう事?メロ」


16_201405290819470da.jpg
「私が・・・グレンさんの事で落ち込んで泣いてしまったのを・・・
 ガイさんが・・・慰めてくれてただけなの・・・」
「・・グレンの?」


17_20140529081948f64.jpg
ジュールさんの怪訝そうな声が落ちる。
やっぱり本当は言いたくなかった。心配させるから。
でも、ガイさんの事を誤解しているようなので話さない訳にはいかなかった。

「・・グレンさん、ここ最近家に帰らないのはジュールさんも知ってる通りだけど・・・
 先日凄く機嫌を損ねてしまったようで、言われたの・・・」

「『終わりにすればいい』って・・・。それがとっても不安で・・・その・・・」


18_201405290819505a7.jpg
―泣いてしまった。
とメロは言うのだろう。
泣かせたのはグレンか。


19_2014052908195171f.jpg
「・・・・・あの野郎」
グレンに対する自分の苛立ちとメロを泣かせた事への怒りで、そろそろあいつへの忍耐力が切れ掛かるのを俺は感じた。
終わりにする だと・・・?

「・・・・・」


20_2014052908195308c.jpg
「おい。よく分かんねぇけどよ!俺が悪いんじゃないってのは分かったのか?!あぁ?!」
「・・・あ、うん。悪かったな。それとメロが世話になった。・・お前、いい奴なんだな。」

そう言いながら、俺の頭は今後何をどうしようかと言う事に思いを巡らせ始め店へと足を向けた。
このままじゃいけない。


21_20140529082006bc9.jpg
全くグレンのやつ、腹が立つ・・・

「・・・は?おい・・・何なんだよお前よぉー!!」
「ガイさん、」

22_20140529082007ceb.jpg
「ガイさん、ご迷惑掛けてすみませんでした。」
「いや、・・いいけどよ。あいついつもあんなんなのか?すぐキレるのはカルシウム不足なんじゃねぇの?」

取りあえず二度の遭遇で二度喧嘩を売られたな、俺は。
耐えた俺は偉いんじゃね?


23_201405290820093ce.jpg
「ジュールさんは・・・普段は穏やかで柔らかい人ですよ」
「は?・・・ふ~ん。って事はカッカすんのはあんたに関する事だけって事か。なあ?」
「え・・・」


24_2014052908201023e.jpg
あいつはメロの事が好きって事か・・・
「なんか、グレンも含めあんたら色々大変そうだな?」


25_20140529082012e2c.jpg
「っ・・・・・」

何と返したら良かったのか・・・









26_20140529082023488.jpg
「あ~・・マスターちょっといい?」
「何よ?ジュール。」


27_20140529082024f71.jpg
「あ・・・うん。俺さ、ちょっと金が入用で、それで最近シフト増やしてもらってるんだけどさ、」
「そうね。何か欲しい物でもあるんでしょうね、あんた」


28_201405290820260f4.jpg
「うん、それで・・・ちょっと予定より早くに入用で。・・・給料前借できないかな?」
「ん・・・?まあ構わないけど?」


29_201405290820277c1.jpg
「え・・マジで?いいの?」
「何よ。あんたに対してそれくらいの信用はあるわよ。ま、何に・・・使うかは聞かないであげる。」
「サンキュー!マスター!」


30_20140529082029d8a.jpg
ふうん・・・。
ジュールのこの様子だと、メロ絡みであろう事は予想が付くけど。
先日のグレンの様子も何か変だった気がする。
あの子は何も言わないけどアタシには何となく分かった。
グレンとメロとジュールに何か変化があったのかしら・・・?

「ジュール?最近グレンの様子はどうなの?」
「は・・・?」


31_20140529082040669.jpg
「さぁ。」
「あら、」


32_20140529082041974.jpg
そうなの・・・。
これは頂けない感じかしら。
ここはメロに聞いた方がいいかもしれないわねぇ・・。


33_20140529082043539.jpg
「お疲れ様でしたー!ジュールさん、先に帰ってるね。」


34_20140529082044023.jpg
「お疲れ様、メロ」
「あ~お疲れ~。メロ、一人で大丈夫?・・・帰っても一人だろうから・・気を付けろよ?」
「うん、大丈夫。」


35_20140529082046f9f.jpg
「あ、ちよっとメロ。アタシこれからあっちの店に顔出すから一緒に行かない?
 たまにはアタシと二人で話でもどう?帰りは家まで送るから。」
「え・・・」


37_20140529082058843.jpg
「え・・・はい。構いませんけど。」
「それならジュールも安心でしょう?さ、着替えて行きましょう」
「そうだね、たまにはいっといでよメロ。」
「あ、うん。そうするね・・・」


38_201405290821000b0.jpg
俺は深夜までのシフトになってるしグレンは家に帰ってこないから、
メロを一人で帰宅させるのが少し心配だったのは確かで。
マスターが送ってくれるってなら安心だ。
今は一人にしたくない・・・
「・・・・・・・」









バーにはグレンさんの代わりのバーテンさんが居た。
全然話も聞けてはいないけど、きっとグレンさんはバンドの仕事が忙しいんだろう。

39_2014052908210122b.jpg
「あ・・・こちらが新しいバーテンダーさんですか?」
「そ。なかなかイケメンでしょ?グレンと違ってちょっと軟派なタイプなのがいいんだか悪いんだかって感じなんだけど。」
「お疲れ様ですマスター。随分素敵なお嬢さんをお連れですね?紹介してくださいよ。」


40_201405290821036e3.jpg
「ね?言ってる側からこれだもの・・・。」
「あれ~?そんな事言うけどマスター、バーテンには話術も愛嬌も必要でしょ?」
「これだから今時の若い子はねぇ~・・・」


41_20140529082115f8d.jpg
「あのねぇ、この子はあんたの先輩。今は二号店で働いてるの。真面目な子なんだからちょっかい出すんじゃないわよ?!」
ちょっかい出したら外野に煩いのが居る事だし。

「へー!そうなんだ!じゃあ俺あっちの店に通っちゃおうかな~なんて。」


42_20140529082117a28.jpg
「だからっ!ちょっかい出すんじゃないって・・・はぁ。あんたはバーから客に愛想振り撒いてなさいっての!」
「はは、冗談ですよ~!・・半分位は。」
「ふふ・・」

「全く・・・。アタシ達は話があるから、あんたはアニスにでも構ってもらいなさい。」
「はいはーい」

「おや。」


43_20140529082118ece.jpg
「アタシの話かな?」
「アニスさん」


44_20140529082119601.jpg
「メロたん久しぶりね。元気だった?」


45_2014052908212154b.jpg
「アニスさん、こんばんは。アニスさんもお変わり無さそうで。」
「アタシは変わりないよ。・・・そうそう、聞きたかったんだ。グレンは最近どう?」

「どうと・・・いうのは・・・」


46_20140529082132b80.jpg
「んー?変わりないかなって。思っただけだけど?」


47_201405290821345b7.jpg
「・・・・・そう・・ですね、あまり、会っていないので・・分かりません・・・」

ドキッとした。
アニスさんにも聞かれた。グレンさんの事を・・・


48_20140529082136ef3.jpg
「ふぅ~ん、そうなのか。ほほう。」
「・・・・・」


49_201405290821371fb.jpg
「さぁメロ、こっちで少し飲みましょう?たまにはね、話でも。あんた達は仕事しなさいよ~」
「はい・・・」


50_20140529082138284.jpg
「リタ。ビール持ってきてちょうだい。」
「はーい」



51_2014052908215229b.jpg
「分かりません。・・・ねぇ・・・」

何だか面白い事になってるのかな?
グレンもメロたんもジュールたんも、やっぱりアタシの興味を惹いて止まない。
もっと見せてね。砕いて逃げて辿り着く先に何があるのか。
あたしはそれが知りたい。

君達のこれからに、ワクワクするんだ


52_20140529082154796.jpg
「アニスさん。今日上がったら飲みに行きませんか?」
「おや?」


53_20140529082155b87.jpg
「君か。ん~?そういう気分じゃないんだよねぇ~・・・。君、中身空っぽだし?つまんないよね。」
「あ、酷いな!今日は俺、負けないつもりなんだけどな~!」


54_20140529082157185.jpg
「おや、そうなの? じゃあまぁ・・・暇だから付き合ってもいいけど。」
「よっしゃっ!」
「頑張ってよね、青年。」






56_20140529082158152.jpg
「あのね、メロ。あんたに聞きたい事があるのよ・・・」
「はい・・何でしょうか?」


57_20140529082227add.jpg
こういう話をメロに直接色々聞いたり話させるのは気が進まないんだけど・・・
それでもアタシはグレンの事が心配だから。ごめんなさいね、メロ

「アタシは直接何も聞いてないし、なんとなくなんだけど・・グレンの様子は最近どうなの?
 アニスにも言ってたけど、会っていないって・・・あの子家に帰ってないのかしら?」


58_20140529082229669.jpg
「・・・はい・・・。」
「やっぱり。バンドの仕事が忙しいのかしら?」

それにしてはグレンの事が話題に出るとメロの様子がおかしい・・・?
あの子に会えない事を気に病んでる? ・・・それって・・・?
なんて勝手に頭の中で思考が展開をし始めたらメロから話し始めた。


59_20140529082230790.jpg
「帰らないのは多分、私とジュールさんに顔を合わせたくないからで・・・
 理由は分からないんですけど、怒ってるみたいなんです、グレンさん・・・」
「え?怒ってる?・・あんた達を避けてる?グレンが?」

何だか嫌な予感しかしないじゃない
これは思っていたより困った事態になってるのかもしれないわね・・・


60_201405290822324c8.jpg
「何を怒ってるのかは分からないけど、『構うな』って言われて・・・私達の共同生活を『終わりにすればいい』とも言われました」

「ええ?!そうなの・・・? あの子、そういう時自分の気持ちを言わないから理由が分からないわよねぇ・・・」
だとしたら、3人に何があったのか、聞かなければ分からない。


61_201405290822339c7.jpg
「ねえメロ・・・?あんたとジュールはどうなってるの?」
「えっ?!」

「あの子はあんたの事が好きでしょう?」


62_20140529082247b0f.jpg
「・・・!」

既に何らかの動きがあるのか、そこを聞かないと現状が分からない。ごめんねメロ。


63_20140529082249507.jpg
「・・・はい。ジュールさんにそう言われました。好きだって・・・」
「そ・・そう。それで・・・グレンからは?その事についてとか、何か言われたの?」
「いえ・・・グレンさんは関係ない・・・というか、知らないんじゃないでしょうか・・?」
「そう・・・」


64_201405290822503c7.jpg
ふむ。これは十中八九、グレンの知る所なんでしょうね。
つまり、それで怒ってる・・・怒ってるというか機嫌が悪いと。
『終わりにする』という事は、あの子はメロ達から離れようとしている。
大方、行動に心が伴わなくて”八つ当たり”してしまう自分に気付いてるからなんでしょうけどまったく・・・
ある意味、アタシが心配した通りになってしまったようね。

メロの事をどう思ってるのかは定かじゃないけど、その事が原因で自分の立ち居地に困惑して苛ついてるのかしら。
相変わらず不器用なんだから。あの子は・・・


65_201405290822522ba.jpg
「それでメロ、あんたの答えは?ジュールと付き合う事になったのかしら?あの子いい子だものね。」
「それは・・・まだ・・。私は・・・・・」

メロはアタシに何かを言いたいのか、しばしの沈黙があった


66_20140529082253963.jpg
「マスター、私は・・この町に来る前に、故郷で許されない恋をしました。」
「メロ・・・?」

「そして周りに迷惑を掛け、傷付け、自分も傷ついて・・・この町に逃げて来たんです。
 その恋に・・・というか自分のした事に、私はまだ決着を付けられてはいないんです。まだ・・・私が逃げているから・・・」


67_201405290823058ba.jpg
ああ、この町来た頃のメロから過去に何かあったであろう事は彼女の悲しげで頼りなさ気な瞳の色で
気付いてはいたけれど。
そういった訳でこの町にやって来たのかこの子は。


68_201405290823074f1.jpg
「その事はジュールさんもグレンさんも知っています。だから、ジュールさんも返事は待ってくれるって・・・
 私はまだ、新しい恋をする資格なんか無いんです・・・。だから応えられない・・・
 恋をしようと思えないんです・・・」

なるほどね・・・。
恋を拒否するメロと恋に真っ直ぐなジュール。
そしてそこから逃げるグレン。

思わず小さく呟いてしまう
「あんた達・・・面倒臭いわね・・・。ま、でもそれが若いって事なのかしら。」
「え・・・?」


69_2014052908230866c.jpg
「メロ、一つだけ年上からのアドバイスよ。聞いてくれるかしら?」
「え・・・はい・・・?」

「恋っていうのはね、・・・しようと思ってするものじゃない。しちゃいけないで止められるものでもない。
 それこそ、『気付いたら恋してる』って。恋は堕ちるもの。そんなもんじゃないかしら?」


70_20140529082310863.jpg
「え・・・」
「あんたのその過去の恋も、そういうものだったんじゃないの?『しちゃいけない』で止められるものだったの?」
「・・・・・・・・・」


71_20140529082311bcd.jpg
「それは・・・つまりどういう事なんでしょう・・・」
「さぁ・・・」


72_2014052908232314c.jpg
「分からないなら後は自分で考えなきゃ。ただ詳しい事は分からないけど、自分を責めすぎちゃダメだとアタシは思うわよ?
 過去にケリを付けるにも、今を大切に生きないと何も変わらないと思うの。恋に関してだけじゃなくね?」


73_201405290823256f9.jpg
「・・・・・・マスターの言う事、分かるようで難しいです・・・私には・・・」

「そうね・・ごめんなさいね。ほんの少し、頭の片隅にでも置いておいてくれたらいいわ・・ね?」
「はい・・・」

メロ、アタシにはあなたの心は分からない。
今の状況では”頭”で考えてしようとする恋は無理なのかもしれないわね。色んな事で頭がいっぱいなんだもの。
でも、”心でする恋”が、止めようとしても止らない恋が、
あなたに訪れるのは何時なのかしらね?


74_20140529082326281.jpg
「さあ、そろそろ帰りましょう。」

アタシにはそれを見守るしかできない・・・






75_20140529082328583.jpg
帰宅の車の中で、私はマスターの言葉を何度も頭の中で反芻していた
『恋は堕ちるもの』


76_201405290823294d4.jpg
気付いたら堕ちている・・・恋に?
気付いたら。

じゃあ今の私は、その事に一体いつ気付くというんだろう
恋に・・・
思い出すと胸が痛くなる、あの頃のような恋に

再び堕ちるんだろうか。。。





怖い








77_20140529082342764.jpg
俺はグレンと顔を合わす機会を待ち侘びていた。
あいつが今何を考えているのか、ちゃんと聞かなきゃいけないと思ったから。
一人で苛ついて苦しまないで欲しい。
ちゃんと話せば分かるんだって、俺達は分かり合えるだろうって。
俺はあいつを信じているんだ。メロだってそうだろう。


78_20140529082343b90.jpg
そしてその機会は訪れた。
その日、俺は早番でメロと入れ違いで帰宅したのだった。
玄関の鍵が開いている・・・?

「?・・グレン、居るのか・・・?」




79_20140529082345046.jpg
「グレン、・・居たのかよ」
「・・・・・」

久しぶりだ。
だが願っても無い機会だ。こいつともう一回ちゃんと話をしたいと思っていた。



80_20140529082346c5c.jpg
「ちょうど良かった、グレン!話があるんだけど・・・」



81.jpg
「・・・・・」


82.jpg
「俺にはお前と話す事は無い」
「えっ・・・」


83.jpg
「俺は出て行く。」
「は・・・っ?!どういう事だよ!!・・・っグレン!!!」


84.jpg
「何言ってんだよっ?!どういう事なのか・・・
「事務所で専用の部屋を用意してもらったんでな。そっちに移るぜ。」

メロが言ってた『終わりにすればいい』って・・・これかグレン?!


85.jpg
「っ!勝手な事言うなよ!!お前・・・お前が出て行ったら・・・どうすんだよ!!」
「後の事はおまえらで勝手に決めればいいだろう。」
「ふざけんなよ・・・お前っ」


86.jpg
「・・・・・悪いな。」
「グレン・・・!」


87.jpg
「おい・・グレ・・・そんな・・」



88.jpg
「話を・・・・」


グレンが家を出て行った


なあグレン。
俺が間違ってたのか・・・?


NEXT→44






【あとがきでござる】

はいどうもでした!
相も変らずメロさんは下がり眉状態だしグレンはツンツンモードだしで、ジュールたん大変ねぇ(´∀`;)
アニスさんの奔放さが救いです、書いてて(笑)
ストーリー的にはもう一山越えたら佳境かな?(どうだろう^^;)
ぶっちゃけ重い展開が続いててちょっと自分でも展開考えるのキツイですわん
違う事やって息抜きしたいね~(シムズで)
次回更新へのやる気はありますが私の更新意欲など信用できないと思いますので(笑)、
その辺は行動で示そうかと思います。どんだけw

さてさて、投票も毎度ありがとうございます~(*´∀`*)
グレン、強いね~!ありがたや~ありがたや~!お話の中でもどうにかせねば、グレン株(笑)
気付いたらルディ先輩枠ができてた~!ありがとうございます♪
ルディ先輩、良かったね(*^m^*)
お礼の意を込めまして今回彼、見切れています(笑)

毎回長いお話にお付き合い下さいましてありがとうございました!
次回も楽しみにして下さったら光栄です♥
ではまた次回~!

関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer Entryポーズ遊び

Older EntryイメージSS【見惚れる】+ポーズ配布

Comments

そろそろ更新されているかな?と、覗きに来たら更新されてて歓喜!な、私ですこんばんはw(長いw)
更新お疲れ様です。そして、今回も素敵なお話を公開して下さって、ありがとうございます!(〃^^〃)

いやぁ・・・・今回のお話はタイトルからして、をを?!っとなったですよ。遂に?!ッと思ったら・・・・w
さすがmiruさんだなぁって感服しちゃうストーリーの展開にハラハラドキドキでした。

前回のあの、ラストシーンを、ジュールさんは目撃していたのですねぇ・・・。
ガイさんの、
>メロの連れのこのにーちゃん。応戦してやってもいいけど、明らかに何かの勘違いっぽいから・・・どうしたものか。
こんな野郎一捻りだけどな、俺も少しは成長したんだ。

が、ツボりました( 〃艸〃)
>耐えた俺は偉いんじゃね?
うん、エライエライ!(頭ナデナデ(笑)

ガイさんも以前はキレやすそうな印象だったのに、大人になった気がする?と思ったら自己申告してるのが可愛いなぁ。
これはグレンさん達からの効果でしょうか?グレンさん・・・・周りの方々はこんなにも成長しているのに、どうして・・・
と、と、グレンさんについては後ほど(笑)

大事なメロちゃんが泣いているのを見て、感情をあらわにガイさんに突っかかっていくジュールさんは、
やっぱり、好きな子を守りたいって言う気持ちで溢れていて、素敵だなと思う反面、心配でもあります(´・ω・`)
でも、メロちゃんが居るから大丈夫だよ・・・ね?

グレンさんの親代わり的存在であるマスターさんは懐の深いお方ですよね。大好きだぁ(〃〃)
メロさん達の事もちゃんと気にかけてこうして手をさしのべてくれる・・・。グレンさん達にとってどんなに有り難い存在なのでしょう。
こんなにも気にかけてくれている人が居るって素敵ですよね。
グレンさんの性格も熟知しているからこそ。でしょうに・・・グレンさんったら><;
あぁ、どうしても思考がグレンさんの方へといってしまう(笑)

前後してしまって恐縮なのですが、けれど、アニス姐さんの登場にまたもや歓喜です!
相変わらずお美しくて・・・・( 〃艸〃)
アニスさんはメロちゃんの事もちゃんと見ててくれてるんだねぇ。
最初の頃は男性以外は眼中にないのかと思っていたけど、アニスさんのこういうさり気ない優しさが好きです。
アニスさん本人は、優しいとか言われると茶化しそうだけど(笑)
そしてやはり、グレンさんへの興味も変わらずなのかぁ・・・。
メロちゃん達のことを傍観している風だけれど、何か展開がある時は、アニスさんも関わっている時が多いような気がしますね。
傍観者に徹するフリをして、かすめ取っていくのか・・・?いや、アニス姐さんに限ってそれはないかw
失礼しました(^^;)

んでも、新しいイケメンなバーテンさんも構ってあげるとはw実は、アニスさんとお店の方々のやりとりも、
拝見する時の楽しみの1つなので、思わずムフフとなってしまいました。
軽そうなバーテンさんなんて、美味しそうだし(←ヲィw)ルディ先輩並に好きな脇役さんです( 〃艸〃)

メロちゃんは自分でも必死で、変わろうとしているのだろうけれど、あと一押しがなかなか・・・。という印象で・・・。
でも、マスターさんに過去を打ち明けることが出来て、そして人生経験豊富なマスターさんの意見も聞けて。
そのことによって、彼女にとって、とても重要な転換期が訪れてくれたら嬉しいですね!
もうホント・・・マスターさんのイケメン加減にはドキドキしっぱなしでございます////
ラストのグレンさんの行動は、前回の発言から感じていたものはありますが・・・オカーサン(マスター)が泣いちゃうぞ!(´;ω;`)
そして、元気のないマスターを、ラルフ氏が優しく慰めるんですよね。分かります(←妄想猛々しくてスミマセンw)

いやもう・・・さすが、miruさんの紡がれるお話だよね!(^^)
miruさんの文章表現力やSSの精度に、惚れ惚れしてしまいます。
今回もメロちゃん達のお話の深刻さ、そして根深さ?に、グッとくるものがありました。
前回のお話の時みたいにメロちゃんに同調しながら拝見しちゃいました。メロちゃん可愛いよ////(←意味合いが違うw
そして!ルディ先輩の見切れ具合にムフフでした。私得なSSをいっぱいありがとうございます( 〃艸〃)

今回も素敵なお話を公開して下さり、ありがとうございました!次回の更新ものんびり、楽しみに待ってますね~♪
miruさん、こんにちは~!更新キタキター!待ってましたよ♪
後書きで書かれてましたが 重めの展開が続くと書き手としてはけっこう腰が重くなっちゃう
のはよくわかりますw読者としてはもっと見たい!続きみせて!状態なんですけど
自分がやるとなると息抜きしたくなるね(笑)
無理して更新すると疲れちゃうし、miruさんのやりたいことをやりながら
本編の方も更新してくれると嬉しいです♪

タイトルを見てドキッとしました!恋に落ちる、しかも堕ちるとな?!うああ?!
一体どんな展開なのおおお?!とハラハラしながら読み進めました。
あらまあ><ガイとメロちゃんが一緒のところ(しかもメロちゃんが泣いている)を
ジュールは目撃しちゃったのね><
これまでも散々メロに絡むガイを見てただけに、ジュールが切れちゃうんじゃないかと
心配だったけど ガイが落ち着いて対応&メロちゃんのフォローでなんとかケンカは
避けられましたね!良かった!
ジュールはクールそうなんだけど大事な人のことになると、熱い面があるところが素敵^^
メロちゃんが「終わりにすればいい」なんて言葉をグレンに言われたことを知ったジュールが
いつ対決してしまうのかまた新たなハラハラが生まれてしまいましたけどねw
しかしガイが大人になったこと!!
突っかかってたイメージが強いから売られたケンカは(勘違いだと
しても)買うぜ!って感じになっちゃうのかと思ったけど、恋だけじゃなくて
色々な人との関係で成長したんだろうね^^
こういう成長が見れるところがとても嬉しいです!

ジュールの給料前借してでも欲しいものって何だろう??
ジュール自身に物欲ってあまりなさそうだから、人にあげるものだったり?
メロちゃんへのプレゼントとか?って思ったけどそこは今後のお楽しみにしておきますね^^

新しいバーテンダー君、かっこいいね!グレンとはまた違うタイプだけど
女子から(表立って)モテるのはこのタイプなんじゃないかなあなんて思いましたw
アニスちゃんに歯が立つとは思えないけど(笑)がんばれ、バーテンダー君www

マスターとメロちゃんの会話シーンで、マスターは本当に優しいなあと改めて感じましたね。
人として懐が深いというか。必要以上に「こうしろ」「ああしろ」といわないで
自分で考えさせるようにさせている所も素敵です。
メロちゃんはジュールやグレンとの生活で変わりつつあるけど
本当の意味で「変わる」のはやっぱり辛い過去と向かい合わないとダメでしょうね・・・。
メロちゃんは辛い思いをするだろうけど、新しい自分になる為に頑張って欲しい。新しい
恋に踏み出すためにもそれは必要なことのような気がします。
メロちゃんの過去の恋がとても悲しいものだったから、踏み出す勇気が出ないのも分かるんだけど
恋は本当は幸せなものなのだよ~~~~っ!とBBAが教えてあげたいです(笑)

そして恐れてたことが起きてしまったああ・・・・。
3人の仲がギクシャクしてきてからずっと「グレンが出て行ってしまうんじゃないか」って
危惧を持ってたんですけど・・・それが現実になっちゃったよお。
グレン!逃げちゃだめでしょうが!!!ちゃんと向き合わないと!
ラストのジュールの呆然とした表情が切ないです。3人の関係は一体どうなっちゃうんだ!
早くも続きが読みたい気持ちで一杯ですよ~miruさん!!

次回の更新も楽しみにしてますね^^またお邪魔します♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
> chikoさん

chikoさんこんにちは~!
こちらこそ、更新空いちゃったのに待っててくれてありがとうですよ~(*´∀`*)

あ、タイトル見てをを?となったぁ?(´▽`)ごめんね、ご期待に沿えずタイトル詐欺だね(笑)
ストーリーの展開にもハラハラドキドキしてもらえて光栄です!

そうそう、ジュールはメロとガイの姿を目撃してました~w
ガイの成長振りが伺える台詞にツボってくれてありがとう♥
ガイはね、グレンにちゃんと振られてから周りの人の気持ちとかにも目を向けられる男に少しは
成長したって感じなんだな^^
グレンに「気持ちは受け入れられないけど仲間として嫌いじゃない」って言ってもらえたのが大きかったのかな。
だからガイはシュリの事とかもグレンがどうこうではなく心配してあげられてるの。
成長したでしょ(^―^) ちょっとおバカな所は相変わらずなんだけどね(笑)
ジュールはメロの事になると以前のような一歩引いた立ち居地のジュールではなくなっちゃってるからねw
冷静さに欠けるジュールを心配してくれてありがとう^^ま、大丈夫でしょう(笑)

マスターの懐の深さには私も助かってますよ~(´▽`)
誰かちゃんと状況を把握して助言できるキャラが居ないと収集が付かないもんねw
グレンをはじめ、若い子達は自分の事で精一杯なのでね~、マスターが脇から支えになってあげれたらいいんだけど。
マスターはね、どうしたってグレンの事が可愛くて心配。
そんなマスターの想いにも気付かないでグレンってばねぇ・・・(^^;)
マスターがグレンの不器用さも分かってて見守ってくれてるのがまだ救いかな。

アニスは今の重い展開のいいスパイスになるのでたまに登場してもらいますよ♪
彼女は周りの状況に影響されることなく立ち居地が確定してるのでね、安心感があるよ。
アニスはですね、メロの事を心配してるという訳でもなく優しさなのかと言われたら違うかも。
グレンに対しての興味も同じなんだけど、迷える子羊達(笑)の辿り着く結末に興味を惹かれてるんだな。
それを見届ける事で、自分の中でも何かが変るかもと期待してるって感じ。
と、私のアニスへ対する立ち居地認識を言ってしまおうかな^^

今のアニスは自分が楽しむ事へは貪欲なので、バーテン君とも遊んじゃうよ~(^∀^)
メインの子達が重苦しい展開なので、ルディ先輩含む脇役の方々には場を和ませてもらえたらいいな
って私も思うので、chikoさんにもその辺りを楽しんでもらえたら嬉しいです♪

メロは何か大きな切欠がないと前に進めないかもしれないね~w
あれもこれも怖がって躊躇しちゃってるもんね。もうちょっと自分の想いを前に出せばいいのにと母も思うですよw
キーワードは「過去との対峙」だって分かってるんだけどねぇ。さて、どう持っていくか(´∀`;)
今回のマスターからのアドバイスも結構ポイントよん♥「恋は堕ちるもの」が彼女に何を気付かせるのか...(おっとw)
マスターはきっと人の事を心配するのが得意(?)なので心労は無いでしょう(笑)
そそ、ラルフ氏がついてるしね♥大丈夫よ~(*´∀`*)
グレンはとうとう出て行っちゃったよ(´・ω・`)さて、彼はこの先どうするんでしょうね?(聞くなw)

いや~、重くてジリジリ進まない話にそんな事言ってもらえて光栄ですよぉ~><
つい表情重視してポーズ作るもんで、同じ様なSSが溢れちゃうから枚数も多くなっちゃってね^^;
でもその辺も楽しんでもらえたら嬉しいですね♪
メロを可愛いと思ってくれてありがとう^^一応(w)ヒロインなのでありがたいですよ~!
ルディ君まで気に掛けてくれてありがとう!

いつも丁寧なコメントに感謝です(*´ω`*)次回も頑張るよ~!どうもありがとう!
Re: タイトルなし
> Loveflower888さん

ラブさんこんばんは^^えへへwまたしてもご無沙汰記事になっちゃいました(汗)
グレンのせいでね、展開に悩んでるのよね(^^;)書いてるのは私なんだけどもwww
悩むと筆が進まないから更新が空いちゃって。なので息抜きしながら進めていこうと思いますよ~w
そうそう、ショートストーリーとかポーズとか。構想はチラホラあるので平行していけたらと思いますよ^^

タイトルにドキッとしちゃった?ごめんね、ちょっとタイトル詐欺みたくなったね(笑)
そうなの。ジュールはガイとメロが一緒に居る所を目撃しちゃったー!
メロが泣いてるのはグレンのせいだってジュールに知らせたかったから。(私がねw)
ジュールはまたしてもキレか買ったけど、思いの他ガイが冷静だったのでトラブルは避けられました。
ガイはグレンを好きになって告白して、ちゃんと振られたので一回り成長したんだね^^
グレンの振り方も良かったと思うので、ガイは人の気持ちも考えてあげられるようになったと思うの。
ガイの成長を喜んでくれてどうもありがとう~(´▽`)

ジュールが給料前借して何に使いたいのかは、次回ですね♥
まぁ、メロ絡みである事はお気付きの通りですけども(^∀^)

新しいバーテン君、中身は決めてなかったけどグレンと逆の軟派なタイプになっちゃった(笑)
いやまあグレンも女には手を出してたんだけどwww
女心をくすぐるイケメンバーテンはモテるでしょうね(*^m^*) 遊びにはもってこいのタイプだ←
中身が空っぽらしいので、アニスには勝てないでしょうwww
でもプライド高そうなタイプなので粘りそう。・・・なんて妄想を一つ(爆)

マスターはね、今メロ達三人の中で何か困った事になってるのを察してますね。
根底にはグレンが心配だからっていうのがある親心なんだけど、メロ達にも幸せになって欲しいんでしょうね^^
彼らも子供じゃないと分かってるから、必要以上に「こうしなさい」とは言わないマスターですね。
何かあったら頼れば支えてくれるであろうマスターの存在はありがたいよね。(書き手としても)
メロには何か大きな切欠がないと変わるのは難しいでしょうね~wウジウジタイプだし(笑)
その切欠を考えてはあるんだけど、そこに持っていくまでの過程に頭を悩ませてますよ~><...頑張ろうw
BBA言っちゃアカンっ!!・・・と「オバちゃん」発言した私が言ってみる(^▽^;)
「恋は幸せなもの」だとこの子達が思えるラストを迎えられるように頑張るねー!

グレンさん、メロ達と一緒に居るのに限界を感じてしまいましたって・・・(´・ω・`)
まあ、一度離れてみるのもいいかもしれないじゃない?
果たして上手い事和解できるのか、私もまだ色々模索中なので心配ですよ^^;(おいおい)
ジュールも想いが打ち砕かれて呆然としてるしね。。。グレン、しっかりしなさいっ><;

続きも気持ちが離れる前に執筆だけでもやろうとここに誓います!(`・ω・´)キリッ
やる気になれば3日位でできるんだけどね・・・やる気・・・やる気・・・(笑)
でも、続きが読みたいと言って貰えるのが一番のやる気の元です、ありがとう~!頑張るね!
いつもどうもありがとう~♪
Re: タイトルなし
> EZさん

EZさんこんばんは!なんて素敵なご挨拶(笑)、いつもありがとう~(*´∀`*)
ガイが意外と大人だった件www
彼もグレンにちゃんと振られて吹っ切れて成長したんでしょう~^^
案外ジュールは初恋真っ只中なので仰るように咄嗟の判断力とか落ちてますねw
自分の事(好きな子の事)だと飄々としていられなかったというのも彼にとっても新たな発見だったりね(^∀^)
恋は盲目ですね~!頑張れジュール!

アニスは髪型変えて遊べるので楽しいです♪ 似合うと言ってくれてありがとうです♥
アニスの立ち居地は私も書いてて安心だし楽しいです^^良くも悪くも”自分”ができてる彼女だからですよね。
バーテン君、翌日借りてきた猫のようになってたら笑えるねwwwその妄想ナイスですwww
マスターは年の功、人間観察眼が長けておりますからね~。何でもお見通しだぜ☆
ダイジョブダイジョブ、ラルフ氏も居るしある意味お節介オバサン(オジサンw)なので気苦労はダイジョブ(笑)

はい、グレンへの雄叫び毎度ありがとうございます(^∀^)
おおお、仰る通りだと思います!以前の関係性に戻りたいと思ってるのはグレンなのかもですね。
メロもだけど、変る事を恐れてるのかな~?その辺ジュールは迷いがないのかな。
ほんとにもう、こんなヘタレグレンを見捨てず愛しんでくれてどうもありがとう~><
イケメン(中身が)なグレンに戻ってくれるように私も頑張って考えますので見捨てないでやってね^^;
ルディ君、見切れ職人の名、ありがとうございますwww
脇役も可愛がってもらえて大変嬉しいですね~^^ありがたや!
次回もストーリー熱が迷子になる前に手を付けるようにしようと思います!←
いつもどうもありがとう~!
こんにちわ!
冒頭からちょっと切なげなジュールたんに萌えたahiruがやってきましたよww
そして、泣いてるメロに付き添うガイを見て頭に地が昇るジュールたんの
キレ具合もおいしいですはぁはぁ
そんな事はさておきwキレられてるガオの表情がねー
ジュールたんの可愛さとは違うんだけど、可愛いよねー
動物だよ、この子は!!w勘違いされやすいんだろうけど
そういうとこ、可愛らしいなって、最近思います。

メロが泣いてた理由、言いたくなかったよね、メロも。
うん、聞かないでほしかったけど、
こうなっちゃったら言うしかない。
なんだか・・・ああああ何かもうこの三角関係は色々と
読んでる私達も心が痛みますね。

>あ、うん。悪かったな。それとメロが世話になった。・・お前、いい奴なんだな
と、素直に言えるジュールたんはやはり素敵だよ。
グレンももう少し素直になりゃいいのにねぇ。

今回のお話では、待ってました!マスター大活躍だね!
こういう聞き役って絶対必要だし、
当人だけにまかせてたら、こじれるばかり・・・って事になりかねない。
吐き口がないとストレスでおかしくなるし、マスターいい人!素敵な人!

・・・新しいバーテンがチャラいwwwww

アニスきたー
このお話で華だねぇアニスは(^∀^*)
なんていうのかなーズバっとしててハキハキしてて
面白い!堂々としてる姿!いいよいいよアニスたんいいよ!
アニスはこういうチャイナ風な髪型をよくしてるけど
似合うね~!

>じゃあ今の私は、その事に一体いつ気付くというんだろう
あ・・・(察し)
これ・・これ・・・・
そういう事なんじゃないですかああああああああああああああああ!!!!!?
うわああああああああ

ま、、、まだ!分からないけれど、もしそうなら・・・
うわあああああああああ;;
そしてグレンは出て行ってしまうのね。

グレンはさ、機嫌が悪いってことはそういう事で、
出て行くって事は、そういう事で
メロは・・・やはりそういう事だとして
ジュールたんは・・・・・?

うーーーーむ・・・
(´・ω・`)


こいつぁついに私の出番かい?(物語内に出る気満々)



次回楽しみです^^
Re: タイトルなし
> ahiruchanetさん

ahiruさんこんばんは^^
おや、切なげメロに萌えていただけましたかぁ~(´▽`)
最近困った顔ばかりのメロなのでどうしようかと思ってたから嬉しいなぁ♪
ジュールのキレ具合にもはぁはぁしてくれてありがとう♥
彼もメロの事となると感情豊かですからね~w
ガイまで可愛いと・・・!
ガイを可愛いと思えるようになったら上級者ですね(笑)←何のだw
いやでも彼の成長を感じて見る目が変ってきたなら本当に嬉しいな^^ありがとう

そうですよねーwメロはグレンの事で泣いてたってジュールには言いたくなかったでしょう。
心配させちゃうの分かってる、メロ自体も今はグレンの事を話すのは辛いでしょうから。
でもジュールはそんなの察してくれる筈もなくw
メロの事になると、熱くなっちゃって結構強引かも、この子(´∀`;)
重い三角関係にahiruさんにも心を痛めてもらって申し訳ない;
いずれはスッキリさせるのでお付き合い下さいませ~^^;

勘違いと分かってあっさり謝るジュールは可愛いでしょ?(*´∀`*)
そうそう、グレンも素直になれたらいいのにね!その事に気づく時は来るのかな~?

今回マスターには、読者の方に現状の確認していただく為の役割を与えました。
揉め事の渦中に居るキャラだけの主観では現状認識もちぐはぐになりがちかなと。
こういう立場のキャラはお話に必要だし、書き手としても助かりますよね^^
マスターは皆さんが認めて下さるいい人なので助かってます~♪

ははwバーテン君、なんかチャラいキャラになっちゃった(笑)硬派はグレンが居るからね♥

メインの展開がどうしても重いから、アニスの存在はアクセントとしてまた助かってます(^―^)
ここまでスカッとした突き抜け感がある子だと、色気もビッチ感も嫌味ではないでしょう?(笑)
アニスの破天荒ぶりには確固たる信念らしきものがあるので潔いと思うのです。
髪型や服も、メロでは遊べないのでアニスで遊んでます~(^∀^)


・・・あ、察しちゃた?(笑)
>そういう事なんじゃないですかああああああああああああああああ!!!!!?
え?どういう事でしょう?
と、とりあえず、

あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー キコエナイ~~~<( ̄0 ̄)> ←笑

さて、そういう事でこういう事でどういう事なんでしょうね?
その答えの一部に関して実はちょこっとタイトルにヒントがあったのだけどそれは次回へ持ち越しますよ~
気付いたahiruさんは流石だわ( ̄ー ̄)ニヤリ

ahiruさんがお話に出てくれるって!?
あ、・・・(察し)ジュールの・・・。そういう事かwwwww(今気付いたw)
いやいやいや、もうちょっと様子を見よう?(´∀`;)
最悪出てくれっ!(笑)

納得してもらえるように、続きも頑張って考えるよ~!いつもどうもありがとう!
今回も最高!!
だけど、ルディのピアス?タトゥー?見たいな奴がダンゴムシ見たいで笑ったw
Re: 今回も最高!!
> Momoshiriさん

最高ありがとうございます~!ヽ(^◇^*)/  次回も楽しんで頂けるよう頑張ります!

ルディのダンゴムシ(笑)は矢印型のピアスでしたー!
今回も面白かったです。
続きが気になる♪
バーテンの男子もカッコ良いですね!
みんな個性あるキャラで引き込まれます。
Re: タイトルなし
> そらさん

わー!ありがとうございます!とっても嬉しいです~!(。→∀←。)

キャラにもお褒めの言葉をありがとうございます(´▽`)
今後も楽しんで頂けるように頑張りますね♥
また是非遊びにいらしてください♪
miruさん、こんにちは!コメントに参上するのが遅くなってしまった・・・・!
でもそうしたら昨日更新でSS記事もあって、私得すぎる!(*´∀`*)❤❤
肩ジャケCC、私も気になっていたのだけれど、こんな感じになるのねっ///
ああん、ジュールが美しいかっこいいいい!(グレンも素敵なんだけどね!?)私の目が自然とジュールに集中してまう///
・・・くふふ!(ジュールのカメラ目線ピンショットで燃え滾る)くふfふふふ!!かっこいい、美しいー!

ストーリー冒頭からまさかのジュールにうれしい私!
っていうか最近再三言っておりますけれども本当ジュールが好き過ぎてどうしましょう、私。
最初からジュールが好きでした!なんて卑怯なことは言わない。でもジュールさ、かっこいんだもん。
男なんだもん。メロに堂々と好きだといい、ガイが泣かせてるようなら怒る!///
普通に殿方として惚れないわけがないの。ないのよなのです。

というわけで素直に告白したのでジュール君との結婚をお許しください、お母さん!(男前のえる)

ガイに掴みかかってたところを止めるメロの顔が!;;
もうメロの下がり眉が下がりすぎてみてらんない(´・ω・)、可哀相でならないよ・・・
そしてここでジュールにやり返さなないガイ君の株、ぐいっとUP✦
お笑い担当と思ってたけど(ひでえ)やっぱりガイもええんよねえ!!それよりジュールがええだけで///

ジュールがお給料前借?あれ、何買うんだろう・・・まだ出てないよね?ね!?
しかもマスターの女の勘によるとメロ絡み・・・と?
ままままままmまさか給料三ヶ月ぶっ・・・(///////)キャアアアアア!?
おやいやいや、でもジュールは焦らないって言っていたし、どうなのかしら!?
でもでもでもでも!でもー!あわわそれでもあたしOKだよ!(すっかり自分がメロ)

お軽いバーテンさん、キタわよ。いやねえ、またイケメンじゃあないのっ///
そうしたらアニスがキタ━━(*>∀<)━━!むっちゃ髪型かわえええええ!しかもグレンの探りを入れながら
貪欲に楽しもうとしてる・・・悪い、悪い女だぜ、アニス(*´д`*)-3-3-3ソコガイイ!!
イケメンだなあと思ったら、当たり前にアニスは既に飲みにいっていた(笑)流石すぎるよー!
本当にお酒だけなのか気になるけれど!///どうなんでしょうか、先生・・・///

メロとマスターの恋の話をするところについては、どきどきした!
ハラハラという表現があっているかもしれない・・・だってジュールは既に「賽は投げられた」状態でしょう?
でもメロはまだそこに対して恋愛的な気持ちが固まっても勿論ないし、堕ちてもないわけで・・・
ここでジュール以外にいってしまうなんてことになるのか、ジュールを応援してる読者としてはハラハラなんですよッ!

なのにマジでグレン出て行きやがった!こっ・・・の・・・・・バカァァァ!(表現表現!)
でもここのラスト、荷造り~出て行く流れのグレンのポーズやCCが秀逸すぎて、
臨場感がハンパない!///miruさんのSSはこだわりが随所にあるのが分かるけれど、このラストは!
脳内ドラマ化決定して放映されているレベル・・・!

今回もあっという間でした、面白かった!重い展開だと書いてても脳がフル回転するからきっと疲れるよね(;´∀`)
でもその分、相変わらず楽しいお話で、楽しませて頂いてます。ありがとう、miruさん。
次回いつかな、いつかな(わくわく)楽しみにしてます!
Re: タイトルなし
> りぐのえるさん

りぐさんこんにちは!
歯痛から復活されたようで何よりです(*´∀`*)また意欲的に更新頼みますよ~!(ええ、お互いにw)
最新ポーズ記事にもコメントをありがとう♥
肩ジャケCCでポーズ作ってみたかったから作ってみた~!
もうね、そこそこ前から言ってくれてるけど、りぐさんのジュールへの愛には未だに慣れないというかなんというか(笑)
私も何度も言うけど基本ジュールはタイプじゃないでしょう?
自分で言うのも何だけど、それを補って余りある魅力をジュールの内面に感じてくれてるのだと思うと
喜びも一入ですよ~(。→∀←。) ほんとありがとう!

>最初からジュールが好きでした!なんて卑怯なことは言わない。
はい。だからこそ嬉しいのです^^
ジュールに恋させたら予想外に純で真っ直ぐで男らしくなったよね(*´∀`*)
反面グレンの男らしさは何処行った・・・というねw
当初は意図していなかったのだけど、恋する男の行動にも色々パターンがあって面白いなぁと
描いていく内に気付いたりするのですね♥
ジュールと結婚とな?ダメだよぉ~!りぐさんは私の嫁なんだからっ(笑)

メロの下がり眉は一体いつまで続くのやら・・・/(´o`)\
撮影してても書いてても、こっちまで下がり眉になっちゃうのよねw読んでる方もおそらくそうでしょう^^;
まあヒロインにはこれでもかってくらい苦悩して頂いて・・・最後は笑ってもらいましょう!
お笑い担当(w)ガイの株もUPしたようで良かった♪
基本自キャラはみんないい子に描きたい欲深な私なので、脇の子達のいい所を気付いてもらえるのは嬉しいね^^

ジュールの給料前借?うん、その辺りは次回明らかに(*^m^*)
マスターの女の勘(www)ではメロ絡みですが、まあそうですよね(´、ゝ`)ニヤリ
>ままままままmまさか給料三ヶ月ぶっ・・・
ええええええええ!そりゃいくらなんでも先走り過ぎやしませんか?!(爆笑)
りぐさん焦ってはいけませんwww 書いてるの私だよ?じわじわ行くよ、じわじわ~(ふふふ)

新人バーテンが軽いキャラになりましたw
アニスはグレンの様子がおかしいの知ってるからね、メロに探りを入れてみたんだよね。
そしたらやっぱりメロも何か絡んでるのを察したようで、事の顛末に興味津々♪
アニスは彼ら(特にグレン)の行く末から自分も何かを見つけられるかもと無意識に期待してるのかも。
彼女もああ見えて、迷える子羊だったりするのでね^^
バーテン君との関係ですかぁ?バーテン君の、
>今日は俺、負けないつもりなんだけどな
発言ですよ?「今日は」って事は初ではない。え?何に負けないって?そりゃナニで(ry

(´▽`)

メロとマスターの話にドキハラしてくれてありがとう~!
マスターはほぼ状況を把握してらっしゃるようで。
恋に躊躇してるメロの気持ちにも本人よりも気づいているのかもしれない~w
恋は堕ちるものだと言われたメロが、まだ恋に堕ちていないとなると・・・
ジュール君はもっと頑張らないといけませんねぇ~(^∀^)
恋は突然やってくるので、メロがいつ何をきっかけに”堕ちる”のか、まだ分かりませんよ~!(なんてね)
って事で、ジュールを応援してあげてね♥きっと頑張るよジュール。

グレンが出て行っちゃったよ~!どうすんだ、あんた一体どうすんだ状態・・・(´∀`;)
ストーリーの大筋はできてるけどね、このグレンをどうするかが目下悩ましい所ですよ。毎回言ってるけど;
ラストのシーンに臨場感感じてくれて嬉しいです~!
表現したい脳内シーンは自作ポーズで再現するのが私の拘りです。なので褒めてもらえて嬉しい///
(いやうん、シナリオ変えるよりポーズ探すより作った方が早いのだ^^;)

相変わらず一話が長いのだけど、あっと言う間と言ってもらえて嬉しいです~!
重い上に派手な動きの無い回が続いてるけど、楽しんでもらえたなら良かった^^
早くりぐさんや皆さんに「ぎゃーーーーーー?!!」と言わせる回を書きたくてウズウズしてるのよ♪(意味深)

次回もそろそろ書こうと思ってるけど、ショートストーリーもやりたいなぁって思ってるの。
様子見ながらどっちも進めます(^―^)
いつもどうもありがとう!コメント楽しませてもらってますよ♪
りぐさんの更新も楽しみにしてるね~!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。