mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

【Raindrop】雨は初恋の記憶『後編』

Category: 短編ストーリー   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  
前回(前編)の続きです。
相変わらず長いでーす。ヽ(´ー`)ノ お暇な時に読んでね~♥






1_201407052338107f6.jpg
「私の恋心に変化が現れたのは・・・そうですね、」
そう彼女は話を続けた。









2_20140705233812e49.jpg
彼との出会いからちょうど一年程経った春先の事です。ええ、今年の春ですね。
私は折りしも彼との出会いの日と同じく教授へのお遣いでK大学を訪れました。
なんという偶然。その日もまた予期せぬ春雨が私を足止めしたのです。


3_201407052338139d9.jpg
冷たい雨でしたが、私にとっては彼との大切な想い出である春雨。
同じ場で二度目の不意打ちの雨にも忌々しい気持ちは湧く事もなく。
僅かに肩先を濡らす冷たい雫とは裏腹に、私は温かい気持ちで雨を眺めながら雨宿りをしていました。

ふいに近くに聞こえてきた雨水に乗せる足音。


4_20140705233814d37.jpg
彼の事に想いを馳せていた私は、意識を現実に引き戻されながらも無意識にその足音と彼の足音を重ねていたようです。

視線はその足音を発する方へ。
その時には自分でも気付かない程の僅かな期待を抱きながら俯いていた目線を上げました。 
その人物を確認する為に。








5_20140705233815eae.jpg
私の視界に入ったのは、ええそうです。 彼・・・




7_2014070523383109c.jpg
────と、彼にしな垂れかかる同じ年頃の可愛い女性。



6_2014070523382998e.jpg
瞬時、消えた雨音



8_20140705233832b99.jpg
私がそこに居た事に気付き、驚いたのか歩を止め僅かに眼を瞠った彼。


9_2014070523383420e.jpg
私達はお互いに言葉を発せず、しばし視線を絡め合っていたと思います。
『加波君~?』


10_2014070523383586d.jpg
数秒だったのか数分だったのかさえ、私には記憶にありません。
ただその瞬間に、肩を濡らしていた春雨の雫が痛いほどに冷たく感じたのを覚えています。

そしてあんなにも温かく大切だった春雨の想い出が崩れていき、雨に新たな印象が芽生えたのを感じました。


11_20140705233909b00.jpg
『加波君、どうしたのぉ?ねぇ、行こう?』
『あ・・あぁ、うん・・』


12_20140705233911db8.jpg
彼との出会い以降、好きになっていた”雨”を嫌いになった瞬間でもありましたね。



13_20140705233912241.jpg
結局私達は一言も交わさないまま彼はその女性と去って行きました。



14_20140705233914568.jpg
ええ・・・その時の事を思い出すと今でも胸が凍りそうな冷たさに襲われます。


15_20140705233915252.jpg








15-1_20140705233928961.jpg
私はその時のその想いにこれ以上濡らされるのが嫌で、けれども一刻も早くその場から居なくなりたくて
雨に濡れるのも構わず傘を入手する事もなくバス停へと向かいました。



15-2_201407052339295eb.jpg
今思えば、その日はバスを使わない方が賢明だったんですよね・・・
彼との出会いの日と同じ行動をなぞれば、その日との差異に余計痛い想いをするという事に
気付けるほどの余裕もなかったという事でしょうかね・・・。馬鹿でした。



15-3.jpg

その日感じた感情を、何と言うのかその時の私にはまだ分かりませんでした。


そして私は雨が嫌いになりました。










16_20140705233932f4d.jpg
「・・・・・」


17_20140705233934d35.jpg
「・・・? 先生、そんな顔しないで下さいよ。ここまで聞いたのですから最後までお付き合い願いますよ?」
「うん、まあ・・・続けて?」
「ええ、では」








え? ・・・その後ですか?ええ、彼とはその後も何度か会いましたよ。
その春雨の日の事はお互い何も言わないまま、それまでと同じ様に。
ああ・・SEXもしましたね。
はぁ?露骨な表現・・・って、もういいじゃないですか。今更ですよ。


18_20140705233945ab4.jpg
で、彼はそれまで通り優しく私に微笑み触れてくれました。
けれど、私の中で変わってしまった部分があったのです。
彼の側に居ても、離れてしまった心の距離を感じない訳にはいきませんでした。

だってですね、彼に優しく微笑まれると


19_2014070523394651b.jpg
その微笑を別の女性に向けている彼の姿が脳裏に浮かびます



20_20140705233948eac.jpg
彼に優しく触れられると


21_20140705233949eef.jpg
私ではない誰かに触れる彼の姿が浮かびます



22_20140705233951f78.jpg
『どうしたの?緑さん』
『・・・・・』



23_20140705234003c58.jpg
私ではない誰かと睦みあう彼の姿が



24_2014070600594146d.jpg
そうなってしまうと、私にとってただただ温かく幸せで甘やかだった彼との関係が、
一緒に居ても居なくても、胸を締め付ける痛みに感じられるようになってしまったのです。


25_20140705234006951.jpg
消しても消しても浮かんでくるそんな妄想が



26_20140705234007f37.jpg
『なんでも・・・ありません』



27_201407052340092a1.jpg
『・・今は俺だけを見て?・・・』





こんな想いは初めてでした。
とにかく胸が痛くてどうしようもない。このまま放置して学業にも影響するようでは困ります。
それで私は考えました。


28_20140705234022712.jpg
そう、これが『恋』というものなのかと。
それまで恋らしい恋もした事のない私には分からなかったのです。

恋というのが甘いだけの物ではないのは知識としては知っていました。
ええ、自惚れる訳ではありませんが私、知識だけは豊富だと自尊していますからね。
いえ、知識だけは豊富等というのは決して自慢できるような事ではないとも理解していますけれども。
まあそれは今は置いておきまして。



29_2014070523402472a.jpg
しかし、では世の恋する女性はこのような胸の痛みを甘受しつつも恋に花を咲かせているのかと疑問に思いました。
だって、こんな痛みを常に抱えてるようでは日常にも支障が出ると思ったからです。
皆さんは一体どう対処しているのかと不思議でしょうがなかったです。


そこで私は数少ない気の置けない友人に事の顛末を掻い摘んで話して聞かせ、私の考える『恋』
というのが一般的なそれであるのかを尋ねました。









30_20140705234025e47.jpg
その時の彼女は・・・そう、今の先生のように苦虫を噛み潰したような顔をしながら言いましたよ。



31_20140705234027baa.jpg
『あんた・・・、そんな男やめなさいよ。まぁ、あんたの言うそれも『恋』ではあるけどね、
 もっと素敵な『恋』もあるんだからさぁ・・・』


32_20140705234028425.jpg
『素敵な恋・・・?』
恋ならば、今現在進行形でしているはずなのだけれど。

そんな事を言う彼女の左手薬指には婚約リングが。
つい先日同じ会社の方と婚約したと聞いたばかりでしたね。
お幸せに。というか絶賛幸せ満喫中ですか。そうですか。私と同い年ですよ、ええ。
彼女の口癖は、『能う限り最高の”物件”を手に入れてみせる』でしたかねぇ・・・
そんな彼女の続けた言葉に私は瞠目しました。


33_20140705234450928.jpg
『そう。相手の事を想うだけで世界が薔薇色に染まるようなね。胸の痛みもあるけれど、
 それはあんたの感じてるような痛みではなく、痛みすら喜びになるような甘い想いって言うの?
 愛し愛されてるが故の甘やかな痛み。もしくは片思いなんかで感じる切なく甘い想い。』

流石彼女も文系女子の「元」乙女。話の中身は噛み砕けないけれど耳中りにはなかなかロマンチックな事を仰るなと・・・。
だけれども。


34_20140705234451aad.jpg
なんですと?

『・・・あなたの言うその痛みと私の感じてる痛みの何が違うのか分からないのだけれど。』
ええ、分かりませんでした。


35_20140705234452d8f.jpg
『まーったく。分からないの?あんたの痛みは”嫉妬”でしょうが。恋人でもない軽薄な男への嫉妬。
 しかも恋のスパイスになり得るような”勘違い”という名の嫉妬じゃないよね、それ。ばっちし本気の嫉妬じゃない。
 しかも報われなさそう・・・。そんな痛み嫌だわぁ。辛いだけじゃない、捨てちゃいなさいよそんなまやかしの”恋”
 美しい恋をしなさい、美しい恋を!美しい恋は己をも美しくするっ!!私を見なさい私を!』



36_201407052344532d2.jpg
『いくら見た目が良くたって、そんな軽薄軟派な男なんて本気になるだけ馬鹿を見るわよぉ~。大体あんたは・・・』
結婚相手を”物件”等と宣う彼女から出たそんな言葉に胡散臭さを感じつつも私の率直な感想は・・・

そんな。


37_2014070523445538a.jpg
『素敵な・・美しい・・・恋・・?』

彼女のその言葉を聞いて、私は衝撃を受けました。
彼女の続けた『これだから男慣れしていないいい歳の女は』
とか『どんだけ初心なのよ』
とかは耳に入っていましたが、その時に私の心はある想いに締められていたのです。


38_2014070523450816e.jpg
そう、『私も喜びに胸が痛くなるような素敵な恋がしたい』 と。
彼女の言うように私の痛みはそう、嫉妬でした。結構黒い嫉妬。その時はっきり気付いたのです。
え?『遅い』とか要りませんから黙って聞いてて下さいます・・・?



39_201407052345103c9.jpg
「じゃあ私は彼と待ち合わせがあるから。・・・緑、あんた大丈夫?
 何かあったら言いなさいよ?いい歳なんだからちゃんとしなさい!」
「ええ、・・・大丈夫。またね」

気付かせてくれた友人には感謝しつつ、彼女になんとなく借りを作ってしまった事を後悔したりもして、
ええ、彼女は貸した借りはきっちり回収する性質ですから。そんな所がまた小気味良いのですけどね。

とにかく、恋がしたいのです。
彼女の言うような切ないけれど美しく、あんな冷たい痛みではなくきっと温かな想いになれる素敵な恋が。
相手の事を想うと優しい気持ちになれる恋。相手にもそう想って欲しい。

ええ、”いい歳”ですので早くしないと賞味期限切れになってしまいます。








40_201407052345114cc.jpg
「・・・・・」


41_20140705234513c45.jpg
「・・・? ちょっと・・・先生、”賞味期限”、ここ笑う所ですよ。」
「いや君そんな難題をっ!分かり辛いです・・・!!!」 


42_20140705234514feb.jpg
・・・ここまで聞いた感想は。
なるほど。君の気持ちはよく分かる。そうだね、早くした方がいいね。
うん、年齢的にもそんな男に弄ばれてる場合じゃないし・・・何より勿体無い。
──────と、僕は思ってしまった。


43_20140705234527f04.jpg
「だから、彼との偽りの恋を終わりにする事にしたんですよ。 まぁ私、恋愛初心者でしたし、
 いい経験させて頂いたと思う事にしました。彼に対して恨みとかありませんよ?ええ本当に。
 だって彼は私を騙した訳でもないですし、私に対する彼の態度に嘘はなかったと思いますし。幸せでした。
 ただ、私の望むものが彼の与えるものと食い違ってしまったというだけの事です。」

「そうなんだ・・・」
まあそれが正解だとしか言えないだろうと僕は思った。


44_2014070523452808b.jpg
「それに彼とお別れする事に決めてから、彼の好きだった長い髪を切ったんですよ私。
 見て下さい、結構似合ってるでしょう?すっきり軽くなりました。」

「うん・・・」


45_20140705234530cc5.jpg
「それから彼が嫌がるから控えてた肌の露出もほら。こんなクソ蒸し暑い時期に露出控えめとありえないでしょう?!
 髪も服もさっぱりで気持ちもすっきりですよ。」

ほらって・・・うん、凄く似合ってます。似合ってますが、


46_20140705234531207.jpg
”クソ”って何だ。君そんなキャラだったっけ?

しかしそう言った彼女は、その”恋”を本当に捨てたんだと納得せざるを得ないような晴れやかな顔をしており、
初めての辛い恋から得た経験をきっと無駄にはしないだろうと思わせる爽快な美しささえ見て取れた。
これが『一皮剥けた』と言う感じなんだろうか。


47_2014070523453390f.jpg
そして彼女の話を聞いた後の自分は、それまでとは違った目で彼女を見ている事にも気が付いた。
今話を聞いた後に見る彼女はこれまで知る彼女よりも強く美しい。実体を伴った生身の苛烈な美しさとでも言うのか。

彼女はなんともいい女ではないか。
才もあり聡く品もあり美しく、そこになんとも言えず初心で可愛らしい恋に憧れる乙女の姿が印象に加わってしまった。
だが恋を知った艶も感じられる・・・
そんな彼女に自分は、


48.png
「まぁ、・・・私の話はそんなところですが・・・あ、雨が・・・降ってきましたね。やはりまだ梅雨明けはしてませんねぇ」
「え?・・・ああ・・」

立ち上がり、窓から降りだした雨を眺める彼女の横顔に引き寄せられる。


「ねえ」


49_20140705234809443.jpg
「・・・新しい恋の相手、僕ではダメかな?」
「・・・はい?」

うん、突然の僕の行動に驚くよね?僕だって驚いています。なんで自分は急に唐突にこんな事を言っているのか。
でも、


50_20140705234809e12.jpg
「先生・・・?」

彼女の相手だった男が誰であるとか、今日まで彼女にそんな気持ちを抱いた事など無かっただとか、
そんな事を考える前に思わず彼女の肩を掴んでそう言ってしまった。
それ程までに目の前の彼女が魅力的で、これから彼女がしようという”素敵な恋”の相手に自分がなれたら嬉しいだろうと
思ってしまったのだ。


51_20140705234811965.jpg
「何を馬鹿な事を仰ってるんですか。仰ってる意味、分かってますか?先生」

眉を顰めて彼女は言う。いや、ここは頬を染めて欲しかった!
「いや、うん・・分かってる。ふざけてるつもりはないよ。」

「・・・・・そうですか。でもね先生」


52_201407052348122bd.jpg
「?!」
振り向いた彼女が僕の肩に手を添えて、そして・・・



53_20140705234831789.jpg
「私、次の恋のお相手には、『モテない』方を希望します。」

なんて彼女は僅かに笑みと艶を含んだ声で囁いた。
ドキリ。


54_20140705234833628.jpg
すっかりその気になっている僕の耳元で囁くのはやめてもらいたいようなそうでもないような。
正直、ドキドキした。
あれ?藤島君・・・こんなキャラ・・・?


55_201407052348340e5.jpg
「・・・僕、モテないよ。」
そう言えば、

「ご自身が知らないだけですよ。女子先生学生の間でもかなり評価は高いようですよ?」
なんて言うものだから、その女子学生の中に院生である君は入っていないのかと聞きたくなった。
そして、

「・・・という訳ですので、」


56_20140705234836965.jpg
「渚さん。今までありがとうございました。」
「っ・・・!?」


彼女のその声に振り返ってみれば・・・

57_20140705234837b70.jpg
常と変わらぬ朝帰り故に自室で惰眠を貪っていた筈の弟が、何とも言えない顔をしてそこに居た。
昨夜も何処かの女性と何処かで共に過ごしてきたのだろう。
うん、うちでなくて良かった。


58_2014070523492191f.jpg
「緑さん?・・・なんで・・・」

・・・ああ、やはりお前だったのか、渚。(はぁ・・・)
この時の僕の気持ちゲージの下降具合を、どうか誰か想像して欲しい。と思う。


59_20140705234923518.jpg
「どこからお聞きになっていたのかは存じませんが、渚さんにはこんな年上でつまらない私と付き合って下さって感謝しています。
 素敵な経験をありがとうございました。私、新しい恋を探します。ああ、これ・・・」


60_20140705234924d89.jpg
そう言って出されたのは一本の傘。

「出合った日に渚さんが忘れていった傘です。長々とお借りしてしまってすみませんでした。お返しします。
 私にはもう必要ありませんから。」
彼女の声には一切の迷いも無く、決定事項を冷静に告げる色しか感じられなかった。



61_20140705234926130.jpg
「・・・っ」

彼女と弟の間をチラチラと視線を巡らすも、弟は何も言わずに固まるばかり。
だかしかし、その拳は強く握られ僅かに震えているのが見て取れた。


62_20140705234927693.jpg
「では私はこれで。先生、話に付き合わせてしまいすみませんでした。お陰ですっきりしました。」
「あ、それはいいけど・・・外は雨だよ、送ろうか?」

正直複雑な胸中は脇に追いやり、この期に及んでそんな声を掛けてしまう自分も大概なんだろうか。
因みにこの時点で、放蕩な弟に対する気遣い等という物は僕の中には存在しない。
背後で固まっている弟よ、自業自得だ。恥をしれ。反省しろ。そして後悔しろ。

「いいえ結構です。もう雨は嫌いではなくなりましたから。今みたいな気分の時は、色々雨に流された方が
 気持ちいいと思いますし。」
「そうかい・・・?」

今ここで、これ以上追い縋るのは彼女は好まないだろう。


63.png
そうして彼女は雨の中、傘もささずに帰っていった。
マンションの窓から見えた彼女の後姿は、雨に濡れながらも軽快そうな足取りに見えた。
きっとそれは彼女の吹っ切れた気持ちを表していたんだろうと思う。

きっと、もう雨も嫌いではなくなったはずで。


64.png
吹っ切った女性はかくも強い。男なんか足元にも及ばないくらいに。



────────────



65_201407052352008fc.jpg
さて、残されたのは男二人。
彼女の話す”彼”がこの弟である事は途中から気付いていた。残念ながら結構早い段階で。


僕達兄弟の話を少ししよう。
渚の思春期にあたる頃に両親を事故で亡くしてからからは僕が親代わりのようなものだったけれど、
僕にも仕事があり忙しく、現実的な生活面での世話しかしてやれなかった。
こいつの寂しさや思春期特有の感情の起伏に気付いてはいても、僕は僕の生活で手一杯で何もしてこなかった。


66_20140705235201625.jpg
「・・・まぁ、話を聞く限り自業自得だな、渚。」
「・・・てか兄貴、何緑さん口説いてんだよ・・・」
「え、いやまあそれは・・・。でもお前にそんな事を責める資格はないと思うけどな。」


それ故か、渚は寂しさを埋める存在として女性に甘えるようになったのだと思う。
気付けば特定の相手ではない女性とフラフラ交際を繰り返すどうしようもない軽薄男になっていた。
それはある意味仕方がないと兄としても思う所ではあるのだが、まさか藤島君にも手を出していたとは。
お兄ちゃん驚きである。


67_20140705235203473.jpg
「・・・っだって! そりゃ歳の割りに可愛くて初心だったけど俺なんかより緑さんは大人だし落ち着いてるし余裕なのかなって
 ・・本気で想ってくれてるなんて思わなくて、俺が本気になったら逃げちゃうかなって・・・!
 ・・本気だって見せたらウザがられるかなってっ・・・!だから!だけど俺寂しくて・・・!」

なるほどである。いやなるほどではない。馬鹿だこいつは。
彼女の初心で物慣れぬ様子で気付かなかったのか?なんの為の女性遍歴だ。いや、そんな為ではないだろうが。
「これだからガキは・・・」 と独りごちる。

彼女に対してにわかに芽生えてしまった自分の気持ちはさて置き、可愛いくも駄目な弟の本音がそうであるならば
兄としてしてやれるのはこれしかない。
溜息と共に告げてやる。

68_2014070523521653a.jpg
「渚、・・・彼女が大切なら今何をすればいいか分かるだろう?考えろ。」
「・・兄貴?」

「まぁこれまでの行いを悔い改めて、激しく己を叱咤し猛省し、とりあえず携帯に入ってるどうでもいい女の番号を消すんだな。
 そして女遊びは止める事だ。だがその前にやるべき事があるだろう。」
「・・・・・」


69_201407052352188b0.jpg
「まずは彼女を追いかけろよ馬鹿野郎!捕まえて謝って本当の気持ちを伝えて来い!
 年上だとか何だとか、それは後から考えればいい話だろう?手放したくないなら、なぁ・・・渚!」

これだけ言っても動かないならもう知らん。


70_20140705235219aaa.jpg
「・・・!!」


71_20140705235221a4a.jpg
そう言ってやれば渚は飛び出して行った。
「渚!せめてズボンは履いて外へ出なさいっ!」

親代わりの兄として、至らなかった事へのせめてもの罪滅ぼしとしては上々ではないだろうか。
頑張れ、弟よ。



──────



72_20140705235222a2e.jpg
「やれやれ・・・」

だがしかし、彼女の先程の様子を見るに彼女はもう弟の事は過去の物にしてしまったのではないかと兄は思う。
彼女は先を見つめている。彼女もなかなかの意地っ張りのようだし、一筋縄でいくのか否か。
渚の取り付く島はあるのだろうか?


73_20140705235245e5a.jpg
まあ撃沈したら、酒でも奢って慰めてやろうか。そしてこれまでの放蕩ぶりを嫌と言うほど説教してやろう。
その後は・・・

彼女に対して自分がアプローチする事を誰に咎められる謂われはない。
────と、弟と教え子の”恋バナ”に巻き込まれた僕が思うくらいは許して欲しい。


74_20140705235246345.jpg
「さて、論文の纏めでもしてしまおうか・・・」


弟と彼女がどうなったのか、にわかな僕のこの想いはどうなったのか。
・・・それはまたの機会に。


(了)




短編ストーリーにお付き合い下さいましてありがとうございました(*´∀`*)
アスモデウスの方がシリアスで割と重い話なので、たまにこういう息抜きストーリーが書きたくなります。
前編のあとがきで書いた『何か気付いても触れないで欲しい』はですね、彼=渚 というだけの事でした(^^;)
おそらく気付いてる方が多数だとは思ったのですが、一応は最後の山場なので内緒にしてもらいました(笑)

この後の後日談+αは書くつもりです♪(多分また前後編になるかな?) 
次はアスモデウスの続きを書く予定ですが、今月ちょっと忙しいので「今月中に」と言っておきます(´∀`;)
ストーリー以外の更新はしますよー。(ポーズとか?)

いつもコメント・拍手等をありがとうございます。とっても励みになっています^^
拍手コメントのお返事は、特別な場合以外は拍手コメントお返事ページ(TOPから行けます)にてさせて頂いておりますので
該当の方はご覧頂ければと思います。
それとストーリー以外はコメント欄を閉じておりますので、コメント欄から長めメッセージを送りたい場合等用に
TOPページのコメント欄を開いておきます。何かあればそちらを鍵コメ等でご利用下さいね。(暫定的にですが)

投票も変らずありがとうございます(*´ω`*)ロンの票が伸びすぎてて・・・ビックリした!(笑)
アニスを抜くとはどういう事だ???彼は何かを期待されているんでしょうかね・・・ 頑張れw

では今回はこの辺で♥ 閲覧ありがとうございました(*^-^*)
関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer EntrySS詰め

Older Entry第五回コミュニティイベント【セクシー】+αで和シム!

Comments

miruさん、こんばんは(*´∀`*)まずは完結ありがとう&お疲れ様でした!
っ、て( ゜ д ゜ )ええええええええええ!鉢合わせはだめだろうよおおおおお!お前何やってんだよ、加波ぃー!
そしてそのあとのバス停が、バス停が!イヤー!(頭抱え)
前回あんだけ素敵なシーンだったのにこれはねえぜ、miruさん!(`;ω;´)
なにこの私が浮気されたみたいな追体験(爆笑)痛い!胸が痛い!www
いや実際この状況、私だったら怒鳴ってやるとかブン殴ってやるとか色々ね、思いつきはするけど
リアル遭遇したら緑さんと同じ反応だと思うよ。
絶対ふらーっとバス停にいっちゃうわ・・・・うぐふぅ・・・(心臓押さえ)

って、緑さん!その後もエッチしたんかーーーーーい!
読んでるときは切なかったけれど、今コメントのために2回目読みながらだと、ついツッコミ入れてまう!(頭抱え)
他の女性の妄想が出てきてしまう、しかも1人目の妄想相手は実際鉢合わせしたコ。
正直ね、実際目にしてなかったほうが絶対にラクだったはずですよね。
初対面のときから遊びなれてるって分かっていた緑さんでも実在の恋敵見ちゃうのは絶対に訳が違うと思うもの。
やめたほうがいいよ~、緑さん~。しっかしこのリアル感、ヤバイ。読んでいる私、勝手に緑さんの親友気取り(爆笑
そう思ったところに本当のお友達が登場して、私赤っ恥ww

このお友達も緑さんと同じく、言う事言うねえ~ww
素晴らしい類は友を呼ぶ(・∀・)気持ちいい!こういう気持ちがいい女性大好き。
そして彼女の着ている服と髪型も私、とっても好み(*^∀^)!(結構どうでもいい情報www)
>そう、『私も喜びに胸が痛くなるような素敵な恋がしたい』 と。
そうそうそうそう!(*>m<)喜びゆえの痛みっていうか疼きとか、そういうのって・・・いいよね!///

回想を終えて終わらせる宣言した彼女、『偽りの恋』と言い切ってしまう緑さん。男前やで!ww
そしてこの今語っている時の髪型が一番素敵。
んあーーーー!!////そsssssそして先生がいったー!////わかるよ、ここまで訊いたら、
それにこのゲイ剣でこんな気持ちのいい中身じゃ分かるよせんせい、分かります、分かりますー///
いつのまにかメガネが取れていたけれども、それでもいいの!(*´д`*)-3-3-3
弟=渚、今回のお話で途中で気付いたよね!そうじゃないかって!前回は全然気付いてなかったよね(照

>背後で固まっている弟よ、自業自得だ。恥をしれ。反省しろ。そして後悔しろ。
だあだあ(頷く)先生の一人称というのもあるけど正直ね~緑さんのこの素敵さをこれだけ
読んで知っている親友の私としては(コイツYABEEE:笑/冗談だよ?w)ダメだよ。勿体ないもん。
小股の切れ上がった粋な緑さんは確かに恋愛初心者だったけれども、
渚のボウヤよりやっぱりとっても魅力的だもの。本命大事に出来ないボウヤはあげられないね!(`・ω・´)9m✦
でも下着で飛び出そうとした渚君かわいくてずるくて、ああ、くっそ、持って帰(ry)
緑さんがどうするにせよ、ちゃんとぶつけ合わせてやろうとする先生の大人の男らしいところ、私好きです(✿ ´v`)
後日談がとっても気になるけれど、前後編とても楽しく拝読しました。どうもありがとう!
そしてまさかのアニスがロンに敗れた事実に私( ゜ д ゜)コメント長くてごめんなさい。次の更新はアスモデウス!
そちらも楽しみにしております✿
Re: タイトルなし
> りぐのえるさん

りぐさんこんばんはー!労いのお言葉をどうもありがとうです(。→∀←。)
そうだよね、前回のバス停のシーンと今回のシーンは緑さんの心境が真逆ですねぇw
この対比が、緑さんが雨を好きになったのと嫌いになった場面の退避なんです。
緑さんに感情移入して読んで下さったようで嬉しいですよぉ(´▽`)
この状況(鉢合わせ)、彼氏彼女ならば「てめえこの野郎!あぁん?(#`Д´)」なんですけどね(私ならw)、
緑さんはそういう関係じゃないと自重しちゃってるので・・・何も言えませんでしたね(´・ω・`)
もし自分がこういう状況だったら・・・痛いよね!胸が痛くて冷たいよね!そんな恋イヤだ~><
なのにその後も彼との関係を断ち切らなかった緑さんは、どこかやっぱりズレているとしか言えない・・・(^^;)
恋愛に不慣れでも、こういう関係が不毛で良くないってもっと早く気付かないとね。
まあそれだけ好きだったという事なんですが。
でも彼の他の女性との関係が現実的に見えてきちゃったらもうダメだよね~w嫉妬心は抑えられない。
そこでやっと彼との別れを決めたよ!親友りぐさん!(笑)

緑さんの友人はやっぱりこんなタイプ♥ こんな二人、男からしたらちょっと怖いよね~(*^m^*)
りぐさん彼女の服装とか好きだと思ったー!大人シックな感じ好きだもんね。
そうそう、恋は喜びに胸が痛く、疼くようじゃないとね・・・///

吹っ切った緑さんは持ち前の男前ぶりを(笑)取り戻したようです(*^-^*)
先生が唐突な好意を抱いちゃった辺り、納得して頂けて良かったwちょっと無理やりだったかななんて思ったので^^;
先生のメガネは、前編の途中でちゃんと外してますよ!(手に持ってるよ!笑)
あら、彼=渚 は前回は気付かなかった?それはそれで良かった♪

りぐさんはきっと渚のようなタイプは無理な人だよね。私は結構好きなんだなぁ~・・・これが(笑)
遊び人で甘ちゃんでダメな男だけどさ、こういうタイプにも(「も」大事)惹かれるんだな~(^∀^)
こういう男が自分だけを見るようになったら嬉しいじゃない?ふふふ・・・♥
なんて予断は置いておきまして、確かに緑さんの様な真っ直ぐに綺麗(中身が)な女性は勿体無い!
親友(りぐさん)も反対のご様子なので、緑さんには「やめときなさい」と言っときますか(笑)
この後どうなるかはまたの機会に書かせて頂けたらと思います^^

アニスがロンに負けてるなんて驚きだよねーwwwロン・・・何故だ(笑)
楽しく丁寧なコメントをいつもありがとうございます~♪
miruさんこんばんは^^
更新お疲れ様です♪&今回も素敵なお話をありがとうございます!

前編の時から緑さんの不思議さんなキャラに惹き付けられていたのですが
題材である?雨が尚更彼女の心情を物語っているようで胸が締め付けられました。
てか鉢合わせはダメよー(号泣)緑さんと同調してしまって余計胸が痛い><
でも、鉢合わせしてしまった時の加波君の表情には、その鉢合わせしてしまった場面にしては軽薄な印象もなくて・・・・
お互いに、アクシデントだったんだろうなぁと感じました。
その後のバス停での緑さんのシーンも切なすぎて・・・・でもどこか色っぽくて(T-T)
雨のバス停で空を見上げている緑さんの横顔が色んな想いを物語っているようで
何でここで追いかけてこないの!と、一人憤ってしまったのですがw
その後も関係が続いていたとかmiruさん鬼畜!(←褒め言葉w
でも緑さんは自分の感情が分からなかったのですね・・・(´・ω・`)年とってからの初恋は辛いからな!w
お友達の言葉で自分の中の嫉妬という感情に気付けたことで、更にイイオンナになるってワケですよね!

そしてなにより、
>え?『遅い』とか要りませんから黙って聞いてて下さいます・・・?
とか言ってしまえる緑さんは素敵な女性だと思うので、新しい恋というのは賛成ですねー!w
先生が好意を抱くのも分かります!でも緑さんお断りしちゃうとかホント男前www

前回は本当にサッパリ解らなかったんですが、後編を読み始めて「あれ?もしかして?」と思いました( 〃艸〃)
やはり先生の弟さんでしたか♪彼の方もやはり緑さんのことは本気だったのですね?
先生が叱咤したことにより弟君も追いかけていきましたけれど、余裕のなさそうな格好を見ても緑さんに伝わるかどうか心配><;
まぁ、緑さんからバッサリと切り捨てそうな予感すらするのですがw
弟君に頑張って欲しいような・・・先生にも頑張って欲しいような・・・・複雑な心境です(´・ω・`)
あ、弟君、振られたらオネーサンが慰めてあげるから大丈夫///(←ヲィw

miruさんのSSマジックとストーリーテラーっぷりには毎回感動を覚えます(^^)
物語の最後まで乙女心くすぐられまくりで展開が気になって気になって・・・!後日談+αを拝見するのが楽しみです^^
もちろんメロちゃん達のお話も気になりますけど、miruさんの物語はどれも秀逸だから好きですよ~( 〃艸〃)

今回も素敵なお話を公開して下さり、ありがとうございました♪^^
Re: タイトルなし
>mink★さん

minkさんこんばんは!TOPページにコメント頂いたのですが、この記事へのコメントへのお返事なので
こちらから書かせて頂きますね~(*^-^*)

短編ストーリーを読んで下さってありがとうございました♪
このお話の軸になっている雨を、その時の気持ちで表情が変るという風に感じてくれて嬉しいです^^
フィロソフィ溢れるだなんて・・・そんな高尚な物ではございませんwww(´∀`;)
自分の書きたい事を詰めてしまったので、ちょっと文字数も多くて読み辛かったんじゃないかと思います~w
なのに丁寧に読んで下さって本当にありがとう~!
緑さんの恋は普通じゃないだろうなとは思うんですが、これはこれで彼女なりの恋の仕方だったという事ですね。
恋は人それぞれ感じ方や考えかに影響しちゃったり嬉しかったり悲しかったり。不思議な物ですよね^^
minkさんは初恋に翻弄されたの?私のちゃんとした初恋って・・・いつだったのk(遠い目)
そうそう、女性は切り替えが早いのかもしれませんね(^∀^)自分の中でけじめを着けたら次へ向かうって言うw

うおー!ストライク渚、気に入りましたか?(*´ω`*)私も実はこういう子は好きだったりします♥
シムの造形的にも自シムの中で結構お気に入りですね~♪
軽薄、放蕩男子・・・リアルではアカン気もするけど(笑)、二次的には惹かれるものがあるよね(*^m^*)
渚はおそらくこのシリーズ以外でも使い回すと思いますので(笑)愛でてやって下さいね♥
ははは、緑さんに嫉妬してもらえるほどとはー!再読とか嬉しいなぁ(*´∀`*)どうもありがとう!
この後渚と緑さん、先生がどうなるのかはまたの機会に書かせてもらいますね♪

こちらこそ、温かいコメントを頂けてとっても嬉しかったです。お忙しい中ありがとうでしたー!
こんにちわ!
後半まってましたあああああああ!!
彼・・・・え!?( ゚д゚)
別の女と、相合傘・・それを見てしまった緑さんの
悲しげな表情、そして雨。
ううう・・やっぱり彼は最低なのねぇ~?
・・・うん?でも待てよ?
彼も緑さんを気にしてる感じですね~。本当に最低男なら
まいいか。しょうがねーで終わるけど
なんだかあの顔。

なんかそういう修羅場というか裏切られたと分かった瞬間に
何もかもが変わりますよね。
好きだった雨が嫌いになって、
いい思い出は全部思い出したくない思い出になる。
緑さん辛かっただろうな。

>え? ・・・その後ですか?ええ、彼とはその後も何度か会いましたよ。
エエエエエエエエえええええええええええええええええええええええええ!!???wwwwwwwwww
会ってるの!?SEXしてるの!?wwwwwwwwww
緑さん、それでいいんですか!!(机バンバン!!

あ、でもよくはないみたいで良かったですww
全然気にしてないのかと思いましたww

分かるよ!!!!自分に優しくする彼を見れば見るほど
別の女性にも同じ事をしてるのか、と考えてしまうよね;;
うわあああああ
切ない!しかも「どうしたの?緑さん」って彼!
分かってるだろうがっ!!!このやろう( ゚д゚)ノ

緑さんのご友人、とても素敵な言葉を次々とおっしゃっていて
あなた美しい!!と私も目をキラキラさせちゃいましたよw
美しい恋をすれば自分も美しくなる!そうですそうです><
あんな女たらし捨ててしまえばいいさ!!私も捨てる!!(おいwww

緑さんおキャラが崩壊しつつありますね。クソって君・・www
でもそんなとこがギャップがあって、いい!

・・・・・え( ゚д゚)やっぱり先生そうきたか!?wwwwww
僕ではだめかって
いきなりだなオイ!!いいと思うけど!!
彼よりかは誠実そうで、いいツッコミになりますよきっとw

はい彼登場(どーんwwww)
渚くんね。はいはい(^∀^*)そんな気はしていましたが
弟か。似てるなーとは思ってたんですよ!!先生と彼(渚くん)納得だよ!
しかも何だか可愛らしい理由ですが
あの固く決意している緑さんを説得して復活できるでしょうか。
緑さんは結構頑固な気がします。
しかしまたこの雨の中で、というシチュエーションはいいですねー!
緑さんにとって、雨の日がすきになるのか、嫌いになるのか。
その後が気になりますが、今回はここで終了なのですね。

SSがとても美しくて
話の流れもキャラクターも素晴らしくて
渚くんにゾッコンになりましたよー^^(名前もいいね!w)
そして兄弟萌えな私にとって、この展開はご馳走様なわけですww
後日談があるようなので、楽しみにしてます!
Re: タイトルなし
> chikoさん

chikoさんこんばんは^^後編も読んで下さってありがとうです♪
緑さんのキャラは、真面目だけど天然入ってて不思議さんかもですね(笑)
なかなか思うように表現できなかったのだけど、「雨」でその都度の心情を表現できたらと思っていたので
そう感じてくれて嬉しいです^^
好きな人が他の異性と寄り添ってる時に鉢合わせは辛いよねー><
一応緑さんと彼は、付き合ってる関係ではないので彼を責めることはできなかった緑さんです(´・ω・`)
彼も軽薄な行動を取ってはいるけど緑さんの事は気にしてるようで。。。ねぇ?(^∀^)
バス停でのシーンは、口には出さないけど緑さんの悲しみを表現してみました♡悲しみが伝わったなら良かったです。
その後も関係が続いちゃったのは元々が恋人同士という訳ではなかったからと、そうする中でやっと緑さんは
嫉妬する自分に気付いて辛いなと思うようになったからですね。
鬼畜・・・(笑)それは褒め言葉ですね?('ー') フフ

先生も話を聞く内に緑さんの魅力に気付いて惹かれちゃったようですけどね、緑さんはまだそんな気にはなれないようで。
そりゃいきなりは無理だろうってね(笑)先生、性急過ぎです。
新しい恋をするにも段階を踏まねばね~(´▽`)

彼=渚、前回は気付きませんでした?それはそれで良かった(*^-^*)
渚は軽薄で遊び人だけど、緑さんの事は本気で好きだったのです。お互い最初からちゃんと言えば良かったのにねーw
さて、緑さんを追いかけて行った渚の想いは受け入れられるのか?!緑さんはもう吹っ切ってしまいましたからね♪
先生もどうなんでしょうね?にわかな恋心はどこまで本気なのか。。。
渚が振られたら、chikoオネーサンよろしくお願いしますね♥

この続きはいずれ書かせて頂きたいとは思っています(*^-^*)その前にやる事がまた色々あるねぇ~・・・^^;
今回の短編は、短編ゆえに長くなったし文字が多くて読み辛かったかと思います。なのに丁寧に読んでくれて
どうもありがとうございました^^
アスモデウスの方も続きを頑張りたいと思います!chikoさんも続き頑張ってぇ~(´▽`)

コメントありがとうございました!
Re: タイトルなし
> ahiruchanetさん

ahiruさんこんばんは!後編待っててくれてありがとうございます~^^

そうそう彼は最低だったよー(。→∀←。) ←何故この顔www
彼も緑さんを気にしてはいるけどね、でもやってる事は軽薄この上ないので弁護はできないねw
緑さんも元々彼氏彼女の関係じゃないって分かってはいたけど、好きな人のそういう姿を見たら辛いよね;;
分かってても実際目にしたりしたら辛い!彼への気持ちも変っていっちゃうよね~・・・
今回は「雨」を使ったけど、例えばその心境の時に聴いた曲とかね、好きになったり嫌いになったりもするよね。

その後も特に関係が変った訳ではないので緑さんはまだ彼との逢瀬を続けちゃいましたw
でも気持ちは変ってしまったのね。。。自分の嫉妬心にも気付いちゃった。
そうなっちゃうともうね、彼がこんな事するのは自分だけじゃないんだ・・・とか思っちゃうとね!
辛いよね~><(経験談かよwwwああそうさwwwww)
彼は分かってないよ。男なんてそんなもんよ・・・┐(´ー)┌フッ

緑さんの友人、彼女も彼女でどうかと思うんだけどね(笑)
因みに彼女は後日談+αでも出す予定です♪
てかahiruさんもさ、軽薄な男に恨みがあるタイプ~?私もです。(真顔)←www

緑さんはゴーイングマイウェイで突っ走って頂きたい!それが彼女の魅力だと思います(*^-^*)
先生もいきなりそんなねぇ~(´▽`)流石スケコマシの兄wwwww
先生は誠実だけどなかなか「いい」性格してると思うのよね。まあ緑さんには敵わないだろうけど♡

はい、渚=彼 ドーン(^∀^)
そんな気がしてたでしょう?私も隠してるつもりはなかったのよ♪
似てるっていうのは実は、撮影してて私もあれ・・・・ってなったの。おおう・・・CAS技術か無意識か(´∀`;)
さてはて、渚は緑さんを引き止められるでしょうか?!緑さんの心中は・・・いずれまた!
「雨」になぞらえた彼女の心情を感じてくれて嬉しいです(*^-^*)
表現力不足なのが否めないんだけど、そんな風に読み取ってもらえて安心しました♪

今回の短編は、長めになったし文字も多くて読み辛かったんじゃないかと思うのです。
なのに丁寧に読んでくれてキャラも気に入ってくれてどうもありがとう!
渚は私も気に入ったのでまた短編以外でも使うかも♥
後日談もいずれまた書きますのでよろしくです。コメントありがとうでした~♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: こんにちは。シムについてです。
> 鍵コメ yunaさん

yunaさんはじめまして!いつも見に来て頂いてるとの事、ありがとうございます(*^-^*)
アスモデウスも短編も楽しんで頂けて光栄です♪
SSにもお褒めの言葉をありがとうございます///

渚を気に入って下さったのですね~(´▽`)
渚は私も気に入っているのでそう言って頂けるのは嬉しいです。
そして配布を希望して下さるお気持ちもとっても嬉しいです。
しかし、私はシムの配布は基本しない方針です。。。
ですので配布目的で作ったシムでなく、ブログ内で使用しているシムを一般配布するのは控えさせて頂くつもりです。
理由としましては、シムに愛着があるというのと使用CC(スライダー含め)をご案内するのが困難だからです。
現在は入手できなCCも使っております。
渚等は配布用に作った訳ではないので、何を使ってるのかの確認(DL先含め)をするのが非常に大変なのです^^;
今回はご希望に添えず、申し訳ありません。
私の作るシムを気に入って下さってるというのであれば、その内きちんと配布用として使用CCもご案内できる物に厳選して作成し、配布を検討してみたいと思います^^


配布の可否については以上ですが、ご質問頂いた渚に使用のCCを可能な範囲でご紹介しますね。
一部サイトのリンクは貼りませんが、サイト名にsims3を付けて検索すれば直ぐに見つかると思います。

・スキンはWEAKさんのESkin-nATURAL+TAN です。
・メイクはリップがTifaさんのN62(現在は要会員登録でDLは難しいかと思います)
 アイシャドウがSクラブさんのN01かN02(サムネで判別できませんでした^^;)
・コンタクトはDLサイトは見つけられなかったのですが、AboutPeopleEyes_MS93というコンタクトセットの一つです。
・アイブロウも沢山入れていて正確には判別不能なんですが、AkiraYamato-eyebrow-set かな~と思いますw

使用スライダーに関しましては結構な数を導入しておりまして、ほんの僅かに使ってる場合もありますし
現在入手できない物もございますので全部をご紹介するのは控えさえて頂きます。
ですので私もメインでがっつり使っているスライダーを紹介しますね。

http://modthesims.info/download.php?t=378416
http://www.modthesims.info/showthread.php?t=413903
上記スライダーをメインで使用しています。


通常CCの紹介は遠慮させて頂いているのですが、今回は配布というご希望に添えなかったお詫びと、
うちのシムを気に入って下さってる事へのお礼でCCの紹介をさせて頂きました(*^-^*)
少しでもお役に立てれば幸いです。

yunaさんもシムズプレイを楽しまれて下さいね♪
今後とも応援頂けたら嬉しいです。コメントありがとうございました!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お返事ありがとうございます^^
> yunaさん

yunaさん、わざわざお礼のコメントをありがとうございました(*´∀`*)
完全な詳細をご紹介できなくて申し訳なかったなぁと思っていたので、お返事嬉しかったです。

自分の作るシムが好きだと言って頂けるのは嬉しいですね~♡
ストーリー等を更新して、落ち着いて時間が取れたらシムの配布もやらせて頂こうと思います。
配布に興味が無い訳ではなかったので、いい切欠を頂いて良かったです(´▽`)

こちらこそ、ありがとうございました♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome