mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45.追いかけて

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  アスモデウスの翼  
9月いっぱいお休みと告知してましたが、多忙も一息ついたので早めに復帰です♪

ストーリー、かなり空いてしまって申し訳ないですw 今後はなるべく大幅に空かないように頑張ります(^^;)
前回はこちら。
今回はメロとジュールのデート後日からのお話です。
お休みした分も(とも言い切れないがw)読み応えある感じに(毎度お馴染み)長くなってると思いますのでね、
たっぷりとご堪能頂ければと思います(押し付けがましい奴w笑)







1-1_2014092400312060c.jpg
「お疲れさまメロ。ちょっといいかしら?」
「あ、マスター。お疲れ様です。」


1-2_201409240031222ee.jpg

「・・じゃ、ちょっと表で話しましょ?」
「はい」









1-3_2014092400311783d.jpg
「それで、ジュールとのデートはどうだったの?」
「え、・・・」


1-5_20140924003118a23.jpg
「っ、どうってそんな・・・。ああそう言えば、ディナーのお店はラルフさんのご紹介だったとか。」
「ん?そうよ。ジュールに頼まれたから。余計な事しちゃったかしら?」
「いえ・・・・・」


1-6_20140924003119916.jpg
「ねえメロ?あたしに隠す事はないのよ。あんた達より長く生きてるあたしはそれなりの経験もしているし。
 あんたくらいの子達の悩みや迷いは大体察しがつくのよ。それにグレンを含め、あんた達の事は可愛いわが子のように思ってる。
 あたしに気持ちを隠す事はないのよ。良かったら・・・あたしにあんたの想いを吐き出しなさいな。」
「っマスター・・・」


1-7_20140924003131e32.jpg
「そう・・ですね。」

マスターに言われて少しほっとした自分が居た。
もう今の気持ちを自分の中だけで処理する事に限界を感じるし疲れていたのかもしれない。
誰かに聞いてもらえるだけでもこのモヤモヤした気持ちが晴れるかもしれないと。

「・・・ジュールさんは本当に真っ直ぐに私に気持ちを向けてくれています。
 ジュールさんの優しさも温かさも慕ってくれる気持ちも私には勿体無いくらいで心が温かくなるし私を安心させてくれます。
 その想いに応えてしまえば私にとって物凄く居心地いいのだろうと思います・・・。」

「そう。そうでしょうね。それで・・・あんたはジュールが好き?」


1-8_20140924003133229.jpg
「・・・好き・・・ええ、好きですけど・・」
「そう好き?ジュールと同じように恋愛感情として好き?恋してるのかしら?」

「それは・・・・・マスター、私・・」


1-9_20140924003127f78.jpg
「・・・正直言って恋というのがよく分からないんです。ここへ来る前に犯した過ち。あの時の想いは確かに恋なのだとは
 思うんですけど・・・。ジュールさんに対して抱いてる気持ちがそれと同じかと言われると分からないし、
 でも恋の正解はどっちなのかって考えてもそれも分からないし。・・・分からないん・・・です。
 こんな風に考えてしまう私は、・・おかしんでしょうか・・・?」

「・・・」


1-10.jpg
「そう。あんたの気持ちも分からなくはないわよ。・・・恋と言っても一つに決まった形がある訳ではないし。
 過去のそれとジュールへの気持ちが違うのは状況も相手の対応も違えば別の物に感じても不思議は無いわね。
 メロ自身も分からないというその気持ちをあたしがこうだと決め付ける事はできないけど・・・」

「うん、ジュールに対するその気持ちも恋なのかもしれないわね。難しい事を考えずにジュールに寄り掛かってしまっても
 あたしはいいと思うわよ?今のジュールにはあんたの不安ごと受け止める包容力はあると思うし。
 ・・・あんたがそれで安心できるなら、それが一番いいにかもしれない。ジュールにとってもね。」

「・・・どうして、そんな風に言うんですか?”恋は堕ちるもの”だって言ったのはマスターなのに。」

あら。それはつまり、ジュールに対してはそういう風に感じていないと自分で気付いたって事かしら?
それとも他に気になる事が・・・


1-11_2014092400313005a.jpg
「まぁ確かに言ったけどね。あんたのジュールに対する気持ちがそれじゃないとも言い切れないと思うわよ?
 ”恋に堕ちた”なんていつ気付くかなんて明確な答えなんかないんだもの。それとも・・・
 そうだと言えない別の想いがあんたにあるって事かしら?」

少し意地悪な言い方かもしれないけど、この子は自分の気持ちにも気付けていないようだからしょうがないわね。
とは言えあたしにだって本当の所は分からない。
だから少しでもメロが自分の本当の気持ちに気付けるように手助けするだけ。
もう、みんないい大人なんだから。
いつまでも自分の気持ちさえ分からないなんて、もう言ってちゃいけないとも思うのよ。

分からないなら、分かるまでしっかり向き合えばいい。



1-12_20140924003201e40.jpg
「・・・・・分かりません。でも、グレンさんの事が気になってるのは確かなんです。グレンさんの事をこのまま
 放っておいてジュールさんとの事を考える事ができないんです。だから・・・分からないんです。」
「メロ・・・」

この子の場合、過去に経験した恋が心の枷になってしまっているのかもしれないわね。
自分の気持ちの何を受け入れ相手の気持ちの何処に飛び込めばいいのかの判断ができずに迷ってる。臆病になってる。
それ程心に傷を残す恋だったのだろうけど・・・



1-13_20140924003202392.jpg
「メロ、ありがとうね。グレンの事を考えてくれて。あんなに身勝手な子なのに・・・。」
あたしにとってはやっぱりグレンは我が子のように大事な子。
この場にそぐわない想いかもしれないけど、それでもグレンの事を気にしてくれるメロも気持ちが嬉しかった。
だからこそ、メロにも彼女なりの幸せを早く見つけて欲しいと願わずにはいられない。

「そんな、私はただ・・・このままグレンさんに何があったのか知りたいだけで・・・」


1-14_20140924003204cdc.jpg
「そうね。グレンが何故あんな風に意固地になっているのか。あんたが先に進むためにも知った方がいいのかもしれないわね。
 一度、ちゃんとグレンと話しなさい。どうしてもあの子がそれを拒否するならあたしに言いなさい。首根っこ捕まえてやるから。」
「え・・・、そうですね。頑張ってみます。私もこのままじゃ嫌だから・・・」



1-15_2014092400315888e.jpg
「勿論・・ジュールさんの気持ちも素直に嬉しいと思うんです。それに対しても自分の気持ちをはっきり知りたいです。」
「そうね。」



そうよ、頑張りなさい。メロもジュールもグレンも。
そうやって一生懸命模索して、自分達の未来を切り開いていくのが人生なのだから。

それぞれがどんな選択をしても、あたしはいつでもあんた達を見守っているから。
















2-1_20140924003200905.jpg
「ええ、はい・・・それが、まだ何も描けていなくて・・・すみません」


2-2_20140924003226473.jpg
「そうか。なら仕方ないな。」


2-3_201409240032285a7.jpg
『すみません・・・せっかくアベルさんが見て下さると言って頂いてるのに・・私、』
「・・描きたいという意欲が沸かないならばしょうがない。残念だがそれは君の問題だ。俺がどうこうしろと
 言うつもりもない。では失礼する。」


2-4_20140924003229a87.jpg
「あ、はい・・・ではまた」




2-5_201409240032238d6.jpg
「アベル、メロちゃん?彼女新しい絵が描けていないの?」
「ああそうだ。・・エリス、彼女最近何か変わった事があったのか?」



2-6_20140924003225b81.jpg
「んー・・? お店では特に変わった様子は感じないけど・・・。」
「そうか。まぁお前にそういう空気を察しろと言う方が無理か。」
「は?」


2-7_20140924003235c7a.jpg
「・・・アベル、彼女が何かに悩んでるとかならさ、メロちゃんが絵を描けるように相談に乗ってあげたら・・・
 いいんじゃないの・・・?・・だってさ、絵の先生・・なんでしょう?」


2-8_201409240032375ad.jpg
「何故?彼女が描くか否かは彼女の問題だろう。意欲の無い者に無理強いする気も無いしそこまでする義理も無い。
 お前にそんな事を言われる謂われもない。」
「むぅ


2-9_201409240032384c3.jpg
「そうかもだけどぉ・・・アベルってば。結構冷たいのね。」
「俺も忙しいんでな。やる気の無い者を相手にしてる暇は無い。・・お前の嫉妬に付き合ってる暇も無いんだよ。」
「・・・っ?!」


2-10a.jpg
「・・・なっ何よそれ!はぁ? 嫉妬とか誰もそんな事言ってないじゃ・・・・・」



2-11_20140924003234760.jpg

「・・・・・」


2-12a.jpg
「・・・もうっ知らないっ///!!」
「分かり易過ぎなんだよ・・・お前」
「違うしっ!!」








3-1_20140924003251715.jpg
「・・・・・」
「電話、あのアベルって奴?」


3-2_20140924003245603.jpg
「え?ええ、絵を見て頂く約束をしていたけど・・何も描けていないので一応経過報告を・・」
「ふーん・・」

アベルさんは絵を生業にできるくらい頑張ってみたらどうかと言ってくれたけど、確かにそうできたら素敵だなって思うけど。
今は描きたいという気持ちになれないでいる。だって・・筆を握っても出るのは溜息ばかりで・・


3-3_20140924003247f79.jpg
「なぁメロ、店を上がった後マスターと何を話してた?」
「え・・・? あっ、えっと・・・」


3-4_2014092400324882a.jpg
「・・俺には言いたくない事?」


3-5_2014092400331415a.jpg
「そんな・・・事は・・・」
「メロ・・」


3-6_20140924003316698.jpg
「俺に隠し事はしないで欲しいな。俺をもっと頼っていいんだよ?寄り掛かってよ。メロの事は俺が守るって決めたんだ。」



3-7_20140924003310b38.jpg
「っ・・・。グレンさんと・・・なんとかもう一度、ちゃんと話したいなって・・・そうした方がいいねってマスターと・・・」
「・・グレン?」

グレンさんの名前を出したらジュールさんの発する空気が変わった。


3-8_201409240033114f8.jpg
「メロ・・・」


3-9_2014092400331370f.jpg
「あいつと話したって無駄だよ。あいつに俺達の声は届かない。またメロが傷付くだけだ。」
「そ、そうかもしれないけど、でも・・・」


3-10_20140924003327d1f.jpg
「メロを傷付ける奴は許さない。あんな奴、相手にするだけ無駄だよメロ。駄目だメロ。もう、あいつに構うのはよせよ。な?」
「ジュ、ジュールさん」


3-11_20140924003329415.jpg
「あいつのせいでメロが悲しむのを見たくないんだ俺・・・。」
「・・・・・」


3-12_20140924003323794.jpg
静かに語るジュールさんだけど、空気が緊張感を孕んでいる気がする・・・
これまで感じたことの無い冷たい感情がその目からも伝わってきた。
あんなにグレンさんの事も大事に思っていた筈のジュールさんだったのに、何故?
二人の間にもやはり何かあったのだろうか。私の知らない所で。

やっぱりこのままでいい筈がない。
このままじゃ何も進まない。
私にできる事があるなら何もしないではいられない。

会わなきゃ。グレンさんに。話さなきゃ。











4-1_20140924003324ad1.jpg
「お疲れー!」



4-2_20140924003326f82.jpg
「お疲れさん。来週は結構大きな会場でのライブがあるから各々体調管理しとくんだぞ。」
「へいへい~・・」


4-3.jpg
「あっ、ねぇねぇグレンっ・・今日もお家行ってもいい?明日、オフだしさ、私ご飯作るから」
「お前・・・料理とかできんのかよ?全くそうは見えねぇぞ?」
「し、失礼な///」


4-4.jpg
「・・・・・」
「ん?」


4-5.jpg
「お前達・・・。そうか。まぁバンド内交際禁止だなどと言うつもはないけどな。 色んな意味で仕事に支障が出ないよう
 気をつけてくれよ。 まだまだお前達は成長途中だ。他の何よりも仕事を優先してもらわないと困るからな。グレン、」


4-6.jpg
「お前の加入の経緯はともかく、やるからにはきっちりやってもらわないと困るぞ。遊びじゃない、これはビジネスだ。」
「・・・ああ、分かってるさ。」


4-7.jpg
「シュリもあまり羽目を外し過ぎるんじゃないぞ?お前がこのバンドの要なんだからな。」
「・・・・・、ヒューさんに言われなくたって・・・わ、分かってるからっ!」
「そうか。頼むぞ。」


4-8.jpg
「シュリ、今日はやめておけ。俺もちょっと疲れてる。ライブが終わったらまたゆっくりな。」
「ん・・・分かった。」



4-9.jpg
「・・・・なぁロン、なんかこう、個人的にも客観的にも色々と居たたまれないんだけどよぉ?どうなんだよあれ。」
「・・・うるさい」









4-10.jpg


4-11.jpg
日の高いうちに上がれたのは久々だな。たまにはマスターの所にでも顔を出すか・・・


4-12.jpg
「・・?」


4-13.jpg
「・・・さ・」
「・・・・?」


4-14.jpg
「・・・・・」



4-15.jpg
「グレンさん!?」


4-16.jpg
「あっ・・・あの」
グレンさん!!
偶然だけど会えた!!話さなきゃ。話したい!グレンさんと話がしたい・・・!
「あ、」


4-17.jpg
「あの・・・」
「・・・!」


4-18.jpg
メロ・・・!
「ん・・・だよ、」


4-19.jpg
あー、・・・知るかっ!
「あっ!」


4-20.jpg
「あっグレンさん待っ・・・!!」












4-21.jpg
「・・・思わず逃げちまった・・・。くそっ」
なんで俺が

「ったく・・今更何だって言う・・「待って下さいよっ!!!」




4-22.jpg
「?!!!」
冗談だろ?こんなトロ臭い奴が何故追いつく・・・?


4-23.jpg
「チッ」

ふざけんな!なんで追いかけてくんだよ!何で俺が逃げなきゃなんねぇんだよ!









4-24.jpg
「はぁはぁ・・・マジかよあいつ・・・」


4-25.jpg
「勘弁してく 「だから!!何で逃げるんですかっ!逃げないで下さいよ!!」

?!



4-26.jpg
「!!!!!!」
「・・はぁはぁ・・・はぁ」


4-27.jpg
「おま・・・何処から湧いた・・・。」
「はぁはぁ・・・・田舎育ちの勘と脚力舐めないで下さい。私・・足が遅いだなんて言った事ありまし・・た?」
「お前、無駄な所で本気出してんじゃねぇよ・・・!大体何の用だよ。俺にはお前に用はねぇんだが」
「・・だじゃ・・し・・む・・はぁはぁ・・す・・」
「あぁ?」



4-28.jpg
「っそ、そんな風に突っぱねたってそっちこそ無駄ですからっ!私は無駄に本気出してません!舐めないで下さい!!」
「お、おい」


4-29.jpg
「お願いだから、に、逃げないで・・・」
「・・・・・」


4-30.jpg
「グレンさんには無くっても、私が、私が用があるんです!グレンさんに!」

いつに無く強気のメロに面食らったが、お前と話す気は俺には無かったんだぜ。
一方的に逃げたのは俺だって分かっていても。
ただ・・・


4-31.jpg
俺を逃すまいと必死に訴えかける眼差しとは裏腹に、握った拳が震えているのを感じたからか。
なんだが肩の力が抜けちまったんだよ。

「分かったよ」
何を決意したのかしんねぇけどな、お前本当は怖いんだろ?
また俺に理不尽に罵倒されるのに怯えてんだろ?お前の性格分かっててそう仕向けたのは俺だから分かるさ。
だというのにお前はほんとに・・・


4-32.jpg
「はぁ~・・・。分かった。話、聞きゃいいんだろ?」
「・・・!グレンさん!」


4-33.jpg

・・・ったく。
しょうがねぇな・・・

お前も俺も。


NEXT→46




今回も長々とお付き合い下さいましてありがとうございました(*´ω`*)
言ってしまおう、自分的ストーリー熱上がってます。
そろそろ完結に向けて、制作も展開もヒートアップしていきたいですね~!
って事で、頑張るぞっと!ヽ(´ー`)ノ

未定ですが次回辺り、アスモデウスに関するちょっとした変り種回を入れるかもです。
この先の話に進む前に、ここまでのキャラ心理の纏めっぽい物を入れといた方がいいかなと。やれたらですけどw

ではではまた~♡

関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer Entryそろそろ戻ります(^^;)

Older Entryうっかりご無沙汰してます

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
> れおんさん

れおんさんこんばんは(*´∀`*)いつも読んで下さってありがとうございます
楽しんで頂けて嬉しいです~♡
すみませんwwwメロの俊足でなんだか笑いに走っちゃいました(笑)
グレンと張るだなんてそんなバカな~・・・ですよねw

マスターがイケメンに見えてきましたか?(*^m^*)
私も最初はネタキャラ的なつもりだったんですけどね、マスターには何故か高評価を頂いたので
最近ではすっかり頼りになる皆のお母さん(w)的存在になりましたね^^ありがたい事です。

そろそろ本当に山場に入れるかな~といった展開ですので、続きも楽しみにして頂けると嬉しいです。
コメントありがとうございました!
miruさん、こんにちは~✿
お忙しいのが落ち着いて、早速ストーリーの更新がきていて(´▽`)うれしい。本当にありがとう。
今回私がとってもおおっとなったのは、あああん////久し振りのアベル~❤━━━━と言いたい所ですが、
いや実際正直な話、登場した瞬間PCの前で口に出してましたけども、いやいや、そうではなく!!(wwww)

悩めるメロちゃんに向かい合う2名の男ですよ!
アドバイスしつつも、きちんと距離をとっているマスター、
対して嫉妬も絶妙にブレンドされた「頼って、寄り掛かって」とメロに迫るジュール。
この2名の対比の書かれ方に「ほほう(・∀・)」となってしまいました。

まずマスター。
もうね・・・っ////オネエ言葉というのもあるかもしれないけど、マスターの母性がパないwww
もう男に転生してマスターと恋に落ちたい。
そのくらい、マスターは元々ステキな人だと分かっていたけど今回じんと来たし、安心したし、心が温まった。
母性と言う言葉を使ってしまったけれど、やはり男性だから父性でもありますよね、そうですよね!
そして私、父性の強いひとにとっても弱い・・・(*´д`*)-3-3-3(相当どうでもいい情報でたよ、これw)
心配するけど、そう。距離を持って何があっても「見守る」とても大事だと思うのです。

さて、それに対して・・・おやおや(・∀・)ジュールさんや。ニヤニヤ。ジュールさんや・・・。
若い!若すぎるぜ、ジュール~~~!!w
確かにね、こうやって言い切れるのは以前のジュールと比べたらとっても強く逞しく素敵だと思うのです。
でもその強さで、メロとマスターが何を話していたのかも知りたがったり、
甘えるのを強要(ちょっと違うけど他に表現が浮かばナイ><語彙力なくてごめんなさい;)するのも
ちょっぴり違うんじゃないかーい、とマスターのあとだと気付ける。
もちろん恋心にアベルやグレン宛の嫉妬と、
あと一番自分を頼ってほしい!というのが複雑に絡んでいるからこそなんだけれど・・・若いな(ふふふふふ)
これはさらにもう一皮、ジュールは剥ける必要がありそう?かな。

そして今回のタイトルの意味を理解して、爆笑!
に、逃げるんかーーーい!グレン、お前さんんんwwwしょ、小学生かっっ(*>∀<)!
街の路地といい、走って隠れてお腹押さえるメロちゃんといい・・・クオリティが本当すごいなあ、miruさん。
そして、意外っ!メロちゃんは鈍いけど脚力はすごい!(ノ∀`)アッチャパー

楽しくて考えて、あっという間でした。変り種回とは何かしら✦そちらも楽しみにしてます。
更新お疲れ様でした&ありがとうございました♪
miruさんこんばんは!

お忙しいのが落ち着かれた途端に更新されるだなんて、さすがmiruさん♪
更新お疲れさまです&ありがとうございます!

冒頭から大好きなマスターさんが登場されていて、今回のお話へのドキドキ感が早くも高鳴ってしまいました////
(ジュールさんとルディ先輩に挟まれているエリスちゃんに嫉妬を覚えただなんてそんな乙女みたいなことは言えないけれど←)

過去の恋愛経験からか、ドツボに嵌まって迷走してしまいそうなメロちゃんでしたけれど、
皆を愛情をもって見守ってくれているマスターさんが放っておくわけないものね。
他人でしかない皆を家族のように惜しみない愛情で包み込んで、そして母のように父のように助言をしてくれる・・・。
なんて素敵なお方なのでしょうね。マスターさんの懐の深さには胸が締め付けられてしまいます。

ちょっと表現がきつく感じられたら申し訳ないのだけれど、以前は、うじうじしているメロちゃんに対して
「こんなにも素敵な家族がいっぱい居るのになんでいつまでも殻に閉じこもってるの!」
なんて、焦れったく思っていたんです(ごめんね(汗)
でも、世捨て人っぽかったメロちゃんが、最近のお話ではグレンさんやジュールさんの変化と共にちゃんと成長していて、
自分でちゃんと考えて必死に生きている様子が見てとれて好感が持てますね。
元々好きだけど、最近は更に好きです。もっともっと、応援したくなっちゃう(^^)

そして!好きすぎてたまらないジュールさんが遂にメロちゃんに迫るの?!と、鼻息荒く期待したのですが、
さすがmiruさんでございます。ジュールさんの若さが爆発しちゃっただけなのね?私、ウッカリのせられちゃった気がする///(笑)

こんな時でもメロちゃんが考えることはジュールさんのことではなくグレンさんの事だとは・・・。
ジュールさんは他の人の事を考えられるようになったにしては、まだまだどうも、一方通行ですよね。
色気と想いはたっぷりあるのでしょうに。
グレンさんの事があるから焦りがあるのは分かりますけれども(´・ω・`)
この3人はどこへ向かっていくのかその行く末が楽しみではあるけれど、この素敵な物語が終わりに向かっているのは悲しいよぅ(T-T)
彼女たちの事をもっと見守っていたい気がします(複雑なファン心理ってヤツだね!(爆)

それにしても、板挟みになってもちゃんとグレンさんと向き合おうと頑張るメロちゃんが健気すぎて・・・
もう、グレンさんとジュールさんとの3人で付き合っちゃえば良いじゃない!とか思っちゃった(←コラコラ)
のだけれど、すみません。最後の追いかけっこで爆笑しちゃいましたwww
グレンさんが逃げる方なのか!必死で逃げるイケメン可愛いとか思ってしまったではありませんか(爆)
追いかけているメロちゃんの仕草も可愛いし、文章描写も素敵!さすがmiruさんクオリティです♪尊敬しきりです(^^)
グレンさんはまだ、メロちゃんが守られるだけの女の子だと思ってるっぽいのかな?
彼女がこうまでして捕まえたグレンさんに、自分の言葉で何を伝えるのか・・・次回も凄く楽しみです!

彼女の心の成長をmiruさんならではの観点や文章表現で堪能出来る幸せは、計り知れないものがあります。
読者としてファンとして、一話読む度にその世界観に惹き込まれちゃって、読んだ後の余韻がすごいの!
今回も素敵なお話の更新をありがとうございました!^^
あーーー!
続きが気になりますーーー!
毎度の事ながら個人的にはジュールが気になりますが…
Re: タイトルなし
> りぐのえるさん

りぐさんこんばんは(*´∀`*)お返事遅れてごめんなさい。
久しぶりのアベル~❤にも反応ありがとう^^でもマスターとジュールですね、分かりますよぉ~!
アベルはその内また何かがあるのでその時にでも・・・(え)

マスターとジュールのメロに対する対応の差に「ほほう(・∀・)」と感じてくれたりぐさんに
私が「ほほう!!o(*'o'*)o」ですよ~wそういう風に見る事もできるのかと寧ろ教えて頂いちゃった(^▽^;)
流石りぐ先生だなと感心ですよー!

マスターはゲイとか関係なく面倒見の良いイイ人ですよね~^^
グレンに対しては親のような気持ちを持っているから、マスターの場合それが母性のように感じますよね。
マスターからしたらグレンだけでなくジュールもメロもまだまだ未熟な子供達なので、皆がいい方向へ成長して行って
くれるようにアドバイスしながら見守る立ち居地に居てくれる存在というはありがたい事です。
でもりぐさんの言ってくれるように、良い方向へ導きながらもどんな道を選ぶのかの判断は本人に任せて見守る
という事の大切さも分かっている大人として描いています。
どんな結果でも、自分で選んだ道が人を成長させると知っている人生の先輩ですからね。

そして今回のジュールへのりぐさんの反応。流石で御座います( ̄ー ̄)ニヤリ
ジュールはね、確かに真っ直ぐにメロへの気持ちを自覚して行動してますけどね。
メロを想うあまりちょいと暴走気味な部分もあったりします。このまま行くとヤンデレ方向へ・・・(^^;)
何せりぐさんも仰るようにまだ若いしね、本気の恋も初めてなので周りが見えなくなってるかもしれませんね。
そんなジュールを今回出したかったんですけど、気付いてくれて凄く嬉しいです(´▽`)流石です~!
今のジュールではかえってメロちゃん追い詰められて困っちゃうよね(・ω・`)
果たしてこのままメロへの気持ちが暴走していってしまうのか、もう一皮剥けて大人になるのか。ね~・・・

えへへw
今回はちょっと久々に明るい雰囲気も入れようかとグレンとメロの追いかけっこで遊んでしまいました(笑)
まあ遊びが入るって事は、2人と離れた事でグレンの気持ちに少し余裕が出てきたっていう状況なんだと
思って頂けたらいいかな~?(後付けの理由www)
ぶっちゃけは、重苦しい展開(主にグレンのターン)に疲れたようです。私が(^▽^;)
こういうシーンのポーズは探してもなかなか無いので作りましたよーwなので注目して頂けて作った甲斐がありました^^
ドンクサメロ(ひどい)が足だけは早いとか、ありでしょう(爆)

例えば今回のジュールの至らなさ描写。そういう部分は気付いてもらえなかったらそれはそれでいいかなと思っていました。
それでもちゃんと気付いて頂けるというのは非常にありがたくて感謝です!
実は次回の「変り種」回を入れようかと思ったのは、そういう部分の補足を自分でしようかと思ったからなの。
でも必要無さそうだな~(*´∀`*)だったらこのまま話を進めちゃおうかと思いますよ!
いつも私の書きたい事(以上の事も)読み取ってくれてどうもありがとう^^
凄く嬉しいし、お陰で次への意欲もやる気もいっぱいもらっています。
次回以降も楽しんで頂けるように頑張りますね!コメントどうもありがとうでした(*^-^*)
Re: タイトルなし
> chikoさん

chikoさんこんばんは(*´∀`*)今回も読んで下さってどうもありがとうです~♡
忙しさへのお気遣いもいつも本当にどうもありがとう!無理でない時は頑張って更新しますよ!

chikoさんはマスターやルディ先輩(笑)なんかの脇役にまで愛情を注いでくれるからありがたいなぁ(´▽`)
お陰で私自身も脇キャラへも愛着を感じられるんです♡

マスターにとっては今やメロやジュールもグレンと同じ様に可愛い我が子みたいな存在ですからね。
皆が自分なりの幸せに向かって成長していってくれるのを願っているんですね。
マスター自身が歩んできた人生で、最終的にラルフという掛け替えのないパートナーと出会えて今があるという事を、
子供達にもそういう相手を見つけて幸せになって欲しいと願って見守っています。

chikoさんの言う通り、周りがこんなに温かく手を差し伸べてくれているのにウジウジしやがって!なメロです(爆)
それは彼女が過去の事を未だ引きずって、自分を許す事もできす色んな事に臆病になり諦めていた部分もあったからですね。
その部分に関してはいずれ正面から向き合わない限り完全には解決できないけれど、気持ちだけは前向きにならないと
幸せは掴む事はできないよね。周りの人達の気持ちにも報いる事もできない。
それが周りの温かい人達のお陰でやっと少しずつ分かってきたメロです(*^-^*)
応援してくれてありがとう!まだまだ頑張って行く事でしょう、メロさん主役ですし!(笑)

ジュールがメロに迫るの期待しましたぁ?(^∀^)乗せたつもりはないんだけどなぁ♡
ジュールはちゃんと想いを告げてから多少行動は大胆になってると思います。スキンシップとか。
でも一番に想うのはメロの気持ちなので、うっかり暴走はしないよね。何か箍が外れる切欠があったら分からないけど。
今のジュールはある意味ギリギリの不安定さがあるっちゃあるかも。大切にしい愛情と手に入れたい欲望の均衡が。。。
なんていうのをこの先もう少し表現していけたらいいかな~(´▽`)
メロは今はとにかくグレンとの不和が気に掛かっていてジュールの想いにも向き合えてませんね。
ジュールとの温度差がちょっと不憫(^▽^;)
メロの目下の懸念が晴れたその時、メロの思いは何処へ向かうのか。楽しみにして頂けたらと思います^^
このお話が終わるのは私も寂しいですけどね、ここからラストへ向けての重要な局面を描くのが楽しみでもあります^^
そして完結させたら物凄い充足感だろうな~とも思うよね!
終わりに向かうのを惜しんでくれてどうもありがとう!でもまだ結構続くのでご安心を(笑)頑張ります~!

3人で付き合っちゃえYO!っていうのはきとこういう展開の三角関係には皆が想う事でしょうねwww
みんな幸せにー!って思って頂ける現われだと思うのでありがたい事です(*´∀`*)
でもそこはね。きっちり決着つけないとね♪納得のいく結果になるように頑張る所存です!
グレンとメロの追いかけっこはちょっと久々に明るい感じを入れたくてですね・・・笑ってもらってありがとう(笑)
あの逃げるグレンと(俊足で)追いかけるメロは、決意したメロと現状から逃げているグレンのまんまの姿でしたね。
そして捕まえたメロと捕まって腹を括った(のかな?)グレンのこの後がどうなるのかは、・・・
これから詳細を考えます(おいー!爆)

chikoさんはいつも褒めすぎなのです~///嬉しいけれど、そんな大層なモンじゃないので恐縮ですよぉ^^;
でも、話の世界観に引き込まれると言って頂けるのは嬉しいです!それは私もchikoさんや他の方のストーリーを読んでいる時に
感じる事なので凄く分かります^^
だからストーリーって好きなんですよね~♪読んでる内に入り込む感覚が好き♥
いつも丁寧にコメントをありがとうございます。また次回も頑張ります~!
Re: タイトルなし
> そらさん

そらさんこんばんは~(*´∀`*)今回も読んで下さってありがとうございます!
「続きが気になる」 これが一番やる気に繋がります!なるべく早目に続き作りますね~♥

ジュールの事も気に掛けてくださってありがとうです。彼もまだ色々ございますのでお楽しみに・・・☆
コメントありがとうございました!
miruさんこんにちは~!
更新、首を長くしてお待ちしておりました♪
最後まで読んで、続きが気になる気持ちを抑えるために
もう一度最初から読み返してたらコメントするのが遅くなってしまいました(´・ω・`)

ここのところのメロちゃんはいつも不安そうで、元気な姿が早く見たいです。
マスターは本当に優しい人ですよね。
昔から知ってるグレンだけでなく、アニス様のことやジュール、
メロちゃんのことも幸せになって欲しいと思えるマスター。
そんな人がみんなの近くにいることがとっても嬉しいです。

マスターが言うように、今のメロちゃんには寄りかかる存在ってのも必要だと思うんですが・・・
でも、堕ちる恋ってのはメロちゃんの言うようになんか違う気がしますよねぇ。
メロちゃんはきっとジュールとグレンが逆の立場でも同じように言うんじゃないかなーって思います。
ジュール好きの私としては、いいじゃん!マスターの言う通りジュールに寄りかかっちゃいなYO!とも思いますが・・・w
大事な人達だからこそメロちゃんはそういうことはしないんだろうなぁ(´・ω・`)
でもそれでどんどん元気がなさそうになるメロちゃんは見たくないなぁ(´・ω・`)
ジュールも色々と焦ってきてるんですかね?
ジュールにとってグレンが大事な人ってのは変わらないんでしょうが、
前のやり取りもありますし・・・ううむむ。先が気になります。
グレンはグレンでなんだかぴりぴりしているし・・・。
シュリちゃんはグレンといれることだけでも嬉しいみたいな感じだし・・・(これはただの嫉妬です
メロちゃん、ジュール、グレンの3人がまた笑ってるところが見たいです・・・!

と、思ったら、メロちゃん!めっちゃ走る!グレンめっちゃ逃げる!
シリアスかと思ったらこんな追いかけっこが始まるとは思いませんでしたw
本人達は楽しい追いかけっこってわけではないんでしょうが、笑っちゃいました(*´∀`*)

>完結に向けて、制作も展開もヒートアップ
続きが気になるのですっごく嬉しい・・・!
でも、終わっちゃうのが寂しいです(´・ω・`)
好きな作品であればあるほど、最終回って見たくないんですよね・・・!
もう見れなくなるのか~って思うと寂しいんですよね(´・ω・`)
でも、続き楽しみにしてます!!
それと変り種というのも・・・凄く楽しみです!

多忙から落ち着いてすぐの更新お疲れ様でした♪
続きが気になる!楽しみ!と書いてますが、ご無理をなさらずに更新してくださいね!
3年経とうが待ち続けます!(これはこれで重い気が・・・

それではまた遊びにきます♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
> YOUCHAさん

YOUCHAさんこんばんは(*´∀`*)今回も読んで下さってありがとうでした~!
読み返して頂いたなんて、光栄です///お疲れ様です♡

ですよねーwメロも他の面子も最近シリアスちっくで書いている私も辛いです^^;
早くみんなの本当の笑顔をお見せできるように頑張らなくては。
マスターは母性(?!)の溢れるいい人キャラですね(´▽`)こういうキャラが居てくれると書き手としても助かります。

メロは頼りないように見えて、実は芯は強かったりして自分の事は自分で解決しようと頑張っちゃいます。
周りで見ている側からすると心配だし辛そうに見えるので支えてあげたいー!ってなるタイプですよね♡
現時点でメロはジュールに対してもグレンに対してもまだ自分の気持ちをはっきり認識できていない感じですねぇw
なので恋云々は目下の懸念が解決しないと先に進めないのでしょう(^▽^;)
そしてYOUCHAさんの仰るとおり、グレンとジュールの立場が逆でもメロは同じ様な対応をしていると思います。
そういう意味でメロ(気持ちも含め)が動くのはそれからですよね。
ジュールは自分の想いは告げたしグレンの気持ちにも気付いているので焦ってるでしょうね~(^∀^)
彼も本気の恋は初めてですし、その焦りがちょうーっと心配な部分でもありますね~。
グレンとシュリもどうなるでしょうね?うーむ・・・(書いてる本人が悩むw)

グレンとメロの追いかけっこはちょっとした息抜きです(笑)シリアス続いておりましたのでw
笑ってもらえて良かったです♪

そろそろ完結に向けて構想は練っているんです。けどまだゴタゴタがありますのでね、そこまでどうやって
描いていこうか考えねばなりませぬー!
終わるのを惜しんでもらえるのは凄くありがたいです^^けどそんな事言いつつまだまだ続きます(笑)
最後まで楽しんで頂けるように頑張りますよ~♪
変り種は入れないでいいかな~と思い直してます(^^;)このまま続きを書いちゃった方がいいかなと。
3年も待ってくれますか?!(爆)何だかんだとこの話を始めてからもうじき2年ですよー!早いなw
年内は無理だろうけど、春までには完結させたいと。は思っていますのでお付き合い頂けたら幸いです♡

いつも丁寧にコメント下さってありがとうございます(*´ω`*)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おはようですヾ(・ω・`)ノ
うーん、メロがジュールやグレンに抱いてる気持ちが
どういうものなのか、微妙によく分からない・・・。
まだ2人とも、恋ではないように見える。
家族とか・・・そんな感じだなぁ^^;
グレンが反抗期(笑)をやめたら、メロはどうするんだろう。
やっぱり過去の事があるから、その先には踏み出せないかな。
この三角関係は拗れるばかりだねw
私が鈍感なのか、メロだけは本当によく分からないよ。

エリス・・・・可愛すぎんだろっ!!!!!!!!
なによその萌えキャラwwww
いや私までキューンとハート持って行かれたwwww

・・・・・ジュール・・・
面倒臭いな・・・・wwwwww
この威圧感・・・
グレンの名前が出た途端のこの空気!!!!!!
ジュールめんどい!!!!!wwwwwww
メロだってさ~
ちゃんと考えなきゃいけない事だし
もっと尊重してあげないとね~(๑´╹‸╹`๑)
めっちゃ怖いじゃないwそうね、早くグレンとっ捕まえて
話し合って(話し合いで何とかなるものか、メロの性格とグレンの性格を考えると不安だけどww)
なんとかいい方向に少しでも持っていければいいなぁ。

そして、グレンサイドも、微妙な空気。
バンド内で既に空気悪い・・・
絶対うまくいかないパターンな気がするよww
バンドなのに既にピリピリしてるwwwww
いやぁーーーーー><居たたまれないよねぇガイーーーーー!!!!
どうなっちゃうの、まったく!
あっちもこっちもバラバラだね。

そして!!!
グレン逃げる!!ってアホかーーーーー!!!!www
ガキかお前は!!www
でもメロちゃん、頑張ったね( ✹‿✹ )
追いついたメロちゃん。本気が伝わるよ。
何とかいい方向に・・・・いくといいけど^^
Re: タイトルなし
> Laylaさん

Laylaさんこんばんは(*´∀`*)今回も読んで下さってありがとうございま~す!
なかなか話が進まなくて申し訳ないと思っているのですが、面白かったと言って頂けて嬉しいです///
モヤモヤ状態は書いてる方も読んで下さってる方もジリジリするだろうな~とは思うんですけどね、
仰るようにこのまま延々とモヤモヤ続けていたい気もしますね(笑)

皆さんからのマスターへの好感度が高くて驚きます~(´▽`)こんな事ならもっとイケメンに作れば良かったかな♡
キャラ達への温かいお言葉もありがとうです^^中でもグレンをご贔屓頂きありがとうございます♡

走り出すグレンとメロ、恋心も走り出してるんでしょうかね~?まだ簡単には終わりませんので
続きを楽しみにして頂けたら嬉しいです♪

ネットをやっていると色んな経験しますよね~(*^-^*)それもいい経験だと私は思うようになりました。
お互いこれからも楽しんで続けていきましょうね♡
私もまた遊びに伺いますね。コメントありがとうございました(*´ω`*)
Re: タイトルなし
> ahiruchanetさん

ahiruさんこんばんは~(*´∀`*)
メロの2人への気持ちは仰るようにまだ恋というような物として認識されてませんね~w
メロは過去の恋愛で臆病にも不器用にもなってる感じなので、何か気になる事がある内はそういう風に気持ちが
動かないのだと思います。今メロを悩ませている問題が解決したら、あるいは?!
それでもなかなか動かなそうなメロではありますが(^▽^;)

エリスが可愛いと言われた~(´▽`)
ちょっとヤキモチ妬いちゃう恋する乙女は可愛いよね♡

ジュール、メンドクサイ事になってるでしょう?www
好きすき!が募りすぎて余裕も包容力も間違った方向へ言ってしまいそうですよぉ。
男らしくなって皆さんからの高感度が上がっていたジュールのようですが、彼はまだ若いですからね。
やはりグレンの事が気になるから余計に自分の気持ちを押し付けるような態度に出ちゃうんでしょうw
このままではメロを困らせる事になってしまうのにね(´Д`)さてどうするのか。

グレンもね~、シュリが好きで付き合ってる訳ではないし。ロンもガイも思う所もあるでしょうし。
こちらサイドもそう円満にはいかないよね^^;
あっちもこっちもバラバラですね。なかなか思うようには行かないのが人生って事ですかね(笑)

グレンはガキなんですよwwwいつもカッコつけてるだけ~(^∀^)
一生懸命に必死なメロが、カッコつけてるグレンのその殻を破ってくれるのかもしれないですね。
コメントどうもありがとうでした!私も後程伺いますね(*^-^*)



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。