mirumom シムズ3

シムズ3での自作ポーズによるストーリー創作とプレイレビュー・ポーズ配布等

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56.confession

Category: ストーリー > アスモデウスの翼   Tagged: シムズ3  シムズ3ストーリー  sims3  
マンションのエントランスから部屋の主に呼び出しを掛ける。
数秒後、部屋の主から返答がくる。



1_201506301703058c7.png
『はい・・・。あ?お前かメロ。』

「あ、居らしたんですね」
『俺んちに俺がいちゃーワリィかよ』


2_201506301703068aa.png
「あのグレンさん、お話があるんですが」
『あ?・・んだよ、じゃあ部屋上がるか?』
「・・・・・いえ、直ぐに済むので降りてきてもらえますか?」

『あぁ?!ったく何なんだよめんどくせぇな。待ってろ!』
「すみません」


3_201506301703080d4.png
私がここへ来たのは、グレンさんに伝えたい事があったから。
来週にでも帰省する事、過去ときっちり向き合ってくる事を報告したかった。












4_20150630170303c40.png
「・・・で?話って何だよ」
「あっ、あ、すみません急に伺っちゃって」


5_20150630170304eec.png
「まあ構わねぇさ。何か大事な用なんだろう?」
「えっと・・・」


6_201506301703209bc.png
面倒臭そうにきつい物言いをしていても、結局優しい言葉を掛けてくれたりするグレンさん。
一緒に暮らしてる時もそうだった。
彼のこういう所にいつも心がぎゅっとなる。



7_201506301703217fd.png
「あの、私、・・・来週にでも実家に帰ろうと思います。」
「えっ!」



8_20150630170323ef6.png
「え・・・」
「い、いや悪りぃ。続けてくれ。」



9_20150630170317da9.png
「・・私はやっぱり自分の過去を今でも引きずってしまっています。何をするでも過去が過ぎります。
 ここへ来た目的は、ただ過去から、自分のしでかした事から逃げたかっただけでした。
 その後の人生になんて何の希望も抱いていなくて、どうにでもなれと思っていました。」



10_201506301703194db.png

「でも今は、これからの自分の人生を自分の足でしっかりと生きていきたいと思っているんです。
 夢や希望を持って自分の人生を大切に歩んでいきたい。こう思えるようになったのは、
 グレンさん、ジュールさん、マスター達が私を温かく導いて下さったからだと思ってます。」
「・・・・・」



11_20150630170335f50.png
「・・・んなこたぁねぇよ。お前がお前なりに悩んで苦しんで出した結果が今なんだろう。」

「・・またそうやって甘やかすんだから。」
「は?」



12_201506301703360bc.png
「何と言われても、今の私があるのは皆さんのお陰です。中でもグレンさん、」
「・・・何だよ」



13_20150630170330eb3.png
「私が過去の影に捕まり身動きが取れなくなってもがいている時に、いつでも助けてくれたのはグレンさんでした。」
「俺は・・・何も」



14_20150630170332273.png
「自分の過去から逃げるだけではなくいつかきちんと向き合えと言ってくれたグレンさんの言葉、
 それが私にこの先の人生に意味を見出してもいいんだという勇気をくれました。
 そして逃げて泣いているだけの、そんな駄目な私を認めてくれさえして。
 それが私にとってどれ程救いになったか分かりますか?」

そうやって何度も前向きになれた事、それは間違いなく事実だから。


15_20150630170333aac.png
「いや・・まあ」




16_20150630170348fd2.png
「自暴自棄にさえなっていた私をいつも優しく見守ってくれるジュールさんと、真摯な言葉で前を向かせてくれるグレンさんと
 過ごせた事が、私にとってどれだけありがたかったか。 ・・・お二人と過ごせた日々、私は幸せでした。」
「・・・そうか。」

「それともう一つ」


17_20150630170349811.png
「これは言わないで行こうかと思っていたんですけど、帰る前に・・・最後に言わせて下さい。」
「あ・・・?」



18_20150630170343c63.png
「私、グレンさんの事が・・・好きです。」

ニースに対する憧れからの好きとも、ジュールさんへの好きとも、アベルさんに感じた想いとも違った好きを
グレンさんに感じているって気付いたから。


19_20150630170345b39.png
グレンさんの真っ直ぐな言葉と表面上はそっけなくても内側にいっぱい温かさを孕んだその態度とか。
そういう物に惹かれたからとかそういう理由なんて何も関係なくても。そんな理由を並べるまでもなく。

それでももう自然とずっとグレンさんは特別で好きだったんだと気付いていたんだ。
過去の足枷やジュールさんへの申し訳なさから気付かない振りをしていたのは私だった。
それを今帰省を前にしてやっと認める気持ちになれたから。



20_20150630170346147.png
「帰省する前に伝えたかったの。・・私、グレンさんが好きです。」
「・・っ、俺は・・・」



21_201506301704020c3.png
「っ・・違うんです、いいんです。グレンさんにはお付き合いされてる方がいるのは知ってるし、
 伝えたからって何かしたいって訳じゃないんです。ただ、言いたかっただけなんで・・困惑させてしまってすみません。」



22_20150630170404a92.png
「嬉しいんです私。過去に囚われていた私がまた誰かを好きだという気持ちになれた事。
 お陰で前を向こうって思えた事。全部グレンさんのお陰なの。だから言いたかった。
 言って、それすらも価値のある過去にして、全部と決別して新しい人生を前を向いて歩いていきたいんです。」



23_201506301703581df.png
「メロ・・・」

こうまで言わせても、・・・俺にはメロの手を取る事はできない
もう決めた事だ。




24_2015063017035962f.png
こんな事を言ってもグレンさんを困らせるだけかもしれないけれど、今の自分の気持ちを
そのまま伝えておきたかった。
もしかしたら・・・・・
故郷へ帰るという事で、もうこれが最後になるかもしれないいう思いがあるのは否めなかったから。

「言いたい事は分かったけどよ、お前・・」


25.png
「わ、私は大丈夫ですよ?グレンさんのお陰でだいぶ精神的にも強くなりましたし?だから心配しないで・・・? 
 実家に帰ったって両親にも口喧嘩、負けませんから。」
「ああ・・。いや、そりゃ・・良かったけどよ、お前・・」

「はい?」


26.png
「帰ってくるよな?・・・ここへ。」


27.png
「・・・・・、はい。多分?」
「・・・・・」



28.png
「おまっ、そこは素直に帰って来るって言えよ!先の事はともかく、お前の事を心配してくれてる
 奴らを放っといて帰ってこねぇとかそりゃねぇだろ?!」

「わ、分かってます!ちょっと・・帰省してからの事を想像して不安になっちゃいましたけど、
 私だってこっちへ戻って来たいって思ってますから!」

マスターにも帰ると約束したけれど、帰った先に何が待っているのか私にも分からない。
『帰る』という約束が嘘にならない事を私自身も願う事しか今はできない・・・


29.png
「帰って・・・来ますよ。」



30.png
「なら・・いいけどよ。お前さ、ジュールにもその辺ちゃんと言ってやってから帰れよ。」



31.png
「・・そうですね、分かってますよ。」




32.png
「とにかくよ、・・・気をつけて帰れな。」



33.png
「はい、ありがとうございます。」




34.png




35.png
「・・・何でまんまとこういう場面に出くわすかね・・・俺。」

メロを見掛けて後をつけてみればそこはグレンの元であり。
うっかり・・いやそうじゃないか。
何の話をするのかと聞き耳を立ててみればこういう事で。


36_201506301704432bb.png
最悪だ・・・ 















37.png
再びこの町へ戻れるかも確かではない事もあり、帰省の前に気持ちだけでも伝えたくてグレンさんに告白してしまった。
だけどそれは即失恋だという事でもあり。
我ながら恋愛に関しては不恰好な展開に笑ってしまう。
最期に困らせるような話を聞かされてグレンさんには迷惑だったとは思うけど・・・



38.png
だけどグレンさんにも言った通り、それを伝えたのはこれから私が新しい道を歩んでいくという決意でもあるのだから。

この気持ちを過去の物にして、私は新しい人生をしっかり歩んで行こう。
例え故郷で何が待っていても。
それがグレンさんへの恩返しにもなるのならば・・・報われる。












39.png


「よおグレン」



40_2015063017044266f.png
「ジュール・・・」



41.png
「何やってんだよ」
「何って、ここは俺んちだから俺がいてもいいだろ別に。」
「まあそうか。」



42.png
ジュールの方から俺に近付いてくるとは・・・
こいつ、もしやさっきのメロとの話聞いてやがったのか?



43.png
「なあ、メロが実家へ帰るんだってな。」
「そうか・・」
「ん?知らなかった?」
「・・・」


44.png
「まあいいけど。俺さ、メロに着いて行こうかな。そんで口説き落としてあっちでそのままメロと暮らすんだ。
 ああ、そうなれば別に故郷でなくても何処か知らない土地でもいいか。俺、メロの実家に気に入られる自信無いしな。はは」

「あ・・・?」



45.png
「別に・・・いいとは思うけどよ、メロが何の為に帰るのか分かってんだろ。 あいつの邪魔はすんじゃねぇぞ、ジュール。」
「はぁ?」



46.png
「邪魔?メロの邪魔なんてしないさ。俺はメロとの明るい未来を望んでいるだけだ。お前こそ俺の邪魔すんなよ。
 お前は・・既にそれを放棄したんだからな。 それともグレン、それでも俺を止めてみるか?
 お前がそうと言うなら今なら話くらいは聞いてやるぜ?」

「・・・・・」


47.png
「なあお前、俺の言ってる意味 ・・分かってんだろ?」




48_201506301705079b5.png
「・・・さあな。お前がそう言うなら俺には関係の無い事だ。好きにすればいいさ。」
「っ・・・」



49.png
「は・・そうかよっ。 お前はそういう奴だったよな。邪魔したな」

今尚未練がましくこいつの本心を聞き出そうなんて考えた俺が間違ってた。


「おいジュール」


50.png
「・・・何だよ。まだ何か」



51.png
「メロは、お前がやっと見つけた希望なんだろ?だったら大切にしてやれよ。
 ・・・そんで絶対手放すんじゃねえ。」




52.png
「・・・そんな事、お前に言われるまでもねぇんだよ。」
























53.png
「何なの?こんな所に人を呼び出してさぁ。君のお守りに時間を割いてる程あたしは暇じゃないんだよ。」




54.png
「ねぇ、ジュールたん。」




55.png
「へっ・・・、俺らのゴタゴタを楽しんでる癖に良く言うぜ。」
「おや、バレてたか」




56.png
「君がわざわざこのあたしを呼び出す程だ。何かあったのかい? もしかして、落ち込んでる・・・っぽい?」
「ん・・・」



57.png
「なあ・・アニス。違う野郎を好きだという女にしつこく追い縋るのってどうなんだろうなぁ?」

「グレンを好きだと言うメロたんにしつこく迫るジュールたんはどうなんだろうって話か。」



58.png
「お前な、人がわざわざ濁して言ってるっつうのにダイレクトに言うか。 はぁ・・まあもういいか。その通りだよ。」

「ふふ。濁すも何もさぁ、他に誰が居るのって感じだよね?笑えるな」
「うっせ」



59.png
「俺さ、メロがグレンに惹かれててもグレンがメロを好きだと言ってもメロに俺の良さを気付いてもらってさ、
 結果はどうあれ正面から奴と戦って・・メロに選んでもらいたかったんだよ。」 

「おお!見かけによらず男らしいんだなジュールたん。」



60.png

「だけどあいつは土俵にも上がらず不戦敗。だったらいつになってもいいから尚の事メロを俺に振り向かせてみせる、
 メロは俺が幸せにするって思ってたんだ。意気地のないグレンなんか知るかって。
 あいつは俺との信頼関係も裏切った。失望したんだ俺は。」

「うん、それでいいじゃないか。」


61.png
「・・あいつはきっと俺に遠慮して自分の気持ちを隠してんだろうな。メロと一緒に過ごして惚れない訳がない。
 だからといってグレンのその気持ちに感謝してメロの事を諦める程、俺の想いは浅くはないんだ。
 グレンが動かない。メロの想いはグレンには届かないというなら、俺はいつか必ずメロを振り向かせるってさ・・」



62.png
「その通りだと思うよ。だからそれでいいじゃないの。」
「だけど」




63_20150630170550631.png
「だけどさ・・・、だけど辛いんだ。」

「ジュールたん?」



64_2015063017055113c.png
「俺のために自分を抑えたグレンの気持ちも、グレンに想いが届かないメロの気持ちも・・
 辛いんだ。・・・俺も」



65.png
「どんなに頑張ったって想いが届かない俺も・・・辛いんだ、アニス」

グレンの態度が気に入らず、あいつに対して無理に意地張って。
メロに対して頑張りたいのにメロの気持ちが俺に向いてないのを分かってるから・・・
辛いんだ。

どこまでこのまま頑張ればいいのか、もう分からなくなっていた。


「ふ・・・」






66.png
「バッカだなジュールたんは。」
「・・アニス、」





67.png
「愛なんて、奪い取った者勝ちでいいじゃない。動かない?動けない?そんな臆病なグレンなんか気にする事はない。
 甘っちょろいんだよ君達は。いいじゃないか、メロたんを振り向かせてみなよ君の魅力で。」




68.png
「愛する者が手の届く所にいるのにさ、何に怯えてるんだか知らないけど自ら手に入れる事を放棄する?
 バッカじゃないの。理解できないね。ジュールたんはメロたんを落とせばいい。その方がメロたんも幸せだよ。」




69.png
「グレンなんかは後から死ぬほど後悔すればいい。自業自得だよ。手に入れようとしなかった自分を後から嘆くといい。
 そんな奴の為に泣くんじゃないよ、ジュールたん!」



70.png
「いや・・泣いちゃいねぇけどさ・・・」
「なんて、・・・・・」




71.png
「・・・そんな風に励まして欲しかったのかな?ふふふ。ふふふふふ。」

「は・・・?おまっ・・・どういう事だよ!」



72.png
「さあねぇ、甘いんだよ君達はみんな。 はてさて、どうなんだろうね。何が正解かなんてあたしにだって分からないよ。
 グレンの気持ちもメロたんの気持ちも分かるようであたしには理解できないし。君の気持ちも分かるけど理解できない。
 ・・・あたしの事も君達には理解する事はできないだろう。
 まぁね、今のジュールたんの辛さも分かるけどそれは致し方ないかなって所かな。」

「は・・・」




73.png
ああ、そうだ。お前の言う通りだな。

「お前はそんな奴だよな・・・。」
「んー?」



74.png
「いいじゃないか。みんな自分の信念に従って悩み苦しみ悶えて答えを見つければいい。諦めたらそこで終わりよ。
 そんな君達を観さ・・見守るのが目下のあたしの楽しみなんだから。」

「お前『観察』って・・言おうとしたろ」


俺はすんげえ真面目に悩んでいたんだけどな。 
俺の気持ちがグレンもメロも苦しめているんじゃないかって。


75.png
「お前に相談した事を後悔しそうだけどお陰でなんか吹っ切れた気もするよ・・・はぁ。」
「それは良かった。頑張れジュールたん!最悪の事態になった時、泣くのに胸くらい貸してあげるからさ。」

「そりゃ・・・どうも。」
「あら、素直なジュールたん。あんまり全部を真に受けないでね?」


まったく、



76.png

アニスと話してると自分の悩みなんか大した事じゃないんじゃないかって錯覚しそうだ。
物事そんなに難しく考える必要はないんじゃないかって。
けどそれはあくまで錯覚であって重要じゃないなんて事は断じてない。少なくても俺にとってはね。

大体グレンの奴、俺の何なんだよ。俺にもメロにも保護者面しやがって、どんだけ達観してやがる。

俺はメロの事もあいつの事も大切だったから、譲るとかじゃなく互いに気持ちをぶつけたかった。
だけど本当にもう遅いんだな。遅いんだ。

アニスのお陰で吹っ切れた。
俺はメロを諦めたりしない。
これ以上グレンの気持ちに配慮して動いた所であいつにそれを受ける気がないなら無駄な事になる。
だったらあいつの俺への気持ちを素直に受け取ってやろうじゃないか。

グレンとメロに未来がないのなら、メロの側には俺がいる。
グレンがそれを望むのなら、俺はもう引け目も迷いも捨てるよ。


それでいいんだろ? グレン

NEXT→57








どうもです!今回も閲覧ありがとうございました~(*-ω-*)
またまた間が空いてしまってお待ちくださってる方にはすみません。
けど今後もじっくり時間を掛けて作っていこうと思ってます。(なるべく早目を頑張りますが^^;)
ポーズ配布云々も、暫くお待ち下さい。仕事が遅くてね・・・(苦笑い)

因みに、前回ラストでメロが『会いたかった』のはグレンでしたー!
そして今回のタイトル『confession』は、『(愛の)告白』って事なんですが、読む前にネタバレしちゃうので
ワンクッション的に英語表記にしてみました。

次回はメロの帰省にやっと動きらしい動きがあるかな~?(まだ帰らないのかw)
次回も楽しみにして頂けたら光栄です。
ありがとうございました!

関連記事

テーマ : The Sims3    ジャンル : ゲーム

Newer Entry桜井家のとある夏の日

Older Entry軍服ポーズ遊び

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 56. 「confession」拝見しました (◡‿◡✿)
> ティアラビットさん

ティアラビさ、、こんにちは(*´∀`*)今回も読んで下さってありがとうございました♪
今回のタイトル、「告白」しか思い付かないけど読む前にネタバレもなぁ~・・・と思い英語表記(苦肉の策)でしたw
タイトル付けるのに毎回頭を悩ましておりまして、もうタイトルなんか無くっていいーじゃんっ!
・・・と思ってるのは秘密です(でもない爆)
TOPの画像は本編のラスト1枚なのですが、ジュールの苦しい胸の内をそこはかとなく表現したかったので
そのように感じて下さってようで良かったです^^

メロがグレンに告白しちゃいましたー(´▽`)
修羅場は何処に潜んでいるか分かりませんよ?←
次回も(こそ?)平穏ではないと言っておきます・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

盗み聞きジュールに、「キャーーっ!!❤」をありがとうございます(笑)
うんうん、そういうシーンって「にや~( ̄▽ ̄) 」ってなりますよね~♡ 可哀そうなジュールw

今回の件でジュールのメロへの想いは更に強く固まったようです。
その想いが果たして今後の展開にどう絡んでいくのかを楽しんで頂けたらと思います。
>メロちゃんが実家に帰る前に、また一波乱ありそうなのかなと思いつつ
一波乱、あります(断言)

素敵な感想をありがとうございました♪
次回も頑張ります~(*^-^*)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
> lotusさん

lotusさんこんばんは~(*´∀`*)
拍手だけでも嬉しいですよ!私もlotusさんの記事を拝見して「わぁぁぁー///」って勝手に喜んだり
毎回センス溢れる素敵なSSやシムさん達の楽しそうな様子に癒されたりしてます♪

メロがグレンに告白しちゃいました~(´▽`)
彼女も実家に帰る前にすっきりしておきたかったのでしょうね。そうする事で今後前向きに歩けると。
タイトル的には今回はメロの告白がメインの筈だったのですが、最後はジュールに持っていかれました(笑)
メロの気持ちがグレンにあるって事は現状でジュールは報われないという事で・・・
その辺りの切なさを出したかったのでそう感じて下さって嬉しいです^^
アニス姉さんは味方なのかただの傍観者なのか。掴みどころの無い立ち位置が私も書いてて楽しいです♪
ああ、lotusさんも私や(笑)アニス姉さんと同じくSっ気ありの方ですね~(*^ワ^*)仲間仲間♡
ジュール応援したくなるでしょ?ありがとうございます♪
>ダメかもしれないけど
おやっ?!そうとは限りませんよ?

ここから乗り越えなければならない事柄が目白押しです。。。というのは大袈裟かもですが、
もう幾つか波乱が巻き起こります(´▽`)ここまでのジリジリはその布石だった・・・のかも?
という事で、今後はこれまで以上に展開があって楽しんで頂けるのではないかと思います。乞うご期待!!
・・・と作者自ら宣伝してご挨拶に変えさせていただきます(爆・変えてないし)

コメント頂けて励みになりました^^ありがとうございました!
続きも頑張ります♪
Re: 最終回読むまで死ねません(;´Д`)
> Laylaさん

Laylaさんこんばんは(b゚v`*)
最終回読むまで死なないで下さい。最終回アップするまで私も死ねませんっ!( `≖ω≖´)✧キリッ

私のタイトル配慮にまんまと嵌って頂けて光栄です(笑)いいんですよぉ~それで♡
萌えを叫ぶ事もできない位に色々感じて読んで下さって嬉しいです///
そんなに大事に読んで頂けるなんて、作者冥利に尽きるとはまさにこの事・・・゚゚(´O`)°お陰で頑張れます!

うんうん。
>「病んだジュール君が、ぶり返した暗い闇と病みに苦しむ姿に萌える回」
そういう事でいいと思いま~す(´▽`)
ジュールの闇を、僻みを病みを、共に楽しもうじゃありませんか(爆)
おお、そうかもしれませんね。病みジュールは自虐的に落ちている所を更にアニス姐さんに弄られたくて呼んだのかもw
病んでる子ならあるある。流石Laylaさん♡

現時点ではメロの気持ちがグレンに向いているとはっきりしちゃって、流石にジュールのひたむきさが哀れになって
ジュール擁護の気持ちに動くグレン派の読者さんもいるかもですね~(してやったりw)
ならばどうしてやろうか・・・などと常ならばSっ気を発揮するのが私ではございますが、あいにくこの先のお話の筋は既に
出来上がっているのでもうなるようにしかなりません。残念です。(←???笑)

今回の舞台は葉山でしたか°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°そんな発想のLaylaさんが大好きです♡
アニスはね~、望んでいる言葉をくれるようでいて突き放したりw
結局味方なのか否なのか良く分からないという仰るようにそんな優しいいじめっ子ですね(*^-^*)
まあだからこそ自虐気味のジュルたんも離しやすかったのかもしれませんしね。

メロの帰省はもう大変!そもそも帰る前にもう大変!←(次回予告です)
帰ってからも色々大変でしょうね~・・・メロ的にも作者的にも。セッティングとかね・・・(遠い目)
メロ姉の事も実家で色々あると思いますのでお楽しみにして下さい^^

Laylaさん推しカップルの件はね、とりあえず告白したけどグレンが相変わらずなのでどうにもこうにも=3
どうなるんでしょうね~?メロは諦めモードのようですが。
でもメロとしては結果云々ではなく、自分の気持ちを伝えてからすっきりした気持ちで帰省したかったようなので
良かったんではないでしょうか^^
Laylaさんの仰るように、葉山の(w)清々しい昼の風景の中での告白だった事がまた良かったかもですね。
それなら場に流される事もなくそれでいて自制心を持って気持ちを伝えられる。
夜自室でだったら何かの間違い(?)が起きちゃう可能性も?!無自覚魔性のメロさんですしねぇ~(笑)

そうですね。グレンは相変わらず引いてるけど無理に何かを捻じ曲げようとしている訳でもない。
それは正解だと思います。メロに気持ちが無いからではなく、そうする事をグレンが無理をしているのではなく
良しとして受け入れているからそう感じて頂けたんだと思います。凄く嬉しいです^^
となると、Laylaさんの予想のように二人はこのまま・・・なのか?
私が更なる愛を以ってジュールを『ズンドコに落とし込む』(大爆笑)のか?!
私のSっ気をよく分かってらっしゃる(^∀^)

多分なんですけど、ここまではジリジリ今後への布石を置いてきたつもりです。
ここからは怒涛の展開!!・・・になるかは私の事なので怪しいですが(汗)そうなるように頑張りますよー!


LaylaさんはMっ子ですか。自覚しましたか(*´∀`*)そうですか~♡♡♡(うずくSっ気)
とはいえ、前回の秘密お預けプレイ(?)レスは全編秘密すぎて失礼したな~って反省してたのです(´∀`;)
でもね、なんかどれもこれも言えるような物じゃないというか(いかがわしいとかじゃないけど!)恥かしくて///
人はガンガン攻めて暴くけど、自分の事を曝け出すのは苦手。それがSな人です(爆)
冗談はさて置き、いつか秘密プレイの一部を教えますよ(b゚v`*)
けどそれにはLaylaさんの秘密もいっぱい頂かなくてなりませんけどよろしいですかぁ?(なんてね☆)
あまりふざけていると怒られそうなので(笑)今回はここまでで♡

いつもありがとうございます^^とっても励みになります♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
>りぐのえるさん

りぐさんこんにちは(*´∀`*)
PCの調子が悪いとの事、困ったね~w 早く復旧する事を祈ってます!

ストーリーに感想ありがとう♡
メロが会いに行ったのはグレンでした~。そうそう、きっと分かっていたでしょうとも(。-∀-)
メロにとって優しく包んでくれるジュールも大切な存在だけど、グレンは彼女が前を向く切欠をいつも
与えてくれた存在という事で特別なんだな。そりゃ恋しちゃうよね。そういうお年頃だし(?)
だけど現時点でメロはグレンとの先を望んでいる訳ではなくて。自分が吹っ切れた気持ちで前に進む為の告白でした。
グレンは・・・ どうなんでしょうね?(・∀・)
確かにシュリとは好き合って付き合ってる訳じゃないしね。あくまでジュールの気持ちを大事にしたいが為に
身を引いているんだけども。
>誰も傷つかない恋なんて無いんだぜ?
今のグレンは誰も傷つけたくない。自分も傷付きたくない。という臆病な男なんでしょうね(^^;)
その辺のグレンの心境はいずれ描きたいと思っているのでお待ちになってね(b゚v`*)
モヤモヤさせてすんません(苦笑)

ジュールさん聞いてたよね~(´▽`)
おそらく予想は付いてたけどもこれでメロの気持ちもはっきり知っちゃったジュール(泣)
ここでもしつこくグレンの本心を聞こうとするのだけど明かさないグレンw
そんなグレンの気持ちもメロの気持ちも辛いんだな、ジュールは。
その辛さを表現しようとしたSSを褒めてくれてありがとう♡
最終的には今回もアニス様(笑)のお言葉で色々吹っ切って頑張る気になったジュールちゃん(*^-^*)
ジュールちゃんは頑張りますよ~!応援してやってね♪
はっきりしないグレンなんて勝手にすればいいと作者も思います(笑)

ゾクゾクしていただいて光栄☆
ここからラストに向けて(まだ長いけどw)波乱がいっぱいですので楽しみにして頂けたら嬉しいわ^^
色々大変な時にわざわざコメントありがとうでした♡



« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
キャラ投票(ストーリー)
Welcome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。